ちょっと待って、育毛剤って本当に効くの?

育毛剤って本当に効くの?みんなの抜け毛がヤバい
Google広告

 

妻ちゃん
妻ちゃん

育毛剤ひと昔前だと、「全然効かない」、「やらないよりかは良い」ぐらいの気休め程度のイメージがあったよね。

 

一生懸命ケアしてても全然って感じで、なんか育毛剤を使っても馬鹿を見るようなそんな気さえしてた。

 

でもね、最近の育毛剤はすごいよ。やっぱり研究は進んでるんだね。

育毛剤の効果

育毛剤って効くの?

育毛のメカニズムが段々と明らかになってきて、「頭皮の健康を保つこと」、「血行の良い状態を保つこと」、そしてなにより「毛母細胞の分裂と増殖を活性化させること」それぞれに有効な成分が確立してきてる。

 

これにより、育毛剤の「育毛」としての効果が十分に発揮できるようになり、ヘアサイクルを整えたうえ、髪の毛の成長期間の延長することができるようになったんだ。

 

これはすごい事で、細い髪の毛が太く丈夫に育つようになるんだよ。

髪の毛が太く育つと、ハリが出て艶やかな髪の毛になり髪の毛のボリュームが出てくる。

育毛剤の使用目安

お湯シャンはおおすめ?

育毛剤は3ヶ月以上を目安に使う事が推奨されているが、実際の効果は1ヶ月以内に出てくる。なのでもし、効果を実感できない場合は3ヶ月粘り強く続けるのではなく、違う育毛剤に変更した方が良い。

 

だって、育毛剤はすごいたくさんの種類があるし、有効成分だって違いがある。その人の個性にあったものを使った方がいい。

 

育毛剤を使って一番最初に効果を実感できるのは髪の毛に「ハリ」が出てくること、まず現在において「健康な髪の毛」が育ち始める。

 

残念ながら「死にかけの髪の毛」を止めることができないので、抜け毛がすぐに止むわけではないの、初期段階で抜け毛だけに絞ると育毛剤ってやっぱり効かないとがっかりすることになるよ。

育毛剤と脱毛シグナル

髪の毛が抜ける時「脱毛シグナル」というものが発信されているのだけど。これは主に男性ホルモンが活性化することによって起こる。

 

育毛剤には「脱毛シグナル」を抑える成分を含んでいるので、今ある「健康な髪の毛」を「脱毛せよ」という命令を抑えることによって抜け毛を減らす効果があるんだよ。

 

「脱毛シグナル」は「活性化した男性ホルモン」が深く関係してくるところなので、どれくらい「脱毛シグナル」が発せられているのかポイントとなる。効果の実感にはやっぱり個人差がでてくるの仕方のないところだね。

 

抜け毛に関しては、早い人で1ヶ月、遅い人で3ヶ月ぐらいから効果を実感できる状態になるので、育毛剤は3ヶ月以上の使用を推奨する事の理由となってるんだ。

育毛剤と発毛シグナル

「脱毛シグナル」の逆で「発毛シグナル」も存在する。

薄毛が目立つ人は、抜け毛以上に発毛も切実に願うところだと思うのね。

 

育毛剤にも「発毛シグナル」を促進させる効果はちゃんとある。でもそれはヘアサイクルを正常な状態に戻すといった意味合いが大きい。

 

ヘアサイクルというのは、

発毛⇒成長⇒衰退(脱毛)⇒休止(無毛)⇒発毛という周期の事。

 

ヘアサイクルが乱れていると成長が不十分になり髪の毛が細く、すぐに脱毛してしまうことになる。

 

なので、医薬部外品である育毛剤では休止状態の髪の毛を発毛させるに至るまでに半年~1年ぐらい時間をかけての緩やかな改善となる。

育毛剤と発毛剤の違いはミノキシジルの配合

短期的(3ヶ月ほど)に発毛させたい場合は、医薬品である「ミノキシジル」が配合されている育毛剤(発毛剤)を使う事を推奨がするよ。

 

「ミノキシジル」にどんな効果があると言うと血管の拡張による、一時的なブースト効果

 

血管が拡張されることによって、普段より多くの酸素と栄養が行き届くようになり、毛母細胞が活性化して発毛することが医学的に確認されているの。

育毛剤(発毛剤)は女性にも効果がある?

「ミノキシジル」は男性にも、女性にも有効で、発毛剤でミノキシジルの含有量は男性で3%、女性用だと1%とされてる。もちろんそれ以上の高配合の商品もあるので体調に合わせて使い分けよう。

 

薬なだけに効果の高い「ミノキシジル」だけど、すべての育毛剤に含まれているわけでない。それには理由があるよ。

 

血管を拡張させる薬というだけあって、人によっては副作用がでることがある。頭痛や胸の痛み、動悸、頭皮のかぶれなど様々、使ってみて違和感を感じた場合は使用を中止するか、医師に相談することも考慮に入れよう。

ミノキシジルのタイプは2通り

ミノキシジルは塗り薬と飲み薬の2種類がある。飲み薬の方が効果が高いが、同時に副作用のリスクも高まってしまうので、発毛目的での飲み薬の使用は控えるようにと医療ガイドで注意されているの。

 

発毛目的の塗り薬として使用するのは大丈夫だよ。だから育毛剤に配合されてるものを基本的に選ぶようにしよう。

 

でも、切実に発毛を望んでいる人の中には飲み薬タイプのミノキシジルを使用している人も結構いるなぁって感じ個人ブログで経過報告って実況してる人がちらほら見かけるよ。

ミノキシジルの長期の使用は気を付けよう

ミノキシジルの使用は3ヶ月~半年、長くても1年以内に使用を中止したいところ。髪の毛が生えそろった時点で使用中止のカウントダウンを始めよう。

 

というのも、ミノキシジルは強制的に血管を広げるというもので、拡張と収縮を繰り返すと段々と血管が脆くなってしまうことが懸念されているの。

 

血管が脆くなって血管本来の性能が落ちると、ミノキシジルの使用を中止と同時に脱毛が再発、以前より悪化する危険もある。

 

なので、「これはヤバい」とミノキシジルが手放せなくなってしまう。

 

ミノキシジルに限らず薬は肝臓などの臓器に負担をかけてしまうものなので長期の使用は気を付けるべき。

 

長期の使用は副作用のリスクもどんどんと高まっていくし、個人の意思で使用したとなるとそれによって健康を害してしまっても自己責任となる事を忘れてはいけないよ。

 

抜け毛が気になる程度なら、育毛剤を選ぼう。
薄毛が気になる時に、発毛剤を選ぼう。

育毛剤のまとめ

育毛剤はちゃんと効果があるよ。成分も様々なので自分に合ったものを探そう。

 

ドラッグストアで購入できる大手の商品とネット販売限定の商品とがある。一番最初は安価な大手の育毛剤を使ってみるのも良いかもね。

育毛剤の役割は主に3つ
1.頭皮環境を改善すること、
頭に痒みとか、乾燥してフケがでるとかの症状を改善する。2.血行促進すること、
血流が改善することによって、髪の毛に栄養が届くようになる。3.細胞の活性化、
細胞の活性化により、弱った髪の毛を丈夫に、乱れたヘアサイクルを正常にすることができる。

 

効果の現れ方としては、1⇒2⇒3の順番で現れるよ。

 

頭皮の痒みがとれる⇒栄養が補給され髪の毛にハリがでてくる⇒髪の毛が丈夫に、抜け毛が減る⇒ヘアサイクルが整い発毛と脱毛のバランスが取れて髪の毛が増えてくる。

 

大体1~2週間の使用で頭皮の環境が改善されくる。

2~4週間で髪の毛にハリが出てきて、根元が立ち上がるので毛量は増えてないけどボリュームUPしてきたかな?と感じる人もいる。

一本使い切る頃にちょっと抜け毛が減ってきたと感じたら、継続して使いつづけよう。

 

 

もし、効果を実感できない場合は他の育毛剤に切り替えること、効果が実感できないのにとりあえず3ヶ月使ってもがっかりするだけだよ。

 

初めて育毛剤を使うならドラッグストアで手ごろなやつを試してみるのも全然あり、効くならそれでいいし、効果があまり実感できなかったらネット販売限定のやつを選んでみる。そんな感じが良いんじゃないかな?

 

ネット販売限定の物は値段は高いけど、有効成分がみっちり入っていて、その分効果が高い傾向にあるよ。初回購入割引があったりとお試し自体はしやすいので1ヶ月試してみよう。

 

効くかどうかわからない高価な育毛剤使うのには躊躇いもあるかもしれないけど、効果があるとわかってしまえばそれぐらいの値段でも妥当かなと思えるはず。

 

育毛剤よりもっと早く効果を出したい場合はミノキシジルが配合された育毛剤(発毛剤)を使用しよう。有名なものがRiUPだよね。

 

早い人で3ヶ月目から毛量が増えたことを実感できる、逆に6ヶ月使用しても効かない場合は他に髪の毛が育たない原因があると考えよう。

 

ミノキシジルは良く効くけど体に負担がかかるので、髪の毛が増えて薄毛が目立たなくなったら、通常の育毛剤に切り替えよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました