育毛初心者に市販育毛トニックのサクセスをおすすめする理由

育毛初心者おすすめ
Google広告

育毛初心者がまず知っておくべきこと

髪の毛の悩みを抱えた時に真っ先に考えつくのが育毛剤だと思う。

でも今まで育毛剤を使ったことがない人は、どれを選べばいいか迷ってしまうものだよね。

 

ちょっと前までは育毛剤は「気休め程度のもの」というような、使わないよりかはマシみたいな意見もあったけど。

今は、育毛剤の研究も進んでてちゃんと効果があるようになってきたんだ。

 

だから、基本的に全く効果のない育毛剤というものはない。

なので、いきなり高価な育毛剤を購入するのではなくて、まずはオーソドックスな育毛剤から使い始めるのが良い。

 

でも、薄毛の進行具合によっては育毛剤で改善できるものと、できないものがある。

知っておいて欲しい事は、育毛剤で改善できる範囲は、「今ある髪の毛を維持」すること。

つまり、抜け毛の本数を減らしたいとか、細い髪の毛を太く育てたいとかそういう事には効果を発揮するけど、

薄くなって地肌が見えてきた頭頂部に髪の毛を生やしたいという事には力不足となる。

その場合は医薬部外品の「育毛剤」ではなく、医薬品の「発毛剤」を選ぶ方が良いよ。

 

育毛剤か発毛剤選びに迷っている人はこちらの記事を先に読んでみてね。

市販の育毛剤は安くておすすめ!でもこれだけは気をつけよう

 

一番最初に使ってみる育毛剤はサクセス

フィナロがこんなに安い

初めて育毛剤を使ってみようと思った時に、どれを選ぶかな?

育毛剤は値段のバラつきが大きい。数か月継続して使用することを念頭に入れて購入する商品を選ばないと途中で効果が出る前に使用を中断しないといけなくなってしまう。

 

育毛剤ランキング上位に入っている育毛剤はどれも1万円近い。金銭的に余裕があるならいいけど、初心者がいきなり使うような商品ではないと思う。

この成分増し増しの高価な育毛剤は医薬品である「発毛剤」が使えない人向けの商品で、特に問題なければ「発毛剤」を使った方が費用的にも、効果的にも良い。

 

では、一番最初に試してみるべき育毛剤はと言うと、サクセスがおすすめ。

それはなぜかと言うと、ドラッグストアでもネットショップでもどこででも手に入るし、処方がシンプルなので、育毛剤選びの基準となってくれるから。

サクセス育毛トニックは実際に効果があるのか?

フィナロイドに人気が出た理由

サクセス育毛トニックの値段は1200円程度。育毛剤の中では安い分類に入るけど、ちゃんと有効成分であるt-フラバノン・ニコチン酸アミド・ピロクトオラミンと基本的な育毛成分が十分に入っている。

サクセス育毛トニックに含まれる成分

  • t-フラバノンとは
    ⇒毛母細胞(毛を作りだす細胞)の増殖を促進することで、太く抜けにくい毛を作る
  • ニコチン酸アミドとは
    ⇒血行を促進して毛母細胞を活性化させ、発毛を促す
  • ピロクトオラミンとは
    ⇒頭皮のフケや悪臭を予防する

サクセスは育毛トニックと育毛剤と名称は違うけど成分はほとんど一緒なので、明確な差異があるわけではないから、名称を気にする必要はないよ。

一応、育毛トニックは頭皮環境を整える。育毛剤は髪の毛を育てる。というように分けられているけど、結局のところこの「頭皮環境を整える」・「髪の毛を育てる」はセットで考えなければならないため有効成分が被るわけ。

たまに、「育毛剤を使った後に育毛トニックを使う」みたいな勘違いもあるみたいだけど、

シャンプーを使ったあとのリンスというような関係を連想してしまうのかな?

育毛トニックを使った後に育毛剤を使うというようなことにはならない。どちらか一つで十分だよ。

 

育毛剤の立ち位置は化粧水みたいなもの

育毛剤を特別視してしまう人がいる。

育毛剤はハゲてる人が使うものだとかそういう認識があるのかもしれないけど、実際はそんな事はないの。

お風呂上りに化粧水を塗らないと肌が乾燥するように、頭皮も目にみえないから目立たないけど、乾燥したりする。

肌が乾燥状態だとすごく傷つきやすくなる。頭皮が乾燥してるとフケがたくさん出てくるので、フケが出る人はハゲてなくても、育毛剤を使う事をおすすめするよ。

頭皮の乾燥を防ぐことも、抜け毛予防につながるし、その他の問題も解決できる。

 

その他の問題というのが、頭皮のべたつきなど。

頭皮が乾燥してるのにべたつき?と思うかもしれないけど、実は乾燥状態を放置しておくと、乾燥を改善しようとして、皮脂の分泌が活発になる。

それで一時的に表面をオイルで覆って乾燥から頭皮を守るのだけど。

でも、これは一時的な対処でしかなく、乾燥自体が改善されるわけではないの。

 

これをほおっておくと、オイリードライという最悪な状況になってしまう。頭皮がべたつくのに乾燥してるっていう状態。

皮脂は雑菌が繁殖しやすく、長時間放置していると雑菌が繁殖して頭がくさくなる。

それに加え、乾燥している頭皮には細かい傷がたくさんついていて、そのなかに雑菌が入り込むと、炎症や腫れものができる。こうなると抜け毛が増えてしまうので頭皮の環境というのは大事なんだ。

炎症が起きてしまっている頭皮には育毛剤はつかえない

育毛剤をつかっていれば頭皮を健康な状態で維持することができる。

では、一度炎症などができてしまった場合の治療方法として育毛剤を使えばいいのか?というと、そうではない。

頭皮に炎症が起きているときは育毛剤の使用を控えるように注意書きがされている。

炎症が酷い場合は皮膚科に診察して薬を処方してもらうのが確実だと思う。

ただ、軽度の炎症なら、ミコナゾール(殺菌成分)配合のシャンプーを使う事によって頭に繁殖してしまった雑菌を殺菌することで症状を改善することができる。

コラージュフルフルやメディクイックHなどの商品が有名。どちらもドラッグストアで購入することができる。

もし、頭皮環境が改善したら、それを維持するためにも育毛剤を使うようにしていきたい。

頭皮に問題が発生してきたという事は、抜け毛予防が必要な時期になってきたということなのだから。

医薬品の発毛剤を使った方が良い判断する基準は?

どの程度から、育毛剤から発毛剤に切り替えた方が良いのか迷うこともあると思う。

発毛剤を使った方が良いのは、単純に「減った髪の毛を増やしたい」という時。

逆に髪の毛の量が改善したと思ったら育毛剤に切り替える。

 

というのも、発毛剤は医薬品で長期で使う事で体に負担がかかってしまうのね。

 

例えば、発毛剤にはミノキシジルが配合されているのだけど、このミノキシジルは血管を拡張する効果がある。

発毛剤を利用するごとに血管が拡張されて、薬が切れると元に戻るというように伸縮を繰り返していると、段々と血管が弱ってきてしまう。

血管が弱ってしまうと、通常時に性能が低下してしまうので、今度は発毛剤を使い続けなければ髪の毛が維持できない状態となってしまう。

なので、発毛剤での薄毛治療は改善したと思った段階で中止して、育毛剤で維持するようにすること。

育毛剤で維持する分には何も問題がない。

ランキング上位の高価な育毛剤の出番

育毛剤ランキングに輝くのはどれも高価な育毛剤。こいつの出番っていつなのか?

金銭的に余裕がある人は、真っ先に使ってもらってもいいけど、コスパ重視にする人にとってはあまり頼りたくない商品ではあるよね。

 

この高価な育毛剤は、素材にこだわり、効能を高めているので、たしかに普通の育毛剤よりは効果が高い。

しかし、発毛剤よりも効果があるか?といわれたらそれは違う。

一般的な育毛剤<高価な育毛剤<発毛剤

 

高価な育毛剤の最大のメリットは医薬部外品であること。つまり、体への負担が少ないという利点なのね。

 

発毛剤のデメリットに体への負担があるという事を説明したよね。体への悪影響が強かったり、持病があったりと、発毛剤がつかえない時。

その時に、高価な育毛剤が選択肢として浮上してくる。

 

また、発毛剤を使用すると、薄毛の進行具合によると、初期脱毛というものが起こる事がある。

発毛剤を使う事よって一時的にハゲが進行してしまうという矛盾。人によっては、事前にウィッグやカツラを用意しておくという人もいるみたい。

初期脱毛を詳しく知りたいときはこちらの記事を読んでみてね。

でも、育毛剤だとこの初期脱毛が起こりにくいという利点もある。

ただ勘違いしてほしくないのが、初期脱毛が起こるという事は良く効いているという証拠でもあるので、回復する兆しとしてとらえることもできる。

初期脱毛が起こらないのはゆっくりとした改善か、全く効果がないかのどちらかなのでその見極めは重要だよ。

一般的には髪の毛が細いほど初期脱毛が発生する割合が高い。

育毛剤で初期脱毛の回避を狙う場合は、細い髪の毛が太く育ってきてるか?というところに注目すること。

髪の毛が太くなることで見た目もかなり変わってるので気付けるはず。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました