夏から秋の季節の変わり目は抜け毛が2倍に増える

季節の変わり目の抜け毛みんなの抜け毛がヤバい
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

季節の変わり目は抜け毛が増える傾向にあるみたい

特に夏から秋の季節の変わり目は抜け毛が多く、普段の2倍くらいの量になってしまう。

次に冬から春の季節の変わり目も抜け毛が増える傾向にある。

季節の変わり目に抜け毛が増えるのは、動物にみられる換毛期と同じ理屈で、実は「髪の毛」という部分的なものではなくて「体毛全体」が抜けて生え変わる期間。

この抜け毛は生理的なものなので1ヶ月もすれば次第に落ち着いてくる。急に抜け毛が増えてしまって不安に思うかもしれないけど、心配のし過ぎによるストレスはかえって髪の毛に悪影響を及ぼすかもしれない。

こういった抜け毛が多くなる時期というのは決まっているので、この時にちゃんと生え変わりで健康的な髪の毛が生えてくるように育毛剤を限定的に使用すると特に効果的。

育毛剤には主に血行促進と頭皮環境の改善の効果がある。つまり、髪の毛が育ちやすい健康な状態にする働きがある。

夏から秋にかけての注意点

夏から秋の季節の変わり目は1年の中で特に抜け毛が多くなる時期なので頭皮の健康状態を良好にしておかなければいけない。

しかし、夏という季節は紫外線やエアコンにより頭皮が傷ついたり、乾燥してそれを補おうと皮脂の過剰分泌になりがち。

夏は暑いので大量の汗をかく、汗と皮脂の分泌が混ざり合うと毛穴に入り込み、汗が蒸発した時に毛穴詰まりが起きる。また汗と皮脂が多く分泌されるという事は不衛生になりがちで頭皮が荒れるなどトラブルが多い時期でもある。

他にも肌の露出が多くなることから、ダイエットを実行する人も多く、無理なダイエットによって栄養不足からの体調不良が起きやすい。また、熱中による食欲不振を起こしてしまうのも良くない。

体調不良時というのは髪の毛への栄養配給がストップされてしまうので栄養不足と重ねて長期的な体調不良は抜け毛の原因となる。

1年の中でも夏場は特に毎日お風呂に入り丁寧なシャンプーで頭皮を清潔にして、頭皮トラブルを起こさない事が重要、秋への季節の変わり目は抜け毛が約2倍の量になるが、抜け毛の量が心配になる場合は育毛剤などを活用して抜け毛の発生を抑えることもできる。

外出時は日傘や帽子を被り直接紫外線を受けないように、汗はこまめにタオルで拭き取るように。外出から屋内に入ってもなかなか汗が止まらない場合は、自動販売機等でジュースを買い、冷たい缶を手首や首筋にあてると冷やされた血液が全身をめぐらすことで汗を引かせることができる。

冬から春にかけての注意点

冬から春の季節の変わり目もまた換毛期であり、一時的に抜け毛が増える時期。

冬の間は手先が冷えてしまうように、血行不良が起きやすいので体を冷やさないように温かく過ごすように。

冬から春というのは社会的な環境の変化が最も多いことから、知らず知らずのうちにストレスを受けているもの、自律神経のバランスをくずし、毎年病気未満の体調不良を起こしてしまう人も一定数いる。

特に女性は自律神経の乱れがホルモンバランスの乱れに直結することが多く、それが原因の抜け毛症状が重なることがあるので注意が必要。

冬の時期は冷えによる血行不良と、ストレスによる心身の疲れに気を付けるように。秋から冬というのは食欲が旺盛になるので栄養面では優れている。睡眠をタップリとるようにすると髪の毛にも栄養が行き届くので育毛には良い時期でもある。うまく過ごす事ができれば抜け毛が気にならないどころか髪の毛を健康にすることができる。

人によって苦手な季節がある。

人によって体調不良になる苦手な季節がある。

3・4月は花粉、黄砂
5・6月は梅雨
7・8・9月は夏の暑さ・エアコンによる体調不良
10・11月は季節の変わり目と乾燥
12・1・2月は乾燥と冷え

これらの事象は個人差があり、共通の抜け毛の原因とは言えないが、これらによって引き起こされる長期的な体調不良は髪の毛にとって無関係とは言い切れない。

髪の毛は体の中で一番優先度が低い。からだに不調が起きた場合、体の不調を改善しようと傷ついた細胞を修復したり、体に変化を促すようにホルモンを作成したりして体の中の栄養を消費する。すると後回しにされた髪の毛は回される栄養が乏しくなる。

他にはインフルエンザなどの高熱が出る病気を患った場合、完治後数日してから急に抜け毛が増えることがある。体調不良で栄養を消耗するのと、高熱により毛根がダメージを受け為に抜け毛が発生すると言われている。インフルエンザと抜け毛の症状とが結びつく人は少なく、原因不明の突然の抜け毛に戸惑う事となる。

体調不良が起きやすい時期がはっきりしてる場合は、相応の対策をしよう。

季節による環境の変化で影響を受けやすいのは女性

男性にとっての抜け毛は男性ホルモンが活性化するのが原因なのに対して、
女性にとっての抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れによるものが多い。ホルモンバランスの乱れは男性ホルモンが増えるというのではなく、女性ホルモンが低下する事が問題になっている。

女性ホルモンの働きのひとつに髪の毛を丈夫に育てる効果がある。妊娠中の女性は女性ホルモンが増え髪の毛が艶やかになるが、産後の女性ホルモンが急激に低下した後は大量の抜け毛が発生する。産後の抜け毛に気に病む人もいるほど。

それだけ女性ホルモンというのは、女性の髪の毛に大きな影響を持っている。
女性のホルモンバランスというのは常に波があり、とても繊細なもので、体調不良、自律神経の乱れ、ストレスなど様々な要因ですぐに乱れてしまう。つまり、季節の移り変わり、環境の変化によっておきる体調不良が直撃してしまうのは女性である。

生活環境を整えてホルモンバランスを整えるのが最善であるが、難しい場合は漢方によって体調を改善することや、イソフラボン、エクオールなど女性ホルモンと似たような働きをする成分を取り入れることで改善することもできる。

男性の抜け毛が酷くなる時期

抜け毛に亜鉛とノコギリヤシ

男性の抜け毛が酷くなる時期は6月の梅雨から秋へと季節の変わり目までと期間が長い。
これには男性ならではの理由がある。まず、体質的に男性は女性よりも皮脂が多く分泌される。分泌された皮脂は汗と混ざり合い毛穴に入りこんで塞いでしまう。すると毛根は栄養を吸い出すことができなくなってしまうのがひとつ。
6月の梅雨の時期は湿気の季節。皮脂と汗と湿気が合わさった状態というのは雑菌の繁殖しやすい環境で頭皮の肌荒れが発生しやすい。頭皮から不快なニオイがする場合は雑菌の繁殖が伺える。カビ(真菌)が根付いてしまうこともある。毛穴の詰まりと雑菌の繁殖による頭皮トラブルそれが6月に抜け毛が多くなる原因。男性の頭皮は女性に比べて不潔になりやすい。

梅雨の時期を終えても、まだ問題はある。男性は女性に比べて夏に対する対策がおろそかであり、夏の紫外線をモロに直撃してしまう。
男性で日傘をさす人は見られないが、帽子を被るなどの対策で紫外線によるダメージを減らすなどの工夫が必要。

頭皮が日焼けするという状況は深刻な状態である。頭皮の日焼けから回復するためには多くの時間が必要になる。日焼けに至らなくても紫外線による刺激は頭皮に蓄積しており、炎症などがおき、本来青白い頭皮が赤味がかかったようになる。

こういった蓄積したダメージは確実に抜け毛の原因となる。

男性は個人差が大きいが1年を通して男性ホルモンによる抜け毛症状がある。夏場の抜け毛が増える時期というのは薄毛症状を加速させてしまうものであり、夏場の抜け毛をどれだけ抑えられるかは一つの課題だと言える。

普段特にヘアケアしていなくても夏場のみ紫外線対策を行う、育毛剤を使うなど集中ケアは必要である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました