個人輸入の目次

個人輸入目次
Google広告

個人輸入を詳しく教えて

妻ちゃん
妻ちゃん

「旦那の抜け毛がヤバい」では、個人輸入は薄毛治療関連に絞って解説しているよ。

個人輸入とは、海外で販売されている商品。ここでは薄毛治療に関する商品。

薄毛治療薬や、サプリ、育毛剤など海外で販売されている商品を個人で使用する分を輸入することを指しているよ。

個人輸入のメリットとしては、国内では販売されていないけど、海外では人気の商品をてにいれる事もそうだけど、日本製だと高くつく商品を安価で入手できてしまうのも魅力のひとつなんだ。

男性型脱毛症にとっても効くプロペシアも手に入る。

男性型脱毛症と診断を受けると、必ずと言っていいほど処方される薬が「プロペシア」なんだけど、この薬、健康保険適用外の薬なので、薬が全額負担で値段が非常に高くなってしまう。

それに、プロペシアは薬局などでは販売されていないので、入手するためには病院に通院し続かなければならないのを億劫に感じてしまう人も多いみたい。

なので、インターネット通販で簡単に手に入る事もあって、個人輸入は年々利用者がふえているよ。

人気が出てしまうのもそのはず、簡単に手に入ってそのうえ、
海外製のプロペシアだと、日本製の約半額で手にはいるし、同じ効果のあるジェネリック医薬品のフィンペシアを選べば、1/10程の激安価格で買えてしまう、これは大きいよね。

日本では手に入らない海外に人気商品も手に入る

薄毛治療で最も効果のある成分のひとつ、ミノキシジル。日本では「RiUP」に配合されている事で有名だよね。

この商品もともとは、海外の人気商品「ロゲイン」が本元なんだ。

ロゲインの他にも、ミノキシジルが15%と高配合のフォリックスなどの人気の商品も入手することができる。

ちなみに「RiUP」ではミノキシジル5%を高配合としているよ。

個人輸入のメリット
・値段が安い。
・海外の人気商品が入手できる。
よく売れている薄毛治療薬
フィナステリド・デュタステリド 製剤(AGA治療薬)
・プロペシア
・フィンペシア
・フィナロイド
・アボダート
ミノキシジル育毛剤
・ロゲイン
・フォリックス
・カークランド
・リグロースラボ

なぜプロペシアやミノキシジルがこんなにも人気なのか?

薄毛治療に関して日本皮膚科学会から、AGA治療のガイドラインが発表されていて、

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

より引用

薄毛治療において最も推奨される評価Aの方法が、フィナステリド(またはデュタステリド)の内服と、ミノキシジルの外用薬となっているため。

医師の処方もプロペシアとミノキシジルの処方が基本となるよ。

そうすると、薄毛治療は薬主体で進められることとなる。
毎月病院に通院しても、簡単な経過観察と次回までの薬の処方を受けるだけなので、通院自体を億劫だと感じたり、

同じ効果のある薬が簡単に安く手に入れることができる、個人輸入に切り替えるようになり、個人輸入の利用者が年々増加する事となったんだ。

長期的な治療になる場合は個人輸入に切り替えるメリット

病院で処方されるプロペシアの値段は1ヶ月あたり6000~7000円となり、それに加え診察料が3000円ほどかかる。

病院によって値段のバラつきはあるけど、大体1ヶ月10,000円が目安となる。

同時にミノキシジル外用薬を使う場合さらに費用がかかってしまうよね。

ミノキシジル配合のRiUPを使う場合、一本あたり6,600円ほどかかることに。

病院処方のプロペシアだと1ヶ月あたり1万円の治療を1年続けるとなると年間12万円となるが、オオサカ堂の個人輸入でプロペシアを購入すれば、送料無料なので1ヶ月あたり最安値だと4200円程度で入手することができる。

つまり、個人輸入を活用することによって、病院処方プロペシアとほぼ同額の値段で、プロペシアとミノキシジルの両方が購入できる。

更にプロペシアのジェネリック医薬品である、フィンペシアやフィナロイドなどを選べば、更に値段を抑える事も可能。

ジェネリック医薬品のフィナロイドなら、プロペシアの1/10の値段まで抑えられるよ。

これにより、病院での継続した治療が困難、または負担になっている場合でも、個人輸入に切り替える事によって負担も少なく継続して治療することができる。

妻ちゃん
妻ちゃん

1年計算で5万円~10万円の費用節約できる。

個人輸入での購入方法は簡単で、Amazonや楽天で購入するとの同じである。違う点は海外からの発送となるため届くまでにそれなりの時間がかかる事と、薬なので一度に大量の注文ができないこと。

オオサカ堂のHPから購入するなら、ホームページは全て日本語で書かれていて、複雑な購入手続きや英文によるやり取りは一切ないので安心して購入できるよ。

プロペシアを個人輸入で購入することによる費用削減
プロペシアについて 海外から個人輸入で購入できるプロペシアは4種類。 そのすべてがアメリカに本社を置くメルク社(MSD)が製造販売しているが、製造工場がプエルトリコ・ニュージーランド・イタリアとなっている。 また、それぞれ...
フィンペシアの安全性と購入にあたって
フィンペシアとは フィンペシアとはプロペシアのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社であるシプラ社が製造しているもの。 フィンペシアはジェネリック医薬品という事もあってプロペシアよりもかなり値段が抑えられているのが特徴だよ。...
フィナロがこんなに安いのはニセモノだから?
フィナロは安いがちゃんとしたジェネリック医薬品 フィナロはインドの製薬会社Intas Pharmaceuticals社が製造しているAGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品。 有効成分であるフィナステリド1mgとプロ...
フィナロイドが人気が出た理由
フィナロイドとは フィナロイドとはフィリピンのロイドラボラトリーズ社が製造しているAGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品。 ロイドラボラトリーズ社は世界各地に支店を持つ製薬会社で認知度も高く、商品品質と高いと好評の...
ザガーロとプロペシアの違いってなに?
ザガーロとプロペシアって何が違うの? ザガーロとプロペシアは両方ともAGA治療薬として使われている医薬品です。 AGAにはⅠ型とⅡ型のタイプがあります。 プロペシアはⅡ型にのみ効果を発揮するのに対して、 ザガーロ...

 

 

ミノキシジルって育毛剤と飲み薬とあるけど安全?
ミノキシジルってどんな薬? ミノキシジルはもともと高血圧症の人に処方されていた薬で、血管を拡張して血圧を下げる事を目的とした薬だった。 しかし、副作用の部分で多毛症(毛が増える症状)が判明してからは、薄毛治療薬として使われる...
育毛剤のリアップとロゲイン使うならどっちがいいの?
ロゲインとは 日本で有名な育毛剤リアップと海外のロゲインという育毛剤がよく合わせて紹介されている。 では、どちらを選べばいいのか?迷ってしまうが実は中身はほぼ同じの商品でどちらを選んでも効果に差はない。 ロゲインの日本...
ミノキシジル高濃度のフォリックスは危険?
フォリックスとは フォリックスはアメリカのサファイアヘルスケア社が製造するミノキシジル配合の育毛剤。 ミノキシジルの配合率が高い事で有名な育毛剤。 フォリックスはミノキシジルに加え、フィナステリドやアデノシンなど様々な...
カークランドの激安ミノキシジルはコストコで買える?
カークランドミノキシジルとは カークランドミノキシジルはアメリカのコストコから販売されているロゲインのジェネリック医薬品で、ミノキシジル5%配合の育毛剤。 コストコは日本でもおなじみとなった激安のスーパー。 しかし、カ...
リグロースラボは使い分けができる高品質低価格の育毛剤
リグロースラボとは リグロースラボはサファイアヘルスケア社製造のミノキシジル配合の育毛剤。 サファイアヘルスケア社はフォリックスを製造している事で有名な会社 フォリックスは最強の育毛剤と言われるほど様々な成分とミノキシ...
爆毛根は頭皮への浸透をとことんこだわった育毛剤である
爆毛根とは 爆毛根はDSヘルスケア社というアメリカNASDAQ上場している力のある会社で、子会社のポラリスリサーチラボラトリーズはかつて育毛剤人気No.1だったポラリスの製造メーカーとして有名。 ポラリスとは ポラリス...
女性にも使えるミノキシジル配合の育毛剤はどれがいいの?
女性にも効果のあるミノキシジル ミノキシジルは発毛効果が高いことが有名な医薬品。薄毛治療には男性にも女性にも使われている。 ただし、男性用のミノキシジル濃度は5%なのに対して、女性用のミノキシジル濃度は1~2%が良いとされて...
タイトルとURLをコピーしました