若ハゲを病院に行かずに治療して髪の毛をフサフサにする方法

抜け毛に亜鉛とノコギリヤシみんなの抜け毛がヤバい
Google広告
若ハゲは男性型脱毛症(AGA)を発症している可能性が高くあります。

若ハゲを直すためにはAGA治療薬が必要です。

AGAとは男性ホルモンが活性化することによって髪の毛を攻撃してしまう状態の事。
AGA治療薬はこの男性ホルモンの活性化を未然に防ぐことができます。

AGA治療薬は病院で処方され手に入れる方法と、
海外から輸入して購入する方法があります。

今回は海外から購入することを考慮に入れてお話したいと思います。

すぐに結論を知りたい場合はクリック

男性型脱毛症

 

妻ちゃん
妻ちゃん

男性型脱毛症(AGA)はもう有名になってきたよね。

Gacktさんがイメージキャラクターとして広告にでてるのをテレビや電車の広告で見かけたことがあるんじゃないかな?

男性型脱毛症(AGA)は日本人男性の30%が発症すると言われている脱毛症。

早い人だと思春期後から発症してしまい、20代で地肌が見えるほど薄毛になってしまうほどハゲが進行してしまうケースもある。

男性型脱毛症はヘアサイクルという髪の毛が生えて、成長し、寿命を迎えて自然に抜け落ちるまでの期間が短くなってしまい。髪の毛が生えてくるよりも抜ける数が上回ってしまう脱毛症状。寿命が短くなってしまうのは男性型脱毛症が髪の毛が十分に育たなくなる病気だから。

最近ではフィナステリド製剤(AGAの経口薬)によってAGAの進行を抑制することによって、脱毛症状を抑え髪の毛を回復できるようになっている。デュタステリド製剤(商品名:ザガーロ)という新薬も登場したのでフィナステリド製剤(商品名:プロペシア)で十分な効果が出なかった患者にもまた希望がでてきた。

AGAの原因は男性ホルモン(テストステロン)が大きく関わっている。テストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって活性化し、ジヒドロテストステロン(DHT)という活発な男性ホルモンになる。

このジヒドロテストステロンは髭の成長を促進させる働きがある代わりに、生え際や頭頂部の髪の毛の成長を妨げる働きがある。

髪の毛は薄いのに髭が濃いのは典型的なAGAの症状だと言える。

フィナステリド製剤はテストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを阻害する薬で、男性ホルモンが原因の男性型脱毛症に極めて有効な薬。(新薬のデュタステリド製剤も薬理作用はほとんど同じ)

その反面、女性の脱毛症には効果が無いうえ、女性に対しては禁忌薬とされていて、女性がフィナステリド製剤に素手で触るのも控えるように注意されている。

妻ちゃん
妻ちゃん

男性ホルモンに作用する、プロペシアというAGA治療薬は女性にとっては禁忌薬なので取り扱いには注意が必要だよ。

AGAは思春期後から発症し徐々に進行していく脱毛症で、進行速度は個人差がある。

AGAが進行していても 脱毛<発毛 の状態であれば薄毛になることはない。AGAの進行は5年ごとに段階的に進行する傾向があり、25歳、30歳、35歳に抜け毛が一気に目立つようになる。

AGAには1~7型に進行度が分類されており、進行度4型以下の早い段階でフィナステリド製剤を経口摂取することによって髪の毛の回復が見込める。

進行度5型以上になるとフィナステリド製剤の効果が悪くなってしまう為、早い段階で治療を始めることが重要。

判断の目安は毛穴が確認できるかどうか、毛母細胞(髪の毛の核となる細胞)が死滅していると髪の毛自体を作り出すことができないのでAGA治療薬を用いて抜け毛を防いでも、発毛しないので効果がでない。

病院での治療を希望するはAGAの治療を積極的に行っている病院をインターネットで検索してみると良い。

脱毛の進行速度が速い場合、フィナステリド製剤だけでは治療することができない。この時はフィナステリド製剤と合わせてミノキシジル(発毛効果のある薬)を使用しする。

毛母細胞が死滅して髪の毛が生えてこない場合は髪の毛の移植する方法がある。移植した髪の毛が定着すると地毛と同じように生えてくるが、ほとんどの場合髪質が変わり、植毛した髪の毛はくせ毛になるデメリットも存在する。

他にはiPS細胞の実験では髪の毛を作る細胞の作製が動物実験で成功しており、量産化の技術が確立して人間にも適応される日も近いかもしれないが現在ではまだまだという状況。

男性型脱毛症(AGA)が発症するきっかけ

妻ちゃん
妻ちゃん

AGAは早い人で思春期後から発症すると言われているよ。

男性型脱毛症が発症するきっかけにストレスや生活習慣が大きく関与していることがわかっている。男性型脱毛症の発症者の傾向として、血液中のヘモグロビン濃度が高いという実験データがある。

血行不良や血液中の酸素濃度が低い時にヘモグロビン濃度が高くなる。これらの血行不良や酸素濃度の低下の原因ととなるのが、生活習慣やストレスというわけである。

人間の体はストレスを受けると様々な変化がおきる。強い緊張状態になると手足が冷たくなったり、呼吸が浅くなったりする。体が冷たくなるのはストレスによって血管が収縮して血行不良になってしまうため。

ストレスを受けるとすぐに行動に移れるように緊張状態を保つために呼吸が浅くなる。逆にリラックス状態の時ほど呼吸は深くゆっくりとなる。

喫煙によっても血行不良が起きる、また、肺機能の低下によって酸素を取り込む力が弱まるのもあげられる。喫煙が髪の毛に悪いというのは間違いではない。

喫煙やストレスを感じてない場合で、血行不良や酸素濃度の低下が見られる場合は、栄養不足や運動不足が考えられる。栄養不足の場合、各種ミネラルを補給すること。運動不足の場合は筋肉トレーニングにって低下した身体機能を回復すること。

薬にだけ頼るのもいけない。

妻ちゃん
妻ちゃん

AGA治療薬は有用だけど、脱毛症状が急激に進行するのは、その他にも頭皮トラブルが発生しているよ。つまり髪の毛が抜ける環境が出来上がっている状態。

頭皮トラブルを無視して、薬だけで治療するとどうなるのかな?

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンと酵素が結びつくことによって発症するので、これを防ぐ薬によって脱毛症を抑えることができる。しかし、抜け毛症状が始まってしまっている場合の頭皮はAGA以外のトラブルを抱えている。つまり、育毛環境がよろしくない状態になっていることが多い。

抜け毛症状がすべて男性ホルモンによるものではない。頭皮の状態が良好であれば、健康な髪の毛を育むことができるし、栄養状態が良ければその分丈夫な髪も毛に育つことができる。

薬だけの治療をした場合、男性ホルモンと酵素の結びつきによって起きる脱毛症状自体は緩和することができる。それだけで脱毛症状が改善する人も多い。

けれど、薬の投与を止めると再度脱毛症状が再発してしまい、せっかく生えてきた髪の毛も次第に抜けてしまう。

つまり、治療が完了しても、薬を止めると脱毛症状が起きるため、薬の投与がやめられない状態となってしまう。

薬は有効ではあるけれど、長期の投与は腎臓や肝臓、心臓に負担をあたえ、思わぬ病気を誘発してしまう恐れがある。

そうなってしまえば、AGA治療薬は飲めなくなるし、健康状態も悪いという。ハゲと病気の体になってしまう。これではいけない。

男性にハゲが多いのはAGAだけが原因ではない。男性は女性に比べて皮脂を多く分泌してしまう。これは男性の体質的なもの。

頭皮は体の中でも特に汗や皮脂を多く分泌する箇所で、不潔になりやすい場所である。頭皮環境が不潔の状態だと毛穴に汚れや脂が詰まり、固まってしまう。毛根と地肌の隙間を塞いだ状態になると、髪の毛は栄養を吸い取れなくなってしまうので、栄養不足でスカスカな状態になり、発育不良が起きて抜けてしまう。産毛のような細い毛が抜けるなら慢性的な栄養障害が起きているといえる。

また、頭皮が不潔というのは菌の繁殖を促してしまう要因の一つである。菌というのは雑菌やカビ(真菌)の事。

頭皮を指でこすり、脂がべったりとつくのは頭皮環境が悪い状態。指先についた脂が異臭を放ち臭いのは雑菌が繁殖している証拠。この状態はとても危険で、頭皮に湿疹ができたり、炎症やカビの侵食によって1日に200~300本もの髪の毛が一気に抜けてしまう危険を抱えている状態で頭皮の殺菌をしなくてはならない。

頭皮の殺菌には「ミコナゾール」や「オクトピロックス」といった殺菌成分が含まれているシャンプーを選ぶと良い。また同時に「グリチルリチン酸カリウム」、「カミツレ花エキス」、「オタネニンジン根エキス」などの抗炎症成分が含まれているとなお良い。

頭皮を清潔に保つには毎日寝る前にお風呂でしっかり頭皮を洗うことが必要不可欠。シャンプーの種類にも気を付けたい。シャンプーはアミノ酸系シャンプーを選ぶこと。アミノ酸系シャンプーは洗浄力は悪いが頭皮を健康な状態に導きやすい。真剣に髪の毛の事を考えるのなら、スカルプDやMARO17やその他の育毛シャンプーを選択したいところ。

頭皮に菌が繁殖して炎症がひどい場合には、殺菌効果のあるメディクイックHやコラージュフルフルを使用すること。

しかし、殺菌成分であるミコナゾールは男性ホルモン生成阻害が起きるといわれて、体内に入ると生殖器異常が発生するリスクがある。皮膚からの吸収は極めて低いといわれて安全性に問題はないが、心配な人は頭皮環境が改善次第、育毛シャンプーに切りかえる事をおすすめする。

頭皮環境も整えることによって、より早い薄毛治療の改善がみられるようになる。

ハゲの治療をするときの基本的な考え

妻ちゃん
妻ちゃん

髪の毛はヘアサイクルという、生えて⇒成長して⇒抜けて⇒生えてを繰り返している。

この「生える数」と「抜ける数」の力関係がとても重要なんだよ。

ハゲ治療のポイントは 抜け毛<発毛 の状態を作る事。

極端な話、1日に500本という大量の髪の毛が抜けようが、1日に501本生えればハゲにはならない。

薄毛症状に悩んでいる人は「一日生えてくる髪の毛」より「一日に抜ける髪の毛」の方が多い人である。

男性型脱毛症(AGA)の薬というのは主に2種類ある。

1つはプロペシアこれは1日に「抜ける髪の毛を減らそう」という薬。
脱け毛↓(プロペシア)<発毛 という状態に持っていきたいのだけれど、人によっては効果が不十分でプロペシアで脱毛症状を抑えてもまだ抜け毛の方が多い人がいる。

脱け毛↓(プロペシア)発毛
プロペシアで脱け毛を抑えてもまだ改善しない。

そこで2つめの薬ミノキシジルがでてくる。これは「髪の毛を生やそう」という薬。

脱け毛↓(プロペシア)発毛↑(ミノキシジル)
プロペシアで脱毛を抑えミノキシジルで発毛を促し、脱け毛より発毛が上回る状態に持っていきたい。

大抵の人はこれで男性型脱毛症の改善がみられるが、中には効果が実感できない人がいる。それは、プロぺシアとミノキシジルを使ってなお、抜け毛の方が多い人である。

薬を使っても改善しない人
脱け毛↓(プロペシア)>発毛↑(ミノキシジル)
プロペシアで脱毛を抑えミノキシジルで発毛を促しても、まだ脱け毛の方が多い状態。

薄毛治療薬を使っても改善しない人は男性型脱毛症以外の問題を抱えているということ。それは頭皮環境の悪さであったり、栄養不足、血行不良、睡眠不足などがあげられる。

頭皮環境の改善

妻ちゃん
妻ちゃん

頭皮環境の改善は絶対必要だよ。

ちょっと抜け毛が気になるな?ぐらいの時はシャンプーを変えるだけで改善する人も多いよ。

頭皮環境が悪い男性は多い。男性は体質的なもので頭皮の環境が悪くなりやすいのにも関わらず。シャンプーはどれも似たり寄ったりで大差がないと思っている人は驚くほど多い。

 

それでも頭皮環境が良好に保てていれば良いけれど、もし身近に自身よりハゲが進行している人がいたら観察してしてみてほしい。

髪の毛が脂でべっとりしている。フケがスーツの肩まわりについている。頭を痒そうにしている。頭皮が赤味がかっている。頭から異臭がする。

これらの症状は頭皮環境が劣悪だと示している。実際に自分にも当てはまる症状がないか気に留めてほしい。

頭皮環境を改善するためには症状にあったシャンプーを使わなければならない。

例えば脂がべっとりとしている場合は洗浄力の強いシャンプー、フケが大量に出る場合は洗浄力の弱いシャンプー、頭に炎症が起きている場合は抗炎症作用があるシャンプー、頭から異臭がする場合は殺菌作用のあるシャンプーといった感じ。これらの問題を一つにまとめたシャンプーがスカルプDなどの育毛シャンプーである。

頭皮に特に問題がなかった今までならメリットなど安価なファミリー用のシャンプーでも良いが、抜け毛症状という問題が発生している状態なら目的に合ったシャンプーを選択する時期にきている。

というのも年齢を重ねる毎に体の代謝が低下するため、ある日を境に今まで常用していたシャンプーでは刺激が強くなることもある。体調に合ったシャンプーを選ぶことは必要な選択である。

個人で使用する場合、シャンプー1ボトルで約2か月分の容量がある。スカルプDの定価はシャンプーとコンディショナーのセットで7800円とシャンプーとしては高価ではあるけど、ハゲる悲しみと比べて1日あたり130円が釣り合うかどうかは個人の見解による。MARO17なら半額ぐらいに費用を節約することができる。リンス不要のシャンプーなど、もし、値段と効果のコストパフォーマンスを追求したい場合はその他の育毛シャンプーを探してみるのも良い。

髪の毛の栄養不足

妻ちゃん
妻ちゃん

髪を作るのも、育てるのもやっぱり栄養が必要。無理なダイエットで髪の毛が抜ける女子がいるんだけど、それは栄養失調で髪の毛まで痩せてしまうせいなんだよ。

インスタント食品ばっかり食べてたらダメだぞ。

髪の毛には海藻類を食べなさいとよく言われる。これは髪の毛の素である毛母細胞を活性化させる働きをする甲状腺ホルモンの材料となるヨウ素を海藻類に多く含まれているためである。
しかしながら、海藻をたくさん食べてもそれだけで髪の毛が生えてくるわけではない。

甲状腺ホルモンに必要と言われるヨウ素はそれほど多く要求されるものではなく、意識しなくても普段の食事の中から十分な量が摂取できると言われている。逆に海藻類の食べ過ぎはヨウ素過多になってしまい甲状腺に蓄積されてしまい、甲状腺の腫れや、甲状腺の病気を誘発する恐れがあるので注意が必要。

髪の毛に特に良いと言われている栄養というのは、シスチン・リジン・亜鉛と言われている。それは髪の毛はケラチンというたんぱく質で形成されていて、ケラチンの原料に多く含まれているのがシスチンとリジンなのである。

シスチンやリジンなどを合成してケラチンを形成していくのだけど、この合成のサポートをするのが亜鉛。

だから、シスチン・リジン・亜鉛を摂取することには大きな意味がある。これらを確実に摂取するためには食事の中にこれらの栄養があるものを取り入れるよりも、サプリメントで補給してしまう方が確実でコストパフォーマンスも良い。

なら、シスチン・リジン・亜鉛をサプリメントで摂取すれば完璧か?と言われたらそういうわけでもない。

実際にはケラチンは18種類ものアミノ酸でできているし、ケラチンを合成するために亜鉛をはじめ少量ではあるけど様々なミネラル・ビタミンが必要。

ケラチンを構成する18種類のアミノ酸
アラニン、バリン、ロイシン、フェニルアラニン、イソロイシン、プロリン、
セリン、スレオニン、チロシン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アルギニン、
リジン、シスチン、グリシン、ヒスチジン、トリプトファン、メチオニン

これらの成分を一つ一つサプリメントで摂取しようとすれば大変なことであり、費用も馬鹿にならない。でもそんな心配は不要で、マルチビタミン・マルチミネラル・マルチアミノ酸がひとまとめになったサプリメントがある。

普段からバランスの良い食事がとれているのなら含有量の多い単体のリジン・亜鉛の2つのサプリメントを購入する方が良いが、毎日の食事に偏りがある場合単品のサプリよりも、マルチビタミン・マルチミネラル・マルチアミノ酸がひとまとめになったマルチサプリメントの方が良い。マルチサプリは全方面の栄養が入っている上に複数のサプリメントを購入するより費用的にも安いので個人的にはマルチサプリの方がおすすめである。

シスチンは髪の毛で最も多く使われる成分ではあるが、非必須アミノ酸といわれ体内で合成することができ常に必要量を確保できていて不足することは滅多にない。

その反面リジンは必須アミノ酸といわれ食事から取り入れることが重要なアミノ酸である。日干し魚やお肉、乳製品に含まれているが不足しやすいアミノ酸である。

単品サプリ

マルチサプリ

 

血行不良

妻ちゃん
妻ちゃん

髪の毛へ栄養を届ける血管はとても細いの。血行不良があるといくら栄養があっても髪の毛に栄養が届けることができない。

髪の毛を成長させるためには血行促進がとても重要。育毛剤なんかはこの血行促進をメインで考えて作られているよ。

髪の毛の育毛において血行というのはとても重要である。育毛剤というものは主に血行促進を目的としたものである。育毛剤と発毛剤は分類わけされているので購入の際は気をつけてほしい。

育毛剤は髪の毛の成長を促し抜けにくくするもの、発毛剤はその名の通り新しい毛を生やすもの、発毛剤の成分には最低限ミノキシジルが配合されているものを選ばないと効果は期待できない。

発毛剤は必ずミノキシジルが配合されているものを選ぶこと。

血行改善の為にできることは頭皮のマッサージ、体を温める、育毛剤で血管の拡張を促すなどがあげられる。

頭皮マッサージはツボ押しやもみ込みなど色々と方法はあるけど、自身でやる場合はどうしても技術が必要になってくる。それにマッサージ自体が大変だと続かないもの。なのでヘッドマッサージ器具を使って欲しい。

理由は、手軽にマッサージすることができる上に、気持ちがいい。つくり自体はシンプルなので値段もお手頃なのも良い。その証拠に愛用している人は多くAmazonでもレビューが多く寄せられている。

器具を使わないで自身でマッサージをしてしまうと力の加減次第では頭皮を痛めて余計に悪化させてしまう事があるので、もし、器具に頼らない場合ちゃんとヘッドマッサージの仕方を勉強してから行う事。

しかし、他者に施すなど理由がない限り勉強するより、ヘッドマッサージ器具を購入してしまうか美容室でヘッドスパを受ける方が効果は確実ではある。

ヘッドマッサージ器具を使っている人は育毛目的の人は少数で、主な目的は頭痛の解消、コリの改善、ストレス解消、質の良い睡眠などである。もし、これらの悩みがある場合は特にお薦め。

肩こりがひどいのも髪の毛が抜ける原因となる

妻ちゃん
妻ちゃん

頭へ血液が流れるためには必ず首を通る。首回りの肩こりが酷いとそこから血行不良が起きていまうの。肩こりが原因の抜け毛があるんだよ。

血液の流れは肩から首を通って頭へと流れる。肩こりがあると血液の流れが滞り頭の血行も悪くなる。

一時的な肩こりなら問題はないけど、慢性的な肩こりは問題である。肩こりは自分で揉んでもなかなか治せるものではないし仕事の疲れも相まって悩んでいる人も多いのではないではないかと思う。

整体やマッサージで治療を受けるにしても月に1~2回の施術では肩こりは治りにくいのでセルフケアも大事である。

自宅でマッサージを行うとすると、マッサージチェアやマッサージクッション、もしくは電気治療器を選びがちだけど、肩こりに関してはハンディマッサージャーが特に効果的。

肩のコリを解消するには肩の痛みを取ること、肩の筋肉と首筋の筋肉をほぐすこと、肩回りの血行を良くすること、リンパの詰まりを解消することしなければないない。

これを器具を使わないでやろうとすると、肩と首筋に蒸しタオルを当てて体温を高めて血管を広げて血行を良くする。筋肉を揉みほぐす。皮膚の表面をさすりリンパを流す。というようにしなければならない。

鎖骨のあたりにはリンパの最終ゴール地点があり、体中の老廃物が集まっておりとても詰まりやすい。肩こりがあると全身の疲労感が抜けないのはこのため。

リンパにはリンパ液が流れており、体から排出される不要な物質・老廃物を受け取り体外へ排出しようとする働きがある。

逆に血液は体に新鮮な栄養を届ける役割がある。このことから血液は上水管、リンパは下水管といったセットとして考えられることもある。

肩の筋肉だけを揉みほぐしても、筋肉から排出された老廃物がうまく流れなければ、疲れはとれず、コリも解消できない。

リンパマッサージは肌の上で手を滑らせて行うので、オイルやマッサージクリームを使って施術するのが一般的。人に施術してもらう場合は問題ないのだけど、自分で自身をマッサージするのはどうにも困難である。

その点、ハンディマッサージャーを使えば下準備も技術も労力も不要で気が向いたその時に気軽に行うことができるのが利点。効果も他のマッサージ器具より高いので肩こりにはぜひ活用してみてほしい。

血行不良があると、良質な栄養を摂っていても髪の毛まで届かない問題があるため、改善は必須。

睡眠不足による成長不良

妻ちゃん
妻ちゃん

髪の毛は睡眠しているときに栄養を蓄えて成長するよ。

1日の睡眠は8時間が良いと言われているけど、仕事に忙しくしていたらどうしても睡眠時間は削ってしまいがちになってしまうもの。

しかし、睡眠は髪の毛にとってとても重要なので育毛の事を考えたら睡眠時間はしっかりと確保しておきたい。

なぜなら髪の毛は寝ている間の成長ホルモンが分泌される時に栄養を蓄えて成長する特性を持っているから寝ないと栄養補給ができない。

寝る前に頭皮を洗い清潔にした方が良いというのも、寝てる間の栄養補給の時間に毛穴を皮脂で詰まらせていたら栄誉を吸い出すことができなくなるため。

髪の毛が一番成長できるのは成長ホルモンが多く出る時間帯の22~2時の間の睡眠だと言われている

どうしても睡眠時間を削らないといけない場合でも22時に寝て4時に起きるなど対処できるのなら問題はないとも言える、でも睡眠時間は変わらなくてもそういった生活リズムが体に合わない人もいると思われる。

人間の体は生活においてある程度のパターンが決まっている。いわゆる生活リズムというもの。大体この時間に起きて、この時間には寝るというリズムを体は記憶しているので、そのリズムを保つと体は自律神経をその通りにON・OFFに切り替えてくれる。

マズいのは不規則な生活毎日寝る時間がバラバラであったり、日勤と夜勤の切り替えが頻繁にある仕事だと体調不良に陥りやすい。不規則な生活を送っているとうつ病に発症しやすいばかりか、寿命も短くなる傾向にあるというデータもでている。

髪の毛と体の健康の事を考えたら出来る範囲での生活のリズムというものを確立しておきたい。

また睡眠の質という観点でも考えてもらいたい。今日は睡眠が浅かった、今日はぐっすり眠れた。という体験は誰にでもあると思う。睡眠の質に関しては自律神経が関与している。睡眠時にリラックスモードである副交感神経が優位の状態に持っていけるかで睡眠導入に差が出る。

体がストレス状態にある場合この神経のON・OFFが正常に働かくなってしまう。

質の高い睡眠を得るためには適度な運動をというものがあるが、これは運動によって体が疲労し、体を休憩モードに移行しようとするのがちょうど、睡眠導入時の副交感神経が優位の状態と同じであるから。

つまり、質の良い睡眠を得るためにはベッドに入った時に体をいかにリラックスすることができる環境にあるかというのがひとつのポイントである。

睡眠の質を確保するために寝具にこだわる人もいる。人間に推奨されている睡眠時間は8時間、1日の1/3というのは少なくない時間である。睡眠時間を快適に過ごす事は日中の活力につながるので寝具にこだわるのは当然ともいえる。

寝つきが悪いなど睡眠障害が起きている人は枕まくらひとつでも変えてみるのもいいかもしれない。

睡眠障害が起きている人は寝ようと思っても寝れなくて辛い毎日を過ごしている。不眠症状によってただでさえ少ない睡眠時間を寝付けないという理由でガリガリ削られてしまっている。重度の症状の場合病院から睡眠薬が処方される。一時的な不眠症であればドラッグストアにてドリエルなどの睡眠改善薬を購入することができる。ちょっと寝つきが悪いな、睡眠の質が悪いなという場合には睡眠補助のサプリメントで対処することができる。

睡眠の質を上げたい場合、グリシン・テアニン・GABA・トリプトファン・バレリアンなどのリラックスを導くものを摂ると良い。

グリシンは睡眠アミノ酸とも言われていて深い眠りに導く効果がある。

テアニンは緑茶などに含まれる成分で興奮を抑えるリラックス成分。神経に働きかけ気持ちをリラックスさせてくれるのでスムーズな睡眠に入ることができる。

GABAは抗ストレス成分、ストレスを受けた状態から改善する効果がある。休んでも疲れが取れないと言った睡眠の改善に効果がある。

トリプトファンは幸せホルモンといわれるもの、充足感を得る効果がある。

バレリアンは植物の一種。睡眠改善に効果がる薬草。睡眠が浅い、睡眠導入時に緊張して肩の凝りが気になるなどの場合に良い。

それぞれが単独でサプリメントとして売られているが、どうせなら複数の成分が含まれているものを選ぶと効果が重複してよりよい睡眠が得られる。

自宅で薄毛治療をするまとめ

妻ちゃん
妻ちゃん

薄毛治療に何が必要かまとめていくよ

男性型脱毛症(AGA)を確実に治すためにはどうしても薬の力が必要になってくる。

 

しかし、AGA治療薬はドラッグストアでは販売されてなく、基本的には病院で処方されるものである。

では、AGA治療薬を購入するためにはどうすれば良いかというと、AGA治療薬の個人輸入に頼るしかない。

なじみがない人には個人輸入と聞くと違法性があると勘違いする人もいるが個人で使用する分には国も許可しているのでなんの問題もないから安心して大丈夫。

ただ、個人輸入した薬を国内で販売するのは違法なのでメルカリなどに出品するのはダメだし、友達に無料で譲渡するのもダメである。あくまで海外から購入した薬を自分で使用する分はOKという意味。

薬の個人輸入にはオオサカ堂を利用すると、楽天やAmazonと同じ感覚で購入することができる。

 

AGA治療薬は「プロペシア」と「ミノキシジル」のふたつを使用すると相乗効果が得られる。

 

「プロペシア」が活性男性ホルモンによる抜け毛を防止する薬。
「ミノキシジル」は高血圧治療薬で血管を広げて血圧を下げる薬なのだけど、副作用で毛が生えてくることがわかり、現在では発毛の薬としても認知されている。飲み薬と塗り薬がある。

薬は海外から輸入することができるが、使用する場合は自己責任となる。もし、薬の副作用が怖い場合は素直に病院の診察をうけ処方箋という形で手に入れる事。

病院では最初はプロペシア含有量は0,2mgから使用して副作用がでないか様子をみるのが一般的である。病院の費用は月15,000~30,000円これは1ヶ月分のAGA治療薬が保険適応外であるため(プロペシア28日分7,500円+消費税)。診察と検査とプロペシアだけの処方で15,000円、ミノキシジルも併せると25,000円を目安に見積もると良い。

個人輸入する場合も購入する薬は1mgとなっている。個人で使用する場合は最低でもまず半分にカットして0,5mg使用してみて息苦しいなどの副作用がでないか試めすこと。副作用がでる場合は使用を中止するか、薬を更に半分にカットして0,25㎎に調節して様子をみること。(可能であれば最初から1/4にカット(0.25㎎)して様子を見る方が堅実)プロペシアで副作用がでる人は全体の4%ほどだと言われている。数日様子をみて副作用がでなければ1錠をそのまま服用

ミノキシジルはタブレットタイプの5㎎を購入。これも最初は半分にカットしてから使うことで副作用がでるか確かめること。

AGA治療薬は3ヶ月を目安に効果の有無を確認するため、100錠タイプのものを選ぶとよい、海外からの発送になるので手元に届くまで2~3週間ほどかかる。


AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品

フィナステリド1mg配合

キノリンイエローフリー

30錠

詳細をチェックしてみる

 

フィナロイド&ミノキシジル

AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品とミノキシジルタブレットタイプのセット

フィナロイド 1mg 100錠

ミノキシジル 5mg 100錠

詳細をチェックしてみる

ミノキシジル(外用タイプ)の育毛剤

男性専用の育毛・発毛剤

アメリカ製

(プレミアムシリーズの+αにはAGA治療薬を配合のものがあります。AGA治療内服薬と成分が重複するので同時の使用は控えてください)

詳細をチェックしてみる

薬を使いたくない場合

AGA治療薬を使いたくない場合は効果は落ちるがその他の成分で代用するしかない。男性型脱毛症(AGA)の原因は男性ホルモンと酵素が結びつき活性化することにある。AGA治療薬はこの結びつきを妨害することにある。プロペシアの代わりに期待できる成分がノコギリヤシに含まれていると言われている。

ミノキシジルの代用はキャピキシル。その効果はミノキシジルの3倍ともいわれている。これらの成分は育毛剤に含まれているので、ミノキシジルタブレットを服用できない場合は育毛剤で試してみよう。

薬を使いたくない場合は ノコギリヤシ+育毛剤

 

頭皮環境の改善

頭皮が脂っぽい、フケが多い。かゆみがある。毛穴が詰まっているなど頭皮トラブルがあると髪の毛は健康に育つことができないので頭皮環境の改善は必須事項。

頭皮環境の改善は寝る前にきちんとシャンプーで頭皮をきれいに洗う事それだけである。

30歳を超えると代謝が落ちて、強い洗浄力のシャンプーだと刺激になってしまうようになる。高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強いのでアミノ酸系のシャンプーに切り替える方が良い。

脱け毛をはじめ、頭皮が脂っぽい、フケが多い。かゆみがある。毛穴が詰まっているなど頭皮トラブルがある場合、スカルプDやMARO17、その他の育毛シャンプーを使って頭皮環境を改善して髪の毛が生える、育つ環境を整えることが大事。

髪の毛の栄養不足

髪の毛の為の栄養

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできている。このケラチンを作る為にリジンというアミノ酸を摂取することが推奨されている。また亜鉛もケラチンを作る時の補助成分として重要視されいる。

リジンは牛肉などに含まれているが必要量を食事から摂取するのは難しいためサプリメントで補給するのが一般的。毎日三食バランスよく食べているならリジンの単品サプリメントがおすすめ。発毛時に消費するリジンをガツンと補給することができる。

食生活に偏りがある場合はマルチサプリがおすすめ。マルチサプリの中にはちゃんとリジンも含まれているし1日の必要量はちゃんと確保できる。1日に必要な栄養をほぼすべて補給できるので確実性がある。

血行不良

髪の毛に栄養を届けるためには毛細血管まで血液が十分に送り届けられる必要がある。

ミノキシジル(発毛の薬)は元は高血圧治療薬で血管を広げて血圧を下げる効果がある。血管を広げてくれるので血液の流れを促進してくれるので髪の毛に栄養を届くようになり発毛につながる。

育毛剤の主な役割も血行促進、ミノキシジルタブレットを服用している場合育毛剤を使う必要はない。
薬や育毛剤に頼らない血行促進の方法はマッサージが有効、頭は自身ではマッサージしづらい箇所なのでヘッドマッサージ器具を使用すると良い。マッサージには血行促進とリラックス効果が期待できる。

肩こりがある場合、頭への血液の流れをせき止めてしまうため早急な改善が求められる。

肩こりを改善するためにはまずは肩の痛みを和らげなければならない。肩にコリがあると痛みを発生させる成分が生成され肩の異常を体が訴える。すると、その痛みで筋肉に力が入り更にコリが酷くなり、追加で痛み成分も生成される悪循環が発生。

肩こり用の湿布やローションにはフェルビナクなどの鎮痛消炎作用がある成分が必ず含まれている。これでまずは痛みを取り除くこと。

次に筋肉をほぐして疲労物質を流していくのだが、筋肉をほぐすだけではなかなか肩のコリは解消することができない。それはリンパ液が詰まっていて疲労物質を流すことができない為。

鎖骨のあたりにはリンパ液の排出口があり、体中の疲労物質が鎖骨周辺に集まるためとても詰まりやすい。リンパ液の流れを改善するためには「揉む」のではなく「さする」マッサージが必要。

肩こりを改善するためには技術が必要となってくる。自身でケアしようと考えた場合、ハンディマッサージャーを使用して技術面をカバーしてしまうのがよい。

ハンディマッサージャーによる振動で筋肉をほぐすこともでき、リンパ液の詰まりにも効果的で一度に解消することがきる。肩こりに関してはハンディマッサージャーが一番有効的である。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足や不規則な生活は抜け毛の大きな原因。寝る時間を決め睡眠を確保しよう。寝つきが悪い、睡眠が浅いなど睡眠の質が落ちている場合は、睡眠改善薬やサプリメントを服用することで改善することができる。

男性型脱毛症(AGA)レベル

人によって症状の改善には差がある。

プロペシアのみの服用で抜け毛が止まり改善する人もいれば

ミノキシジルによる発毛が必要な人もいる。

発毛する際に栄養が不足している人、頭皮環境が劣悪で髪の毛が育たない人。その他の原因があり改善するために揃えるアイテムには差が出る。

男性型脱毛症(AGA)の治療ステージ
Lv1.プロペシアを服用
Lv2.プロペシア+ミノキシジルを服用
Lv3.プロペシア+ミノキシジル+リジン
Lv4.プロペシア+ミノキシジル+リジン+育毛シャンプー
大抵の場合LV.4までの集中ケアでAGAは改善する。
それでもなお脱毛症が進行する場合はAGA以外の問題を抱えていることが考えられる。
Lv5.プロペシア+ミノキシジル+リジン+育毛シャンプー+質の良い睡眠
Lv6.プロペシア+ミノキシジル+リジン+育毛シャンプー+質の良い睡眠+肩こりの改善
Lv7.プロペシア+ミノキシジル+リジン+育毛シャンプー+質の良い睡眠+肩こりの改善+マルチサプリ
妻ちゃん
妻ちゃん

AGA治療薬には稀に性機能の減衰がみられることもあるみたい。もし気になるって人には。

 

-性欲・活力アップサポート
血液循環に働きかけ、勃起中枢を刺激パワフルさを取り戻します。

-燃焼サポート、食欲コントロール
脂肪酸に働きかけ、燃焼をサポート引き締め作用が期待できます。

-催淫作用
自律神経系に働きかけることで、精神的なストレスやプレッシャーから開放し、心を興奮しやすい状態へと導きます。

アメリカ製

詳細をチェックしてみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました