旦那の枕に抜け毛があるそんな毎日

旦那の抜け毛がヤバい
Google広告
旦那の抜け毛を発見した妻ちゃんが色々と勉強していくストーリー型のコンテンツ。
妻ちゃんと旦那ちゃんのやり取りを楽しんでもらえたら嬉しいです。
今回はプロローグ。
ストーリー中に小出しされる情報は別の情報コンテンツでまとめたいと考えています。

はじまりの抜け毛

妻ちゃん
妻ちゃん

なにこれ・・・。

いつも通り旦那が仕事を行くのを見送ったあと、妻である私は掃除をする。そんな当たり前の日常にある事件が起きた

旦那が起きたあとぐちゃぐちゃになったシーツを整えてるときに気付く違和感。

枕にこびりつくあるものに注目する。これはなんだ?いくつもの黒くそして細長い物体。それにゾッと鳥肌がたった。ちょっとビクッともした。

一回認識してしまえば答えは聞くまでもない。わかっている。ただそれと確定するのが恐ろしかった。それは髪の毛である。

つまり、抜け毛だ。

齢32歳にして抜け毛か。すこし気が早いのではないだろうか?これはいわゆる若ハゲというものだろうか?いやまだ剥げてないか、落ち着け私

今日はたまたま多かっただけかもしれない。そんな日もあるはずだ。たまたま15本ほど寝ている間に抜けてしまっただけだ、落ち着け私

繰り返す抜け毛

妻ちゃん
妻ちゃん

・・・。

旦那ちゃん
旦那ちゃん

・・・?

旦那の様子は変わらない。目覚ましを鳴らし、毎日決まった時間に起きて、決まった時間に出勤する。仕事が特別忙しいというわけでもなく大体同じ時間に帰ってくる。良いことだ。

こんな事を並べていると浮気を疑っているのではないかと勘違いされそうだがそうではない。誤解がないようはっきりと言い切ろう。私が心配してるのは浮気なんてものではない。抜け毛だ。

毎朝旦那が出勤したあと、旦那が使っていた枕を確認するのが今の私の日課になっている。どうしてこうなった。

一度気付くとそれは、それは恐ろしいものだ。毎朝、毎朝、旦那は枕にお供えものをするようになった。本人はいまだ気付いた様子はない、おそらく無自覚なのだろう。

しかし、旦那のお供えものはもう1週間続いている。1週間、毎日15本ほどの髪の毛を枕に置いていくのだ。なぜだ?旦那は何がしたい?髪頼みか?髪を犠牲にして何を願う。

実は、わざとしているのではないだろうか?そんな考えが頭をよぎる。

毎朝出かけた後に、枕の上の髪の毛を数える私を想像して悪い笑みを浮かべているのではないだろうか?だとしたらとんだ曲者だ。私は毎朝ちゃんと数えてしまっている。1本、2本、3本、、、21本?くそ、新記録だ。そこまでするのか旦那よ。

抜け毛をめぐる心理戦

妻ちゃん
妻ちゃん

どうしてなの?

おかしい。おかしい。おかしい。ポーカーフェイスすぎる。そろそろ何らかのアクションを起こしてきてもいいはずだ。なぜ何も言わない?

ほら、見てみなよあんたの枕をみてみなよ?抜け毛だよ?あんたの抜けた毛だよ?安定して15本は落ちてるよ?なぜ何も言わない?

私がおかしいのだろうか?毎日15本枕につく抜け毛は気にする必要がない当たり前の事なのだろうか?

抜け毛に気付いたのは最近の事だ。もしかしたらもっと前から抜け毛は存在していたのだろうか?1度気にしてしまったからここまで心をかき乱されているのだろうか。抜け毛ばかり見ていると抜け毛ってなんだろう?って気持ちになってくる、ゲッシュタルト崩壊は目の前だ。

私からアクションを起こすのは負けた気がしてなんだか癪だが、こんな心理戦とっと終わらせてしまおう。よし、言うぞ?いいか?もう聞いてしまうからな?オブラートに、言葉を選んでそれでもちゃんと伝わるように。

妻ちゃん
妻ちゃん

ねぇ、最近さ、抜け毛多くない?

旦那ちゃん
旦那ちゃん

ん?そうか?

なんだと?「ん?そうか?」だと?白を切るつもりか?それとも認識障害が起きているのか?もっとまともな返事はできないのか?芸人だったらコンビ解消ものだぞ?私たちは夫婦だからつまり離婚だぞ?いいのか?現実から目を逸らしたらもう試合終了だよ??

旦那よ、そっちがその気ならこっちにも考えがある。今日は枕の髪の毛はそのまま据え置きだ。っくっくっくどんな反応を見せてくれる?明日が楽しみだ。リアクション芸人の本領を発揮してくれよ。

変わらない日常と変わらない抜け毛

旦那ちゃん
旦那ちゃん

いってきまーす

玄関で見送った私は唖然としていた。リアクション芸人としてそれはないだろう。

なんてやつだ。旦那は大物か、もしくは大馬鹿野郎だ。抜け毛増量キャンペーンの枕をスルーしやがった。私は2倍の破壊力に2度目のゾワッを体験したというのに。こんなのはもうサイコスティックハラスメントだ。私の精神はガリガリ削れている。

いや、待て。旦那はリアクション芸人じゃなかった。落ち着け。いつから旦那がリアクション芸人だと錯覚していた?落ち着け。

たまにあるアホみたいな少年マンガの鈍感系主人公でも自分の抜け毛には気づくだろうに。旦那はその上を行くというのか。どんだけ鈍感なんだ!よく私と結婚したな。いや、まだ後悔はしてない。抜け毛で精神的に攻めてくるが悪いやつではない。うん、いい加減ほんと落ち着け私。

妻ちゃん
妻ちゃん

ふぅ

ただ旦那よ気付いていないならそれでいい。もし気付いてしまったら気に病んでさらに毛が抜けるかもしれない。そうなると私でも太刀打ちできない。それは困る。よし、わかった。私は覚悟を決めた。この戦いは生半可な気持ちで挑んではいけない。旦那が気付く前に妻である私が何とかするしかない。宣言しよう。私は認めない。誰が禿げさせてやるものか。

こうして私の旦那脱毛対策がはじまった。

NEXT:どうして旦那は抜け毛から目をそらすのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました