60代女性の抜け毛にはどうしたら良いか

みんなの抜け毛がヤバい
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

健康な髪の毛を維持するためには、代謝を高めること、女性ホルモンの減少を補うことが基本になります

女性特有の抜け毛を止めたいなら原因から改善しよう。

加齢による抜け毛

60代女性の抜け毛の原因は代謝の低下、女性ホルモンの低下、髪の毛の栄養不足があげられる。

代謝の低下
年齢を重ねる毎に体の機能は弱まってくる。年齢を重ねる上でどうしても問題になってしまう弱みのひとつが身体機能の低下。
代謝が落ちてしまうと、ちょっとくらいの無理が効かなくなってすぐに体が悲鳴を上げてしまうようになる。

代謝が落ちた分、手間暇をかけてケアすることが求められる。

代謝が低下してまず問題に上がるのが血流の滞りである。血の流れが悪いと体全体が冷えてしまう。また、体が冷えることによって血の流れ悪くなるという悪循環に陥る。

血の巡りを良くする事と、体の保温を高めることを同時に行わければなかなか改善することができない。弱った体の機能を改善するためには漢方の力を借りたり、しょうがなど体を温める食品を取り入れたり、白湯や温かい飲み物を飲む。湯船にゆっくり浸かるなどして体温を維持する事。

体温を保つことで落ちてしまった代謝を引き上げることができる。逆に若い人であっても低体温症の人の代謝はとても低い。

体を温めて血の巡りを良くするのが、抜け毛を減らす基盤となる。これを無視してしまうとなかなか効果が出ないので注意が必要。

女性ホルモンの低下
女性は60代だけではなく、どの年代においても女性ホルモンの低下は抜け毛の一番の原因となる。女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少してしていく。身体機能の低下した60代ではそれが特に顕著である。

低下した女性ホルモンの分泌量を増やす事は容易ではない。閉経後は卵巣機能の停止によってどうしても女性ホルモンの分泌が減少してしまう。閉経後に起こる女性ホルモンの急激な減少は心と身体への影響も大きく、更年期障害という形で様々な症状が現れる。

閉経が起こるのは一般的に50歳あたり、それから更年期の症状が現れ60歳の前半あたりで女性ホルモンが低下した状態に体が慣れて症状が落ちついてくる。

更年期の症状が落ち着いても、閉経前と比べて女性ホルモンが低下してしまっているのは変わらないので抜け毛や白髪が目立つようになる。

減少してしまった女性ホルモン「エストロゲン」の代わりに、女性ホルモンと似たような働きをする成分「エクオール」を摂取することに女性ホルモンの補助をすることができる。エクオールを摂取することによって更年期障害の症状を改善できることがデータとしてわかっている。

エクオールは大豆などに含まれる「イソフラボン」を人間の体に吸収できるように分解したものでサプリメントとして小林製薬から販売されていてドラッグストアで簡単に手に入れることができる。

女性ホルモンは「美人ホルモン」といわれるように、女性の美容と健康に深くかかわるもの、肌と髪の毛を艶やかにして、女性らしい体の維持に不可欠な存在。

女性ホルモンの減少によって肌のハリや髪の毛の艶といったものが維持できなくなってくる。女性ホルモンの減少は女性としての老いを感じさせてしまう他、骨粗しょう症や動脈硬化のリスクが高まる事や脳にも影響を与えもの忘れやうつの症状になりやすくなる傾向になるなど健康面でもとても重要な役割をもっている。

減少した女性ホルモンの代わりとなる成分がエクオール。エクオールを摂取することによって女性ホルモンが減少した時の症状を緩和させることができる。

更年期障害が出てしまった場合もエクオールを摂取することによって症状を改善することができる。

更年期障害が落ち着いた後にもエクオールは有効で、女性ホルモンの代わりに働いてくれる。

エクオールは髪の毛を育てる効果もあるので抜け毛対策にも効果的であると同時に女性らしい若さと健康を維持してくれるので是非取り入れたい栄養である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました