AGAを克服したい全ての男性へ

おすすめ
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

AGA治療の総まとめだよ。要点だけピックアップ!

AGA治療で最も効果があるのは「薬」

AGA治療でもっとも効果があるのはやっぱり薬による治療。

病院でAGAと診断されたら、「フィナステリド製剤」と「ミノキシジル塗布剤」による治療を勧められる。

AGA治療薬を適切に使う事で約80%以上の確率でAGAを改善することができるといわれているよ。

20代や30代の脱毛初期の段階ならほぼ100%に近い数字で改善できるんじゃないかな。

AGA治療薬で効果が出ない患者は、髪の毛の元となる毛母細胞が死滅している可能性があるよ。そうなると、毛根の移植などの施術が必要となってくる。

 

AGAの治療が始まると脱毛症状が起きることもある

AGA治療を始めたからといってすぐに効果がでるわけではない。

症状が軽い場合であるなら、フィナステリド製剤による「抜け毛を抑える」効果により1ヶ月経過ぐらいから抜け毛が減った実感を持てる人もいる。

しかし、逆に改善前の初期脱毛症状というものがあり、人によって脱毛が増える人もいる。

薄毛の進行が進み、髪の毛の軟毛化(髪の毛が細くなる症状)が出ていると、薄毛の治療が進むことで初期脱毛が起きてしまう。

この初期脱毛症状を知らないと、自分には効果が無いと疑心暗鬼になり、治療をあきらめてしまうことになりかねないよ。

初期脱毛とは現在生えている「細く弱った髪の毛」が「新しく生えてくる髪の毛」に押し出されて抜けてしまう症状。

この症状が発生してしまうのは、毛根が弱り切っていて、これから回復しようとする余力すら残ってなかったのが原因。

しかし、新しく生えてきた髪の毛に押し出された抜け毛であるなら、治療の効果が出てきている証拠なので、治療を進めると確実に改善していくので期待を持とう。

 

AGAの治療が実感できてくるのは3ヶ月継続してから

AGA治療の実感が持てるのは早くて3ヶ月継続して治療を進めてから。

一般的には3~6ヶ月かかるとも言われている。

 

どうして3ヶ月以上の月日が必要かというと、ヘアサイクルが関係してくる。

正常なヘアサイクル

髪の毛は、生える⇒成長する⇒脱毛する⇒休息期間⇒生える というサイクルがある。AGAが発症している場合、

このヘアサイクルが乱れてしまって、きちんと成長できずに抜けてしまった髪の毛が長い休息期間に入ってなかなか髪の毛が生えてこないという状態。

AGA治療薬によって休息期間の毛根を刺激を与えて発毛させる。そして成長を促すという感じで、乱れたヘアサイクルを正常にもどしていくことで、薄毛症状を改善することとなる。

異常なヘアサイクル

ヘアサイクルを正常の状態に戻すだけで約3ヶ月かかるので、治療に実感が出てくる目安が3ヶ月~と集中しているわけ。

治療を始めてからしばらくは波がある。

高校生ハゲる

治療を始めると、フィナステリド製剤が効き始めると脱毛症状が段々と減ってくる。

しかし、発毛が始まると、弱った髪の毛が抜ける初期脱毛が始まるので、収まったと思った抜け毛が、一気に増えだしたと感じる。

安定してくるのはヘアサイクルが整う3ヶ月後から、1~3ヶ月の間は一喜一憂してストレスとなっては逆に悪影響となってしまうので、どうかしばらくは気にしないと心に決めて過ごしてほしい。

3ヶ月経過しても、脱毛症状が収まらない場合は一度医師に相談するか、ミノキシジルにより頭皮に炎症が出ていないか確認してみること。

人によってはミノキシジルの配合率を下げた方が効く場合もある。また、カッコンエキス配合のシャンプーを使う事でミノキシジルの効果を高めることもできる。

AGA治療薬の副作用と注意点

副作用

AGA治療薬である。フィナステリド製剤とミノキシジルは医薬品であり、脱毛を抑え、発毛を促す効果もあれば、副作用として動悸がするなど様々な症状が出るおそれがある。

しかしながら、副作用が現れてしまうのはごくまれで、低確率で全体の4%ほどだと言われている。

注意点

AGA治療は長期的になりがちだけど、治療が長引けば薬を飲む回数も増える事となる。

AGA治療薬は副作用がでにくいとはいえ、体に作用が働いている事は変わりなく、その分体に負担がかかってしまうので、できるだけ薬による治療が短期で済ましたいところ。

薄毛症状が改善したら、薬の使用を中止して、育毛剤に切り替えるなど薬以外の方法で髪の毛を維持するようにシフトすることが求められる。

治療の開始は病院で始めるのがベスト

現在薬は海外からの輸入でも手にいれることができるけど、薬は本来医師のもとで処方されるものである。

それは、薬にはメリットとそれに対するリスクというものがある為で、正しい用法用量で使用する必要がある。

医師はそのスペシャリストで、あなたの症状に合わせた薬を選んでくれる。

薬が合わなかった場合の対処も心得ているのも医師であり、治療に対する不安を取り除いてくれて、医療行為に信頼度を与えてくれる存在である。

必要とあればより細かな精密検査もしてくれる。

 

最初から輸入薬を購入するのもひとつの方法だと思う。

しかし、薬の使用は自己責任と記載されているように、副作用がでた場合、誰にも相談することはできない。

医師ですら、自身で処方した薬以外で服用した薬のアドバイスを嫌がる。確実性が取れない為断言できないし、アドバイスしてしまえば責任が生じてしまう為である。

もし、薬を使用して不安になってしまった場合にインターネットで相談してみたとしても不安を取り除くことは難しい。

なぜなら、その質問に答えてくれる人は、あなたと同じ素人でしかないので、どこまで信用していいかわからない為である。

輸入薬でAGA治療をするのはダメなのか?

AGAを薬なしで

一番最初は病院での治療をおすすめした。でも、治療を続けていくと、治療方針が固定されてくる。

大体の治療患者は問題さえ生じなければ、フィナステリド製剤とミノキシジルの処方となる。

病院での治療は自由診察となるので保険適応外で治療費が高額になりやすい。また、治療は3~6ヶ月を目安に長期となるため、費用面で治療を続けるのが困難になるケースが最大の問題である。

この場合の費用面で問題が生じた時、選択肢として、「通院を中断するか」、「輸入薬で費用を抑えて治療を続ける」かで分かれる。

輸入薬は購入者個人が使用するとわかる量を購入する分には報告は必要ないとされている。

薬の知識がある
薬のリスクも把握している
自己責任と理解している
以上の事を踏まえて購入するのなら一つの選択肢として考えても良いのではないかと思う。

発毛サロンはどうなのか?

発毛サロンはAGAが病院で治療されるようになってからあまりいい話を聞いたことがない。

効果のわりに費用が膨大でウン十万というコース契約を迫られる事も耳にする。

また、治療行為の安心感を与えるのでなく、「このままではハゲが進行するだけですよ」と不安感を煽るやり方で、契約をとるスタイルが一般的みたい。

発毛サロンで高額を払って1年以上真面目に治療を続けたのに効果がなく、病院で治療を始めたら3ヶ月で効果が出たという話も良く聞く話である。

発毛は薬を使用できない人が頼るような最終手段としてはありかもしれないけど、一番最初に選ぶ選択肢としは最悪手かもしれない。

しかし、その一方で「病院での治療で思うような結果が出なかった人にも効果があります」と宣言する発毛サロンも存在する。

病院での治療でダメだった時に、ダメもとで発毛サロンを頼ってみるぐらいの気持ちで利用するぐらいがちょうどいいと思われる。

育毛剤はどのタイミングで使用するのがよいか

育毛剤と発毛剤

育毛剤は主に抜け毛予防としての役割が強く、薄毛の改善には力不足といえる。

発毛剤は育毛剤にミノキシジルが配合されたもので、薄毛の改善には発毛剤を使う事を推奨する。

ミノキシジルはAGA改善薬としてフィナステリド製剤と同時に処方される薬であり、ミノキシジル塗布剤は育毛剤の役割も担っている。

育毛剤を使うタイミング

育毛剤を使うタイミングは、ミノキシジルによって薄毛症状が改善されてからがベストだと言える。

ミノキシジル配合の発毛剤の方が効果も高いし、そのまま使用した方が良いのではないかと思われがちだけど、ミノキシジルは血管を拡張して血液量を強制的に増やすという効果がある。

ミノキシジルを長期で使用し続けると血管の拡張と縮小を繰り返すことで血管が傷つく恐れがある。

そうなってしまうと、血管の性能が落ち、今度はミノキシジルなしでは髪の毛を維持することができないようになってしまう。

なので、薄毛症状が改善しだい、ミノキシジルなしでも髪の毛を維持できるように、普通の育毛剤へと切り替える必要がある。

育毛剤はどれを選べばいいのか

育毛剤を選ぶ時のポイントは説明の中に発毛因子(発毛シグナル)や、脱毛因子(脱毛シグナル)について説明しているものを選ぶのが良い。

中には成分が大量に配合しているのが売りの商品があるけど、実際の有効成分の量はシンプルだったりするので、有効成分のみを見比べてみよう。

発毛因子とはその名の通り発毛を促す成分を含んでいる。この発毛因子の活性化はミノキシジルと同様の効果を得れることが期待できる。

脱毛因子も脱毛症状を抑える成分を含んでいる事を表し、フィナステリド製剤と同様の効果を得られることが期待できる。

しかし、両者とも薬ほどの効果は期待できないので、人によっての個人差が大きいので薄毛改善を目的とした使用には向かない。

使用目的としては、髪の毛の現状維持~髪の毛を太く健康に育てる。ぐらいがちょうど良い。

育毛剤は、「薄毛になる前」、「薄毛治療後」に使い。

薄毛症状が出ている場合は、発毛剤を使おう。

育毛シャンプーで髪の毛は生えるのか?

年齢に関係ない抜け毛

育毛シャンプーの目的

育毛シャンプーの目的は髪の毛を生やす事ではなく、

髪の毛が生える(育つ)環境を整えるという意味合いが強い。

頭皮の状態が皮脂にまみれていたり、乾燥している状態だと、髪の毛を維持することが難しい。

また、真菌(カビ)や炎症による問題がある場合、殺菌作用、消炎作用のあるシャンプーが有効だといえる。

カッコンエキス配合のシャンプーはミノキシジルの効果を最大まで高めることが実験によってわかっているので、ミノキシジルの効果が表れにくい人は、そういったものを使って行くとAGA治療がスムーズにいくこともある。

育毛シャンプーに切り替える必要性

現状のシャンプーで頭皮が健康であるなら、あえて育毛シャンプーに切り替える必要はないよ。

でも、頭が臭ったり、皮脂が多い、乾燥する、頭皮が赤い、痒い、などの状態なら早急に切り替えが必要。

ごくまれに、シャンプーを使わない方が良いという人もいる。自身の体調に合ったシャンプーを選ぶようにしよう。

皮脂が毛穴につまるとだめなのか?

皮脂は状況によって良し悪しに分かれる

皮脂が毛穴に詰まるのがダメというのは半分正解で、半分間違い。

皮脂の状態にもよるし、眠る前は皮脂汚れが無い方がスムーズに栄養を吸収することができるが、日中は皮脂が分泌されていないと皮脂による保護が機能せず紫外線などのダメージが頭皮蓄積することとなる。

皮脂の状態

皮脂の状態には2種類ある、動物脂のようなギトギトした皮脂と、植物オイルのようなサラサラとした皮脂の2つ。

ギトギトした皮脂の場合、中には雑菌が多く潜んでおり雑菌が繁殖してしまったり、酸化してニオイを発してしまったりと良い事がない。

ギトギトした皮脂はキレイに除去してしまった方が頭皮を清潔にすることができる。

サラサラとした皮脂の中には常在菌という、健康を為つための良い菌が繁殖している。そのため、必要以上に皮脂を除去してしまうと、常在菌を死滅させることになり帰って状況が悪くなる。

頭皮クレンジングの正しいありかた

頭皮クレンジングは常在菌がいる皮脂をある程度残して、表面の雑菌が付着している皮脂の部分を取り除く程度がベストである。

皮脂を残しすぎると雑菌により頭皮が荒れてしまう。

だからと言って、洗った後に頭皮が乾燥するようであるなら、洗いすぎ。

フィナステリド製剤で髪の毛は生えるのか

薄毛治療

フィナステリド製剤は男性ホルモンと5αリダクターゼの反応によって起こる脱毛症状を抑制する効果があり、抜け毛を減らすのが目的。

髪の毛を生やすといった効果はないけど、髪はヘアサイクルに従って成長しきった後に自然脱毛して、しばしの休息期間を経て、発毛する。

脱毛症状を抑える事によって、抜け毛と自然発毛のバランスが取れれば、抜け毛が減った分髪の毛が増えることもある。

ミノキシジルで脱毛を抑えることができるか

ミノキシジルは血管を拡張して髪の毛へ栄養をスムーズに届くように働きかける。

栄養を吸収した髪の毛は太く丈夫に育つので脱毛を抑える効果もでてくる。

しかし、男性ホルモンによる脱毛因子の抑制はできないので、脱毛因子が強く働いた場合は脱毛症状が生じてしまう。

薄毛を改善する本当の意味

薄毛を改善する本当の意味は自尊心を取り戻す事だと思う。

薄毛が進行することによって引き起こされるメンタルダメージは相当なもので、

外交的な性格の人が内向的になる。鬱になりやすくなる。情緒が不安定になってしまうという事が実験によって明らかにされている。

薄毛と言うマイナスの要素が自分の質を著しく低下させているという風に思いこんでしまい。人生の幸福度も下がってしまうという結果もでている。

ある実験では抜け毛を放置することによって10年以上にわたって幸福度が下がったとある。どうして10年以上も不幸な状態に陥ってしまったのかというと、

ハゲが進行する自分との葛藤が、セルフイメージを傷つけてしまい。ハゲを認識して、あきらめの境地になるまで10年以上かかってしまう。

髪の毛を維持できる事は若さを維持している事と同じで、セルフイメージを保つことができる。

髪の毛にボリュームがある人は若々しく、ボリュームがない人は実年齢より老けてみえてしまう。

それは見た目でも、気持ちの面でもいえる事。

薄毛治療は早いほど効果が出やすい

薄毛は治る時代になったので、薄毛に悩みながら放置するのはナンセンスと言わざるを得ないと思う。

薄毛治療のとりかかりは早ければ早いほど効果が出やすい。

抜け毛が気になるときに始めれば薬での治療も必要ないケースも出てくる。

一度薄毛になってしまってもミノキシジルで発毛を促す事ができる。

ただし、毛母細胞が死滅してしまうほど放置してしまうと、髪の毛の素がなくなってしまっている為回復することができない。

髪の毛の量は生まれつきで固定されており、増やすことができない。今生きている髪の毛を大切に保護しよう。

商品選びに迷ったら

薄毛治療商品購入ガイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました