毛根を太く!産毛を育毛して抜けない髪の毛へ

毛根を太くみんなの抜け毛がヤバい
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

産毛を育てて毛根から太く抜けない髪の毛にしよう

薄毛症状の進行状態で最も危惧される抜け毛が産毛のような細い髪の毛である。

 

産毛のような髪の毛が抜けるという事は成長阻害が起きており、ヘアサイクルが乱れ、発毛した髪の毛が十分に育つことなく抜け落ちてしまう事意味している。

 

発毛から脱毛までの期間がとても短くなってしまっているので薄毛の進行が速いので早急な対策を要する。

 

産毛のような髪の毛が抜けてしまうというのは危機感を持つべき症状ではあるが、逆を言えばまだ産毛が発毛しているとも考えることができる。

 

毛母細胞が生きており、発毛しているのならまだまだ挽回する機会は残されている。

 

実は毛母細胞が死滅してしまってからでは、髪の毛を発毛することができなくなるので、育毛剤や発毛剤、薬などを用いても髪の毛が増えることはない。

だとすると、髪の毛の生命力がある内に対処して髪の毛が回復する環境を整えるべきなのである。

 

今回の記事では産毛の脱毛を抑え、発毛を促すポイントを押さえていきたいと思う。

抜け毛の状態を把握する

産毛のような髪の毛のほかに、脱毛してしまった太い髪の毛の毛根の状態も確認しておきたい。

・毛根が黒い
・毛根に皮脂がついている
・毛根がない(細く尖っている)
・毛根の一部細く尖るなど、いびつな形をしている

・毛根が黒い

抜け毛の初期の段階で原因の判定は難しい。育毛剤で改善できることが多い。

・毛根に皮脂がついている

皮脂が原因で抜けてしまった髪の毛。シャンプーの見直しも視野に。

・毛根がない(細く尖っている)

強いストレスがかかったことが考えられる。過度のダイエットをしている場合も同様な抜け方をする。

・毛根の一部細く尖るなど、いびつな形をしている

外部から力が加わったか、新しく生えてきた髪の毛に異常があり、

くっついて抜けてしまうパターンが考えられる。生活習慣の見直しが必要。

 

産毛の脱毛に加えてこれらの症状が見受けられる場合それに合った対策も同時進行で行うこと。

産毛の脱毛を防ぐためにはどうしたらいいか

産毛と言われる発毛したばかりの毛は、毛自体が細いので毛根も同じく小さい。

そのため外から力が加わることで簡単に抜けてしまう。

本来なら周りの育った健康的な髪の毛がクッションの役割を果たして、

産毛を刺激から守っているものだけど、

薄毛になりつつある毛髪ではそのクッション性も低下してしまっている。

 

そのため、育毛の為にと頭皮をマッサージするのは逆効果を引き起こしてしまうので、

産毛が生えている箇所の刺激は極力避けるようにしなければならい。

 

シャンプーも洗浄力が強い物は避け、洗浄力がマイルドなアミノ酸系のシャンプーを使うように、これから購入するなら育毛シャンプーを選んでおくと間違いがない。

洗い方も力を入れずに頭皮全体をさするように優しく3分を目安に時間をかけて丁寧に洗おう。

 

髪の毛が抜けてしまうからと中途半端な洗い方だと、毛穴に詰まった皮脂汚れの洗い残しにより、栄養阻害が起きてしまう。

 

シャンプーを簡単に済ませてしまうのは頭皮環境の悪化を招き抜け毛を促進させてしまうので注意しよう。

産毛を丈夫な髪の毛に育てるためにはどうしたらいいか

抜け毛予防サプリメント

産毛を成長させるためにはヘアサイクルを正常に戻さなければならない。

 

産毛が抜けるという症状は、髪の毛が成長する段階に異常があり、うまく育たないが為に抜けてしまう。

 

つまり、現状では髪の毛が育つ環境が出来上がってない事を示している。

髪の毛が育つ環境を整えるためにすること
・頭を清潔に保ち続ける
・髪の毛の材料となる栄養を補給する
・栄養を届けるために血行不良を改善する
・男性ホルモンが悪さをしている場合は抑制させる

・頭を清潔に保ち続ける

頭皮を清潔に保ち続けるのは髪の毛を育てる上での基本中の基本。

これをおろそかにしてしまうとどんな高価な育毛剤や薬を使おうと良い結果は期待できない。

 

頭皮を不潔な状態だとどのような悪影響が起こるのか?一番わかりやすいのが皮脂の汚れ。

皮脂汚れを放置すると異臭を放つようになる。

これは皮脂の中で雑菌が繁殖してしまっているせい。

 

雑菌が繁殖してしまうと頭皮に炎症が起き髪の毛を支えることができなくなってしまう。

 

頭皮トラブルがあるとそれだけで抜け毛の原因となってしまう。

・髪の毛の材料となる栄養を補給する

髪の毛を成長させるためには髪の毛にあった栄養が必要。

髪の毛で最も不足してしまう栄養素がリジンという必須アミノ酸。

 

必須アミノ酸とは体の中で作る事ができないので食事から取り入れるしか補給する方法がないアミノ酸である。

 

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできており、リジンはその材料である。

また、ケラチンを作る際に亜鉛が必要になるため、リジンと亜鉛の両方を同時に取る事が効果的で、大体の育毛サプリメントは亜鉛とリジン+その他の成分がひとまとめになっている。

・栄養を届けるために血行不良を改善する

いざ、栄養を補給しても、血行不良があるとその栄養を髪の毛まで届けることができない。

髪の毛を育てるためには血行促進して髪の毛に栄養を届ける事。

栄養が届きさえすれば髪の毛は育つ。

血行を促すものそれが育毛剤である。

しかし、育毛剤を使っても効果がある人、効果が出ない人に分かれる

なぜこのような個人差が出てしまうのか?

それは前段階の「頭皮を清潔にする」「髪の毛を作る栄養が補給できている」という土台ができているか、いないかの問題である。

その為、育毛シャンプー、育毛サプリメント、育毛剤がそれぞれ推奨されている理由である。

・男性ホルモンが悪さをしている場合は抑制させる

男性ホルモンによる脱毛症状をAGAというが、AGAが発症してしまった場合、男性ホルモンが毛根を攻撃して弱らせるという現象が起きてしまう。

その為、この男性ホルモンを鎮静化させることが課題になってくる。

 

男性ホルモンを抑える薬をフィナステリド製剤というが、これは病院で処方されるくすりで、ドラッグストアなどでは購入することができない。

 

では、他で代用することはできないのか?といったときに出てくるのがノコギリヤシのサプリメントである。

ノコギリヤシに含まれる成分が、フィナステリド製剤の成分と同じ効果があるのが判明している。

ただし、薬ほどの強力な効果はない。

しかし、体の負担が少ない事を考慮にいれると長期的な使用に限ればノコギリヤシの方が良い場合もある。

ノコギリヤシはドラッグストアやネットショップで購入することができる。

亜鉛・リジン・ノコギリヤシがセットになったサプリメントもあるので、バラバラに買うよりセットになったものを買う方がコストパフォーマンスが良い。

薄くなった頭部に発毛させるためにはどうしたらいいか

髪の毛のボリュームが減ってしまった時、抜け毛を抑えるだけでは回復に時間がかかってしまう。

もちろん、抜け毛を抑えることでヘアサイクルが整い自然発毛を待てば髪の毛は次第に増えていく。

しかし、薄毛になってしまった髪の毛は早く治したいというのが当然の願いだと思う。

髪の毛を増やしたいと願う場合は発毛を促す成分ミノキシジルを摂取するだけでよい。

ミノキシジルは血管を拡張する作用があり、一時的に髪の毛へ栄養を届ける毛細血管を広げてより多くの栄養を届けることができる。

血管の拡張の結果、副次作用として発毛が認められ、

薄毛治療に用いられるようになり、ミノキシジル配合の育毛剤は発毛剤として認知されるようになった。

抜け毛を予防するだけで良いなら育毛剤を使い。

薄毛対策をしたい場合はミノキシジル配合の発毛剤を使うと良い。

抜け毛治療と育毛作戦

髪の毛を育毛するためには段階を踏まなければいけないことがわかった。

産毛が抜けてしまうような現状では育毛環境は最悪な状態に近い。

このままなんの対策をしないまま放置すれば、日に日に悪化することはあれど、ある日突然症状が改善するという事はない。

必ず対策が必要である。

 

きちんと対策さえすれば薄毛は治る。

もうすでにハゲは治る時代になっている。

毎日抜け毛で気分を落ち込ませる必要はないし、薄毛の部分に髪の毛を流して隠す必要もない。

人の視線を気にしなくても良くなる。

 

髪の毛が増えれば髪型が簡単にセットできるようになる。

髪型は人の印象の7割を決めるといわれていて、健康的な髪の毛は若々しい印象を与える。

髪の毛の悩みがなくなれば、それだけ心にゆとりができる。

それは意外と大きい心の変化につながる。

誰でもハゲてる疲れた中年というような印象を自分自身に与えたくないだろう。

育毛は自分自身のための対策なのだ。

いざ抜け毛対策をしようという段階になると、どの商品を選択すればいいのか迷うもの、

実際どのような商品があるかを知らなければその選択肢も狭まってしまう。

どういったものが必要かもう一度確認してみよう。

1.頭皮環境を改善する。

育毛環境を整えるためには清潔を保つことが第一。

現在頭皮が荒れていたり、脂ぽかったり、乾燥してフケがでるなどの症状が確認できたらシャンプーが頭皮に合っていない可能性が高い。

頭皮の炎症が酷い場合は

値段重視

コスパ重視

アミノ酸系をベースにした洗浄成分。

低刺激で優しく頭皮を洗浄潤いをキープしながら頭皮環境を整えます。

シャンプー×トリートメントの1本2役で1本で完結なのでトリートメントによる毛穴のシリコン詰まりがありません。

頭皮の健康を保つ有効成分:アセチルヘキサペプチドー1配合。

1日あたり75円

MONOVOの詳細をみる

機能重視

最高品質の馬プラセンタが頭皮細胞を活性化します。

20種類のアミノ酸・32種類の天然由来成分を配合。

天然由来の洗浄成分で頭皮を優しく洗い上げ頭皮を健全な状態に。

防腐剤不使用の本物の生シャンプーなので冷蔵保存してください。

天然スカルプシャンプー。雑誌に多数掲載実績あり。

1日あたり125円

SORAスカルプシャンプーの詳細をみる

2.髪の毛の栄養を補給する

髪の毛を育てる場合には必ず栄養が必要になってくる、髪の毛の栄養で最も必要と言われているのがリジンと亜鉛のふたつ。

しかし、食生活の偏りが激しい場合はそのほかの栄養も摂って体調を整えた方が良い場合もある。

食生活に偏りがひどい場合 マルチサプリ

コスパ重視

機能重視

3.血行不良を改善する

頭皮の血行改善に最も有効なのが育毛剤である。

育毛剤は直接肌から浸透するので血行改善の即効性がある分、

持続時間はあまり長くはない。

育毛剤の使用は就寝前と朝の2回が効果的、

一度の塗布量は適量を守り毎日続けること。育毛の為にと大量に塗布してしまうと逆効果になる事もある。

抜け毛を抑える

海藻成分配合により有効成分の浸透をサポート。

育毛・発毛促進の為のインパクト成分

・タマサキツヅラフジアルカロイド配合

・グリチルリチン酸ジカリウム配合

ジェット噴射で狙った場所にダイレクトに届く爽快感が癖になる。

スカルプインパクトジェットの詳細をみる

発毛を促す

AGA薬の成分を配合したもの

発毛の医療成分ミノキシジルを15%高配合。

血管の拡張効果により発毛を促します。

(ミノキシジルを含むので病院でミノキシジルを処方された場合同時の使用は控えてください)

リグロースラボM15の詳細をみる

プロペシアと同じ医療成分配合の育毛ローション。AGAによる脱毛を防ぎます。

上記ミノキシジル配合の物と併せて使用することによってより効果を発揮します。

(フィナステリド製剤を含むので病院で同成分であるプロペシアを処方された場合同時の使用は控えてください)

リグロースラボFIN25の詳細をみる

4.男性ホルモンを抑制させる

活性化した男性ホルモンは抜け毛を促進させてしまうため、男性ホルモンの活性化を未然に防ぐことで抜け毛の抑制となる。

この抑制薬をフィナステリド製剤といい、日本では基本病院で処方されるものである。

 

男性ホルモンを抑える治療がAGA治療の基本となる。

おすすめの病院

全国展開しているAGAの専門の病院。

100万人以上の相談実績あり。

Webから無料カウンセリング予約OK

オリジナル発毛プログラムにより発毛成長因子を補完、成長シグナルを正常に戻します。

統括診療部長 麻生 泰

「発毛治療の新常識」

「間違いだらけの薄毛対策」著書

AGAスキンクリニックの公式サイト

海外から輸入する

フィナステリド製剤。

プロペシアのジェネリック医薬品

30錠(30日分)

フィナロイド(FinaLloyd)の詳細をみる

サプリメントで代用する

コメント

タイトルとURLをコピーしました