ミノキシジルって育毛剤と飲み薬とあるけど安全?

ミノキシジルって安全?個人輸入
Google広告

ミノキシジルってどんな薬?

ミノキシジルはもともと高血圧症の人に処方されていた薬で、血管を拡張して血圧を下げる事を目的とした薬だった。

しかし、副作用の部分で多毛症(毛が増える症状)が判明してからは、薄毛治療薬として使われるようになり、有名となった。

ミノキシジルには血管の拡張効果があり、血流を改善する効果がある。

頭頂部は皮膚を動かす筋肉がなく、皮膚が動かない為、硬くなってしまったり、それにより血行が悪くなってしまうなどの症状が起きやすい。

髪の毛へ栄養を運ぶためには、毛細血管というとても細い血管を通す必要がある。毛細血管はとても細いため、血流が悪いとすぐに詰まってしまう。

つまり、髪の毛の成長の為には血液の流れが重要となる。

しかし、頭頂部には何重にも血液の流れを悪くする要因があり、それでヘアサイクルの乱れが生じ脱毛症になってしまう。

その点、ミノキシジルは薬の作用により、血管を拡張して強制的に血流を改善。その結果髪の毛の成長に絶大な効果がある。

ミノキシジルは薄毛治療に効果絶大の育毛成分である

ミノキシジルは血流改善によって髪の毛に良い作用が働く
・発毛作用
・毛母細胞の成長促進
・髪の毛を太くする
・髪の毛が早く伸びる
・女性にも発毛効果がある

AGA薬のプロペシアは男性ホルモンに働きかける薬の為、女性には使えないが、ミノキシジルは血管拡張効果による発毛促進なので女性にも使う事ができる。

ミノキシジル配合の薬はどのような商品があるか?

AGAクリニックでは、その人の体調や本当にAGAであるかなどの診察をしたうえでミノキシジルを処方する。医師が処方するのは外用薬(育毛剤)である。

発毛剤として初めて一般的に販売されたのは外用薬(育毛剤)のロゲインという商品名でファイザー製薬から発売された。

日本では、大正製薬からリアップという商品名の育毛剤で販売されている。最近では女性専用のリアップジェンヌという商品も発売され、男女共に需要が高まっている。

日本では現在飲み薬タイプのミノキシジルは販売されていないが、海外では一般的に流通しており、海外からの個人輸入という形で日本でも手に入れる事ができる。

しかし、医師はミノキシジルを飲み薬として使用した場合、副作用がどのような結果に結びつくか予測が立てられない為、塗布薬として使用することを推奨している。

ロゲイン

海外で人気のミノキシジル育毛剤

ロゲイン

 

 


ミノキシジルタブレット

ミノキシジルの飲み薬タイプ

飲み薬タイプは効用が高い反面、副作用のリスクも高いため、日本では推奨されていません。

 

 

 

医師が心配するミノキシジルの副作用とは?

薄毛治療

ミノキシジルは薄毛治療に最も効果的な薬のひとつだけど、効果の高い薬には副作用がある。では、一体どのような副作用があるのか?

・めまい
・頭痛
・頭皮や皮膚のかゆみ
・発汗
・動悸
・肝機能疾患
・妊娠への影響
・むくみ
・体毛が濃くなる
・肌荒れ
・倦怠感

めまい

ミノキシジルは血管拡張作用があり、血管が拡張されることにより、血圧が下がる。

血圧が下がりすぎた場合、低血圧の症状がでてしまい。めまいを生じる恐れがある。

頭痛

ミノキシジルの血管拡張作用で、血管の近くの神経を圧迫することによって頭痛が起こる可能性がある。

頭皮や皮膚のかゆみ

外用薬(育毛剤)によるかゆみは、ミノキシジル自体が起こしているわけではなく、プロピレングリコールという物質に対するアレルギー反応の為に引き起こされる。

ミノキシジルによって起こる痒みは、血管拡張によって毛細血管まで拡張され血流が良くなることでムズムズと痒みを感じることがある。

発汗

ミノキシジルによって血流が改善されることによって体温が上がることがあり、体温調節のために発汗が生じる事がある。

使い続けていると、次第に体内の調整機能も順応してきて発汗は少なくなっていく。

しかし、発汗が長期間に及び続く人は、ミノキシジルが他の臓器の負担となっている事があるので、医師の診察を受けて、問題がないかを確認しよう。

動悸

ミノキシジルによって血管が拡張されると血流量がおおくなる。

血流が良くなることで、普段より心臓に多くの血液が流れ込むため心臓が活発に動く、これにより動悸が生じる恐れがある。

肝機能疾患

ミノキシジルは薬なので体内に取り込むと肝臓が、化学物質であるミノキシジルを分解しようと働きかける。

肝機能が正常な人には問題ないが、普段からアルコールを過剰に摂取したりして、肝臓が疲弊状態にある人は、ミノキシジルが追い打ちとなり、肝機能の悪化を招く恐れがある。

妊娠への影響

ミノキシジルの限らず、薬全般に言えることだけど、

妊娠すると母体と胎児はへその緒で繋がっていて、母体から栄養を胎児へと送り込んでいる。

この時、薬を服用していると、薬の成分も胎児へ流れてしまう。薬の成分がどのように悪影響を与えるのかは予測できない部分なので、

妊娠中や妊娠を望む女性はその期間中の使用を控えた方が良いとされている。

むくみ

ミノキシジルの血管拡張作用により、血流が良くなると、毛中濃度がさがる。

すると、体は毛中濃度を元に戻そうと働きかけ、細胞に水分を排出する。

これにより細胞に余計な水分が溜まる事になり、むくみが引き起こされる結果となる。

体毛が濃くなる

これは、ミノキシジルが薄毛治療薬として使われるようになった要因である。多毛症という副作用。

これは、飲み薬タイプのミノキシジルを服用することにって起きる。全身の毛が濃くなる現象。

髪の毛のみならず、まつ毛や腕の毛、すね毛など体毛が濃くなる。

一部の女性のはミノキシジルの塗布薬をまつ毛に塗って意図的に濃くする人もいるとか。

肌荒れ

ミノキシジルは血流を良くする作用があるので、その毛か細胞分裂が活性化する。

細胞の活性化によって皮脂も普段より過剰に分泌されるため、その皮脂によって毛穴が詰まると、肌荒れを起こしてしまう。

倦怠感

低血圧の人は朝が起きれないというように、低血圧状態になると眠気を伴う事がある。

ミノキシジルは血圧を下げる効果があるので、それによって倦怠感を感じる場合がある。

ミノキシジルを使い始めるとどんな事が起きる?


ミノキシジルを使い始めると最初の1ヶ月は体の不調に悩まされる人が一定数いる。それは副作用が現れてしまうため。

しかし、段々と体が適応してくると副作用は気にならなくなってくる。

そして、ミノキシジルを使う人が真っ先に臨むのは髪の毛が増える事のはずだけど、

薄毛が進行して、髪の毛が細くなってしまっている人は、ミノキシジルを使う事によって初期脱毛という、改善前に髪の毛が抜ける量が増え悪化するという症状が現れることがある。

通常一つの毛穴から3本くらいの髪の毛が生えているのだけど、薄毛症状が進行して髪の毛が軟毛化してる場合、

ミノキシジルによって新しく生えてくる髪の毛に追い出される感じで、もともと生えていた髪の毛が抜けてしまう現象が起きてしまう。

抜けてしまう髪の毛はもともと弱っていた髪の毛なので、近い将来抜けるものではあるが、それらが一気に抜けてしまうため、ミノキシジルの使用したら薄毛が進行してしまったと錯覚する。

しかし、この落ち幅が大きい人ほど、新しい髪の毛が生えてきている証拠なので改善も早い。

抜け毛が増えてびっくりしてしまうかもしれないが、頑張ってまずは3ヶ月ミノキシジルを使い続けること。

糖尿病の人はミノキシジルの服用には注意が必要

 

ミノキシジルの副作用のひとつにインスリンの分泌を抑制する作用がある。

糖尿病の人はインスリンが出にくくなっているため、インスリンの注射なので対処している。ただでさえインスリンが足りていないのにミノキシジルによってインスリンの分泌が抑制されると症状の悪化につながってしまう。

ミノキシジルの服用を控えなければいけない人
・高血圧・低血圧の治療を行っている
・腎臓病の持病がある
・肝臓病の持病がある
・膠原病や自己免疫疾患の疑いがある
・糖尿病やその予備軍
・他に薬の服用をしている場合は注意

高血圧・低血圧の治療中

ミノキシジルは血圧を上げる作用があり、薬の作用が重なり良くない。

急激な血圧の変動でショック症状が起きたり、気絶してしまう危険がある。

腎臓病の持病

血管が拡張され血流が増えると、多くの血液が腎臓の弱っている血管にも流れ込むことになる。

そのため、腎臓の血管を破裂させる可能性がある。

肝臓病の持病

ミノキシジルは薬であり、体内に取り込まれると分解しようと肝臓が働きかける。

肝臓が弱っている人は負荷が増える事によって重篤な障害を引き起こす可能性がある。

膠原病などの自己免疫疾患

免疫力が低下している状態でミノキシジルを使うとどのような副作用が生じてしまうか予測がつかない。

使用したい場合は、医師の監察のもと要相談。

糖尿病の人

ミノキシジルはインスリンの抑制効果があるうえ、腎臓や肝臓に負担をかける可能性が高いものなので使用を控えること。

他に薬の服用をしている

薬には作用と副作用がある。例えば鎮痛薬には胃が荒れるという副作用がある場合、胃の荒れを抑えるくすりを同時に処方することがある。

飲み合わせによって副作用を抑える場合と、強める場合とがある。

ミノキシジルが他の薬にどのような作用を与えてしまうかは判断がつかないため、使用したい場合は、今処方している主治医に相談する事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました