AGAを薬なしで治療するには

AGAを薬なしでみんなの抜け毛がヤバい
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

AGA治療薬が使えない人はどうしたらいいのかな?

 

AGAを薬なしで治療するための基本

AGAとは男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことによって引き起こされる。

なのでAGA治療のためには、男性ホルモンと5αリダクターゼの結びつきを抑えることが最重要課題ということを理解しなければならない。

この結びつきを抑える薬をフィナステリド製剤と言いAGA治療で処方される基本的な薬である。

では、薬なしでAGAを治療しようとした場合どうしたらいいのか?

結論を言うとフィナステリド製剤の代わりとなるもので抑制させなければならない。

フィナステリド製剤(商品名:プロペシア)と似たような働きがある成分がノコギリヤシに含まれている。

実験結果によるとノコギリヤシはAGAの抑制効果として、AGA治療薬プロペシアの約半分程度の効果がある。

ノコギリヤシでAGAの改善がみられたのは38%(プロペシアは68%)

つまり、プロペシアほどの効果はないが、AGA抑制効果として十分に代替えできるものである。

AGAによる薄毛症状を抑える時の考え

AGAとは活性男性ホルモンにより、ヘアサイクルが乱れ、髪の毛が育たないまま抜けてしまう。

ヘアサイクルは通常3~4年で自然に脱毛と発毛を繰り返している。

AGAの症状が出てしまうと、髪の毛が育たないため、短い期間で脱毛が発生してしまい、発毛が間に合わずハゲが進行してしまう。

通常のヘアサイクルなら
脱毛=発毛のバランスが取れている。AGAでヘアサイクルが乱れると
脱毛>発毛で脱毛が多くなりハゲが進行する。

この 脱毛>発毛 の状態を改善するために、男性ホルモンを抑えてヘアサイクルを通常の状態に戻さなければならない。

AGAの治療でしたいことはシンプルである。

AGA治療で何がしたいかと言うと、「抜け毛を減らすこと」、「発毛を増やす事」のふたつである。

抜け毛を減らす・発毛を増やすために

薬を使った治療の場合は説明が楽である。

抜け毛を減らす薬:プロペシア
発毛を促す薬:ミノキシジル

このふたつの薬の服用によりほとんどのAGA症状は改善する。

薬なしで治療する場合はどうしたらいいだろうか?

抜け毛を減らす:ノコギリヤシ
発毛を促す:育毛剤

この形に落ち着く他ない。

育毛の為に生活習慣や睡眠時間、髪の毛に良い食べ物、etc。などのアドバイスももちろん有効ではあるが、生活の見直しだけでは、男性ホルモンによる脱毛を完全に抑えることは難しい。

生活の見直し、頭皮のツボ押しなど努力した結果幾分か改善されたとしても、

抜け毛>発毛 の図式が変わらないのであれば進行速度の違いはあれど、ハゲは確実に進んでしまうのだ。

AGA治療の為にする努力とは、髪の毛に良い事を色々と積み立てて

抜け毛<発毛 の状態までもっていくこと。

AGA治療薬はその方法でしかない。

AGA治療薬だけで改善しない場合は更に育毛剤をつかったり、

生活習慣の改善をしたり、髪の毛の栄養となるリジンと亜鉛を取り入れたりする必要がある。

逆に言えば、ノコギリヤシだけで改善する場合もある。

これは個人差があり。人によって要求されるハードルには差がある。

髪の毛を育てるためにすること。

頭皮環境を整える

頭皮が荒れている、乾燥、脂っぽいなど頭皮トラブルがあると髪の毛が育つことができない。

もし、頭皮トラブルが起きてしまっている場合、

シャンプーの切り替えを検討が必要。

アミノ酸系の育毛シャンプーに切り替えよう。(頭皮トラブルがない場合はシャンプーを切り替える必要はない)

 

髪の毛の栄養を補給する

髪の毛が健康に育つために必要な栄養素がある、

リジンと亜鉛は特に推奨されている栄養。食生活に偏りがある場合はサプリメントで補給しよう。

男性ホルモンを抑える

男性ホルモンを抑える効果のあるノコギリヤシはサプリメントで補給しよう。

睡眠時間の確保

髪の毛は睡眠時に栄養を蓄え成長する性質を持っている為、生活リズムを整え、睡眠時間が変則的になるのを控えよう。

血行の促進

頭皮の血行は滞りやすいので、血行促進による育毛効果は大きい。
育毛剤はこの血行促進の役目が基本である。商品によっては発毛を促す有効成分を含むものもあるので、AGA治療薬を使わない場合は育毛剤をうまく活用しよう。

商品ラインナップ

妻ちゃん
妻ちゃん

もっと詳しく知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました