年齢に関係ない抜け毛

年齢に関係ない抜け毛みんなの抜け毛がヤバい
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

抜け毛は気を付けないと年齢とは関係なく発症してしまうもの。

高校生ぐらいの時に抜け毛が一気に増えたって人も中にはいるんじゃないかな?

一時的なものかな?って思って気にしないように、気にしないようにってしてても実際に髪の毛が抜けすぎてボリュームが減って青ざめる。

若いのにハゲるってもうこれ以上ないくらいの恐怖だよね。

年齢に関係のない抜け毛

年齢に関係なく抜け毛が発生してしまうのにはある共通点がある。

まず、髪の毛のボリュームが減るというのは抜け毛によって起きると思われがちだけど、実はそれだけではなくて、抜け毛と同時に髪の毛が細くなっているというのも大きなポイント。

髪の毛はヘアサイクルというものがあって、髪の毛に寿命が来たら自然に抜けて。しばらく休憩したあとにまた生えてくるというのを繰り返しているの。

ヘアサイクルの一環で正常に抜けた髪の毛は毛根の部分が白色化しているので注意深く観察してみるとすぐにわかるもの。

抜け毛の中で危険なものが、細い髪の毛が抜けること。

細い髪の毛が抜けるという事は髪の毛が健全に成長できていない事の現れなんだ。

髪の毛が成長できないで抜けた場合、次に生えてくるまでの休止期間が長くなるし、もしかしたら発毛がストップしてしまう恐れだってある。

髪の毛が抜けて、生えてこないとなると大問題だよね。

年齢、性別に関係なく髪の毛が成長できずに抜けてしまう理由は栄養不足が一番に考えられる。

ちゃんとご飯も食べているのに栄養不足?と思うかもしれないけど、ご飯をきちんと食べていても髪の毛まで栄養が届かないって事がある。

それが血行不良によるもの。

血行不良またそれかと思った人もいると思うけど、重要な事なので少し掘り下げてみよう。

頭皮が硬い

血行不良が起きている人は「頭皮が硬い」と言われている。

実は頭って動かせる筋肉が極端に少ない。実際に筋肉を動かしてみると分かるけど、頭の部分で筋肉を動かせる箇所って耳の後ろからの後頭部だけじゃないかな?

どう頑張っても頭頂部を動かす事ってできないよね。これは単純に筋肉がないからなんだよ。

それに、頭の筋肉なんて意識して動かさないとなかなか使わないから、頭皮が凝り固まってしまう。それが「頭皮が硬い」の正体。

筋肉は血液を送り出す役割ももっているので、筋肉が凝り固まっている、頭皮のように動かす筋肉が無いような場所は血液のの流れが滞りやすい。

血液の流れが悪いところは栄養や酸素の供給が悪い状態になるので部分的な栄養不足になることもあるよ。

人間の体って生まれた時はすごく柔らかいのに、年齢を重ねる毎にどんどんかたくなってくる。代謝の低下と言う部分もあると思うけど、一番の原因は体が硬くなる習慣をしているというところなのね。

例えば毎日ストレッチをしてる人ってずっと体が柔らかいままを維持することができる。これは1日の中で硬くなった筋肉をちゃんとリセットしてあげているから。

逆にストレッチをしない人って体がどんどん硬くなってくるよね。

 

抜け毛は習慣が原因

抜け毛に亜鉛とノコギリヤシ

人って生活してるなかで筋肉が凝り固まる事をしてしまっているのが原因。

例えばスマホを同じ姿勢のままずっと操作していたり、テレビやパソコンを眺めてる時も同じだね。

他には姿勢の問題であったり、運動不足(筋肉を動かす機会が少ない)だったり。

他にもストレスや漠然とした不安感とかでも筋肉が硬直してしまう事がある。

人間って緊張状態になると血管が収縮して血液を絞るような変化が起きるのね。体にも無意識に力が入ってしまうし。

苦労をするとハゲるとか、心配症の人はハゲやすいとかいうのはこういうところが原因じゃないのかな。

抜け毛とか薄毛を解消したい場合、基本の基本。頭皮が柔らかい状態を維持しないといけない。

硬くなった頭皮を柔らかくする

ヘッドマッサージ

今、頭皮が硬くなってしまっている場合は、まずはマッサージで筋肉と頭皮をほぐす事から始める。

頭頂部以外の場所は筋肉があるので、筋肉をほぐすようにマッサージする。揉んだり、上に持ち上げて伸ばしたりね。

頭頂部は頭皮をつかんで動かすようにマッサージする。
手の甲の皮膚は柔らかいから指をあてて動かすと皮膚が伸びるのがすぐわかるよね。イメージとしてはそんな感じで頭皮も伸びるよう柔らかくほぐす。

頭皮が柔らかくなってから気を付けること

DaiGoさんと育毛

「頭皮は柔らかいよ、でも抜け毛が改善しないの」って人はもう一段階進もう。

それは、頭皮が硬くなる習慣をやらないようにすること。

頭皮が硬くならない習慣は大きく分けて2つ。「眼精疲労にならない事」と「猫背など姿勢が悪くならないように気を付ける事」

なぜ「眼精疲労」になってはダメなのか?目の疲れが酷くなると頭痛が起きたりするよね。目の神経は脳に直接つながっているので。不快な状態というのが色濃くでてしまう。

極端な話、スマホのやりすぎはハゲるよなんて言われる時代。

不快な状態になると、とてもじゃないけどリラックスすることができなくなる。

リラックスできない=緊張した状態といっても間違いじゃない。

この緊張した状態というのは一時的に血行不良になっているの。この緊張状態を習慣的に繰り返していると、頭皮を揉んで柔らかくしていても思ったより血流が改善できていないこともあるよ。

次に「悪い姿勢」、悪い姿勢の代表例が猫背だと思うのだけど、猫背になると肩や腰に負荷がかかって筋肉がこわばった状態になる事、そして呼吸が浅くなってしまう事が問題。

特に肩の凝りは頭に血液を送る時に必ず通る場所なので無関係ではいられない。肩こりを解消したら、抜け毛が減ったという人もいるぐらい。

肩こり、目の疲れ、頭痛というのは連鎖しやすい事からわかるように結局体って繋がってるんだよね。

呼吸が浅くなるのは単純に体に供給される酸素量が減るっているのが一番の問題なんだけど、呼吸が浅いとまたリラックスできない状態と体が勘違いしてしまうのね。

「大きく息をすって、大きく吐いて、体の力を抜いて、リラックスして」ってひとつ、ひとつが体を弛緩させる方法なのね。

逆に、息浅く、短く、力を入れて、っていうのは運動してる時の状態なので、体を緊張させる動作になる。

なんやかんや、難しい話になってしまったけど、要するに大事な事はリラックスできるときはちゃんとリラックスする状態を作るということ、この体を柔らかく保つ習慣をとりいれようという話なのね。

気持ち面ではあまり心配事を抱え込まないようにすること、これも大事だよ。

抜け毛対策にサプリメントとか、育毛剤とかあるけど、これらを試してみても思うような効果が出なかったって人は今回話したことが原因かもしれないよ。

ぜひ、体を硬くしない習慣を試してみてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました