女性の抜け毛と薄毛に今すぐできる対策とは

今すぐできる対策みんなの抜け毛がヤバい
Google広告

 

妻ちゃん
妻ちゃん

「女性にも薄毛の悩みは増えているみたい」

女性でも薄毛で悩む人が段々と増えている。でも、女性って本来なら薄毛にならないはずなのだ。

なぜなら、女性ホルモンには髪の毛を育てる役割があるので、女性であるだけで艶やかな髪の毛が約束されている。

しかし、実際には抜け毛が増え、目に見えて薄毛になってしまう人が後を絶たない。今回この記事では女性に合わせた対策を紹介していく。

記事に従って対策すれば抜け毛は予防することができる。女性は髪の毛を育む力が強いので抜け毛さえ抑えることができれば髪の毛は自然と増えてくのでまずは知識を取り入れてみよう。

現状の認識

妻ちゃん
妻ちゃん

お風呂で髪の毛を洗ったときに手にまとわりつく抜け毛が増えたような気がする

「髪の毛が長いからいっぱい抜けてるように見えるだけ」、「髪の毛は1日に100本抜けると言うし大丈夫」と自分に言い聞かせてできるだけ気にしないように過ごしている。

でも、「前までこんなに抜け毛って気になった?」と不安は募る。自分を誤魔化してこの問題を先送りにして、実際にハゲてしまったらどうする?

薄くなった髪の毛を人前にさらけ出す事に抵抗はないだろうか?

やっぱり、抜け毛が気になるという事は抜け毛が増えたという紛れもない事実。抜け毛が気になると思えた事はむしろ幸運と思って良い。気付けたなら問題に対して対策することができる。

もし、気付かないうちに薄毛になってしまったらどうなるだろう?

抜け毛に気付かず何の対策もしないで過ごしていたらいつの間にか髪の毛のボリュームが減ってうまく髪型がきまらなくなる。

異変に気付いた時には、頭のてっぺんはぺちゃんこだし、毛先はなんだかスカスカ。なんだか老けたように見える。鏡を見る度に気持ちが沈む。外に出たくない、人とすれ違うと髪型が気になる。分け目がハゲているように見えないだろうか気が気でない。

これは抜け毛が進行してしまったら起こり得る未来。

抜け毛を減らしたい。髪の毛を取り戻したい。ちゃんと髪型をセットしてずっとキレイなままでいたい。そういう願望があるなら、抜け毛が気になったらちゃんと対策をしないとダメなんだ。

女性の抜け毛の原因主な原因
1.頭皮トラブル
2.体調不良と栄養不足
3.睡眠の質が悪い
4.ストレスによる自律神経の乱れ
5.女性ホルモンの減少
6.血行不良

女性の抜け毛の原因はこの6つ、この中で一番のキーポイントなのは 5.女性ホルモンの減少 だけど、1から順番に改善していくことをおすすめする。なぜなら、薬やサプリメントで女性ホルモンを外から補給してその場凌ぎの対処だけを行ってしまうと、これらの投与を中断すると再度抜け毛が発生するか、ひどい場合は前回より悪化することもある。

頭皮トラブル

頭皮トラブルとは、頭皮の炎症・痒み・腫れもの・フケ・過剰な皮脂など。
これらの頭皮トラブルはきちんとシャンプーを出来ていたなら出てこない問題である。

頭皮トラブルは男性に多く、女性では少数派である。もし、頭皮トラブルが起きている少数派なら、男性的な雑なヘアケアをしていることが考えられる。次の事に当てはまらないか確認してほしい。

1.自分に合ったシャンプーを使っていない
2.頭皮を洗う時間が3分未満
3.シャンプー・リンス(トリートメント)の洗い残し
4.髪の毛を自然乾燥させている
5.晩と朝(外出する直前)にお風呂にはいっている。

自分に合ったシャンプーを使っていない

年齢を重ねる毎にシャンプー選びは慎重に行わなければならない。なぜなら、年齢を重ねる毎に人間の体は代謝が落ち、刺激にも弱くなる。実際に今まで使っていたシャンプーや化粧品などが肌に合わなくなってきたという体験はないだろうか?
ポイントとしては、年齢を重ねる毎に低刺激の物を選択していく必要がある。シャンプーは大きく分けて、高級アルコール系シャンプーとアミノ酸系シャンプーとがある。

高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強く安価なのでファミリー向けのシャンプーのほとんどがこれ。
アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドで高価、美容室や育毛シャンプーと言われるのはこちらだ。

商品の良し悪しがわかるなら、ドラッグストアやネットショップなどで自分の目で確かめて購入すると良いが、判断がわからない場合は、ネット広告に出ている商品を選ぶのも良い。

店舗に売られている商品はブランドイメージだけでも売れるが、ネット広告にあるものはブランドイメージの評価がほとんどない。その為、成分にこだわり、アピールするポイントが必ずあるので、自分に合っているかどうかの判断がしやすいというメリットがある。

頭皮を洗う時間が3分未満

頭皮をきれいに洗うためにはそれなりの手間が必要で、目安時間は3分と言われている。
3分未満だと表面的な汚れはとれても、毛穴に入り込んだ皮脂汚れは取り切れていない。お風呂にはいっても半日ほど時間が経つと頭から異臭がする場合、洗浄できなかった皮脂汚れから雑菌が繁殖して異臭を放っている事が考えられる。毛穴に詰まった汚れは毛根が栄養を吸収するのを妨げてしまう。

シャンプー・リンス(トリートメント)の洗い残し

シャンプーの泡やリンス(トリートメント)の洗い残しは刺激となり炎症を起こす原因となる。シャンプーのすすぎは時間をかけて丁寧に行う必要がある。リンス(トリートメント)は頭皮に残ると炎症の原因や毛穴の詰まりと問題になる。

髪の毛を自然乾燥させている

濡れた髪の毛を放置して自然乾燥させてしまっているのは些か問題がある。濡れた髪の毛は限界まで膨らんだ風船のような状態で外からの刺激ですぐに傷ついてしまう。また、濡れた状態で長時間放置してしまうと雑菌や真菌(カビ)の繁殖を促してしまう可能性がある。自然乾燥させた場合、水分が気化する際に頭皮の水分まで一緒に蒸発させてしまい、乾いたあと頭皮が乾燥して荒れてしまう。

晩と朝(出かける直前)にお風呂にはいっている

頭皮の洗いすぎは問題となる。頭皮の脂は本来頭を保護するためにある。外に出かける際には頭皮を脂で保護していなければならない。
この頭皮の脂はシャンプー後補充されるまでに5~6時間が必要で、朝に洗い流してしまうとバリア機能がないので頭皮にダメージが蓄積し、抜け毛の原因となる。お風呂は就寝前に入る事がベストで、朝に入るのは最悪のタイミングだと言える。

体調不良と栄養不足

 

この頃なんだか、「全身の気怠さがとれない」、「ちょっと動いただけで息が切れる」、「すぐに疲れてしまう」。そんな病気とは言えない、けど病気未満の体調不良がずっと続いていてなんだかしんどいなんてことに心当たりはないだろうか?

女性は未病と言われる。病気未満の体調不良に悩まされやすい。そのため健康を意識する無添加やオーガニック食品など健康志向の商品の多くは女性に向けて発信されている。

どうして女性は体調不良に陥りやすいのか。

1.生理で血を失う
2.栄養不足
3.筋力不足(運動不足)
4.不規則な生活リズム

生理で血を失う

女性の体は子供を生す為に、自らの体を削ってその為の最高の環境を作ろうとしている。男性に比べて体に掛かる負担はとても大きなもの。体に栄養を摂っても消耗するを常に繰り返しているので体が万全という状態を作りにくい。

特に鉄分の不足は深刻で、ほとんどの女性が十分な鉄分を確保できていない。鉄分不足が貧血症状を引き出すように、生命維持の基本ともいえる血の巡りに支障をきたす。血液がその機能を十分に発揮することができないと細胞まで酸素を送り届けることができない。

呼吸しているのに酸素が取り入れられない状況なので、細胞が悲鳴をあげて、原因不明の体調不良に悩まされる。そして、鉄分不足は抜け毛とも密接な関係がある。

それは、全く呼吸ができないと人間は死んでしまうように、細胞ひとつ、ひとつも酸素がないと死滅してしまう。それは髪の毛も例外ではない。

人間の血管は体の端々に行くほど細くなっていく。特に髪の毛はその末端の部分で毛細血管というとても細い血管から栄養を補給している。ただでさえ繊細な部分なので血液に異常が出た場合一番影響が出やすい場所と言える。
なので、自覚症状の薄い軽い貧血という程度でも髪の毛に悪影響を及ぼしている可能性がある。

栄養不足

生理が原因で深刻な鉄分不足に陥りやすいと説明したように、不足している栄養素は鉄分だけに限らない。体を維持し続けるためには毎日栄養を消費し続けなければならない。女性は栄養面に対して男性より不利な性質がある。

栄養失調になる原因は性質だけのものではなくて、食の細さもその原因のひとつだったりする。一度にたくさんの物を食べれないので取り入れる栄養も少なくなる。

栄養不足が髪の毛にどのような影響を与えるかは、無理なダイエットを続けた代償をみると明らかだ。食事制限ダイエットでカロリーを抑えるために、「食事を食べない」という選択肢を選んだ場合、抜け毛の進行が始まる。

髪の毛は生命維持のために絶対に必要なものではない。どちらかと言えば真っ先に切り捨てられる対象である。

体に栄養が不足している場合、より重要度の高い場所に優先的に栄養が配給される。もし、髪の毛に栄養を回したい場合、その前に髪の毛以外の場所を栄養で満たしておかなければならない。

それを考えると、病気未満の体調不良や栄養失調状態があると、髪の毛が抜けてしまう状態に身を置いている事に他ならない。

男性の場合、髪の毛を育てる栄養として、リジンと亜鉛が挙げられる。このふたつはもちろん女性にとっても有効な成分である。

リジンは髪の毛に不足しがちな材料であるし、亜鉛は髪の毛の本質であるたんぱく質のケラチンを作る時に必要な栄養素である。

しかし、亜鉛とリジンだけ推奨されるのは、そのほかの栄養がちゃんと摂れているという前提で成り立つもので、女性で体調不良の自覚がある場合、全体的な栄養を補給して体調を整える必要がある。

睡眠の質が悪い

睡眠は髪の毛にとても重要な要因である。髪の毛に限らず、細胞というのは体の休まる睡眠時に栄養を蓄える性質をもっている。栄養をちゃんと摂っていても睡眠を確保しなければ吸収率の低い栄養が体外に流れてしまうこともある。

例えば、サプリメントを飲む時間は指定されてはいないが、推奨される時間は寝る前である。

睡眠をちゃんと取らなければ、髪の毛は成長できずに痩せ細くなっていく。極端な話、睡眠を確保しなければ抜け毛の症状が改善することはない。

ストレスによる自律神経の乱れ

自律神経の乱れは睡眠の質に関係するもの、自律神経はいわゆる生活のリズムを管理している。朝になったら目が覚め、昼になったら活動的になり、夜になったら体を休息させるために睡眠を促す。そんなスイッチのON・OFFを調整してくれている。

自律神経が乱れると体の中でエラーが起きてしまう。昼間活動的ならないといけない時に眠気が襲ってきたり、気分が沈んで行動に移れない。夜寝ようと思うと意識が覚醒して目が覚めてしまい寝付けない。寝れても睡眠が浅くて疲れが取れないといった症状がでる。

自律神経の乱れによって最も懸念さることは、「体が休めない」というところ。大抵の場合昼間に眠気が襲ってきても環境的に寝る事ができない。夜眠って体を休息させないといけないのに神経が高ぶって活動しようと働きかけるので、寝ることが困難で、その状態で寝ても十分な休息を得ることができない。

自律神経を乱す主な原因は、ストレスと不規則な生活である。ストレスを受けると自律神経の内の交感神経(活動の役割)が刺激される。威圧的な人と対面した時に、心臓が高まったり、手足が震えたりするのはこの交感神経が反応した結果である。

適度なストレスは体にとって良い影響を与えるというデータもあるが、過度なストレスは悪影響となる。

不規則な生活は意図的に自律神経を乱すパターンである。もともと体には生活リズムが決められており、1日のスケジュールが組まれているのだが、不規則な生活はこのスケジュールを乱してしまい、自律神経の調子を崩す。予定を崩された自律神経はエラーを頻発するようになってしまうのだ。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは髪の毛を育成する働きがあり、女性の髪の毛の健康は女性ホルモンによって管理されているといっても過言ではない。

しかし、女性のホルモンバランスというものは繊細で乱れやすい。先ほど挙げた自律神経の乱れも女性ホルモンを崩すひとつの要因である。

精神的に安定している人は髪の毛が健康的で艶やかとしている事が多い。これはホルモンバランスがしっかりと保てているからである。

逆に情緒不安定な人はホルモンバランス崩れている事が多い。それはホルモン自体が気分の浮き沈みにも関係があるためで、一度ホルモンバランスが崩れてしまうと、ホルモンの関係で気分が沈む⇒気分が沈むのでストレスが増える⇒ストレスがホルモンバランスに悪影響を与えるという負の連鎖に繋がってしまう。

女性ホルモンがどれほど髪の毛に影響を与えているか、その例をあげるのなら妊娠から出産後までの状態を見ると良くわかる。

妊娠中の女性ホルモンが活性化する頃は髪の毛が艶やかとなり抜け毛が減るが、産後の女性ホルモンが急激に減少する頃になると、分娩後脱毛症という名称があるように急激な抜け毛症状が始まる。

分娩後脱毛症は女性ホルモンの急激な変化に体が慣れることによって次第に治っていく。

女性ホルモンの減少には「エクオール」という成分と取り入れる事によって対処することができる。「エクオール」は女性ホルモン「エストロゲン」と似たような形状で似たような働きをすることがわかっている。実際にエクオールを摂取することによってエストロゲンの減少に伴って起こる様々な症状が改善したというデータも確立している。

このエクオールは、イソフラボンを人間が吸収できるように分解されたものであり、イソフラボンとエクオールは元は同じである。エクオールではなくイソフラボンを摂取することでもできるが、イソフラボンをエクオールの形に分解できる日本人は50%と言われている。

イソフラボンを分解できない人は、イソフラボンを摂っても意味がない。その点、エクオールなら誰でも吸収することができる。

血行不良

血行不良の問題は育毛において改善しなければならない関所である。毛根へ栄養を届けるには毛細血管を通して配給されるのだが、この血管はとても細いため、血流が滞りやすい一面をもっている。

血行促進するために活用されるのが育毛剤と言われる血行促進剤である。

血行不良が起こる原因は様々で、運動不足、ストレス、肩や腰など筋肉のコリ。血行不良が起きていると血液が冷えてしまうため、体が冷える。冷え性の人は血行不良の疑いがある。

髪の毛に関して言えば、肩こりのからくる血行不良は割と深刻で、慢性的な肩こりが抜け毛を誘発しているという事もある。血行不良で髪の毛まで栄養が届かなければ痩せ細くなって抜け毛となるのだ。

育毛の為に血行改善を目的に育毛剤を使う事は最も馴染みの深いものであるが、使用者の中でその効果のバラつきが大きいのも事実である。

育毛剤の効果を十分に発揮するためには、前段階として環境を整える必要がある。

女性の抜け毛の原因主な原因
1.頭皮トラブル
2.体調不良と栄養不足
3.睡眠の質が悪い
4.ストレスによる自律神経の乱れ
5.女性ホルモンの減少
6.血行不良

女性の抜け毛が起こる主な原因の1~5までの改善である。

育毛剤の役割は血行促進による抜け毛の予防である。薄毛に悩みを持ち髪の毛の総量を増やしたいと思った場合、育毛剤にミノキシジル成分を配合した「発毛剤」をしようするのが良い。

ミノキシジルは医薬品で元は血圧の薬であるが、血管の拡張効果の副作用として発毛が確認されてからは薄毛治療にも用いられるようになった。

ミノキシジルは飲み薬と塗り薬で選べるが、女性の場合塗り薬の方が良い。飲み薬として服用した場合多毛症という全身の毛が濃くなる場合があるからだ。

男性用の強力な発毛剤は使わない方が良い、それは、男性型脱毛症を抑える成分として、フィナステリド製剤が配合されている場合がある為。フィナステリド製剤は男性ホルモンと5αリダクターゼに働きかける効果がある薬で、フィナステリド製剤は女性には禁忌薬に指定されている。

育毛剤・発毛剤を使用する際には女性用の物を選択しよう。

女性特有の抜け毛を止めたいなら原因から改善しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました