抜け毛の原因まとめ

抜け毛の原因まとめみんなの抜け毛がヤバい
Google広告

加齢による抜け毛

加齢とともに、髪の毛の成長サイクルが乱れることがある。特にヘアサイクルの「休止期間」が長くなる傾向があり、髪の毛が抜けた後、なかなか生えてこないという事が起きる。

加齢による抜け毛が症状として現れるのは40~50歳代、体の衰えの進行に伴って頭髪の抜け毛が目立つようになる。

原因として考えられるのが血の巡りが悪くなっていること。それは動脈硬化や血液中のコレステロール値の上昇。筋肉の低下などが複合して絡んでいるので、個人差がでる。

60歳を過ぎたあたりから体全体の「体毛」が薄くなる症状がで始めるが、これを「老人性脱毛症」と言う。この原因は細胞の老化大きく関わっている。

老化による細胞の活動が低下するために起こる脱毛現象なので、抗酸化力の強い食べ物を日常的に摂取しているかどうかで細胞の老化の進行状態は人によって異なる。

細胞の老化には活性酸素が大きく関わっている。体を酸化させることによって老化が起きるためである。

老化による脱毛症状は誰にでも起こり得るものだけど、予防・改善するためには生活習慣や食生活を見直す必要がある。

抜け毛が増える生活習慣

若いうちから加齢に伴う抜け毛と同じような抜け毛症状が現れる事がある。
それは、体を酸化させてしまう事により、細胞の老化を進行させる生活習慣を持っているためである。

体を酸化(老化)させてしまうような、生活習慣には次のようなものがある。

・タバコを吸う

タバコを吸うと体の中に大量の活性酸素を取り込むことになり、活性酸素は体を老化させてしまう。

活性酸素が血液中に入ると動脈硬化の原因となるので、抜け毛を促してしまう。

・アルコールを大量に摂取する

アルコールを体内に取り込むと、肝臓がアルコールを分解する際に、活性酸素が発生してしまう。

活性酸素の量はアルコールの分解する量に比例するので、一度にたくさんの飲酒をするひとは体内に大量の活性酸素を抱える事となる。

・激しい運動をする

激しい運動をすると、呼吸量が増える。浅く短い呼吸は活性酸素の発生を促してしまうので、息切れを起こすような激しい運動をしていると老化が早まる原因となる。

逆に、ウォーキングや水中歩行など、深い呼吸をしながら行える有酸素運動は、体内の抗酸化酵素の働きを高めてくれるため、体の酸化を防ぐ効果がある。

・ストレスを溜めこむ

ストレスを受けると、血管が収縮して血流が悪くなる。血管の収縮を元に戻そうとするときに活性酸素が発生してしまう。

ストレスを日常的に感じていると、血流が悪くなる事を繰り返してしまうため、その結果体内に大量の活性酸素を発生させてしまう事になる。

紫外線にあたる

紫外線はシミやシワの原因ともあって、紫外線が老化の原因となる事は多くの人に知られている。

紫外線が老化の原因となってしまうのは、紫外線が当たると皮膚細胞で活性酸素が生成されてしまう為である。

体内の活性酸素は、体内で生成される抗酸化酵素や、食事から得られるビタミンCなどの抗酸化成分により除去することができる。

抜け毛を未然に防ぐ食生活

抜け毛を減らす為には、バランスの良い食事を取る事が推奨されている。それは、髪の毛を生成する栄養の面も大きいが、細胞の老化を防ぐという目的でも有効である。

食べ物の中には、老化の原因となる活性酸を抑えてくれる抗酸化成分を含むものがある。

例えば果物や野菜などに多く含まれる「ビタミンC」や豆・ナッツ類などに多く含まれる「ビタミンE」は抗酸化成分の代表的な栄養である。

他には、「アントシアニン(ワイン)」、「カテキン(緑茶)」、「βカロチン/ビタミンA(人参)」、「リコピン(トマト)」、「フラボノイド(シソ)」、「セサミン(ゴマ)」、「アスタキサンチン(エビ・カニの色素)」、「含硫化合物(ニンニク)」、「イソフラボン(大豆)」、「ケルセチン(玉ねぎ)」、「クルクミン(ウコン)」、「クロロゲン酸(コーヒー)」、「フェルラ酸(米ぬか)」、「コエンザイムQ(青魚)」などが抗酸化成分となる。

抗酸化成分は色のついた食べ物に多く含まれる傾向にあり、たんぱく質・脂肪・炭水化物などの色のない食べ物にはあまり含まれていないため、肉料理中心の(品目の少ない)食事は体を酸化させてしまうのである。

では、抗酸化成分である「ビタミンC」だけを大量に摂取すればいいのか?というわけではない。

活性酸素には代表的なものが3つある。それは、「スーパーオキシド」、「一重項酸素」、「ヒドロキシラジカル」である。

食べ物から得られる抗酸化物質にはそれぞれの活性酸素に作用するので、複数の抗酸化成分を摂取することにより相乗的に効果を発揮する。

つまり、多くの抗酸化成分を摂取することにより、抗酸化作用を高めることができる。

血行不良が抜け毛を引き起こす

毛根と頭皮は毛細血管という細い血管でつながっているため、血行不良が起きると、毛根に栄養が行き届かなくなってしまう。

栄養が届かなくなることで、髪の毛が細くなり、その結果、抜け毛を発生させてしまう。

頭頂部には頭皮を動かす筋肉がないため、特に血行不良が起きやすい。

頭皮が硬くなっている場合は特に注意が必要で、意図的にマッサージすることで頭皮を柔らかくし、血行を促す必要がある。

マッサージの他にも育毛剤を活用することにより、頭皮の血行を促進することができる。

睡眠不足は抜け毛を引き起こす

不規則な生活を送っていると睡眠の質の低下が生じてしまう。睡眠は体内で新しい細胞を作る為には必要な行為なので、睡眠不足は細胞作りを阻害してしまうこととなる。

新しい細胞が作られなくなると、細胞の老化が進行したり、細胞の修復が遅れたり、細胞の活動の低下につながるし、ホルモンバランスを崩す一因となる。

これらの機能の低下は抜け毛や軟毛化の原因なるため規則正しい生活へ改善する必要がある。

また、髪の毛は睡眠時に栄養を蓄え成長する性質もあるため、睡眠は重要である。

過度なカラーリングやパーマを繰り返す

髪の毛のカラーリングやパーマが抜け毛を進行させてしまう理由は2つある。

薬剤によって、「髪の毛を傷つける」事と、「頭皮を傷つける」事の2つである。

髪の毛をカラーリングするためには、ブリーチにより髪の色素を抜き取り、穴あき状態にしたところで、別の色素を埋め込む。

つまり、意図的に髪の毛を傷つける必要があり、カラーリング後はトリートメントなどのヘアケアが必須となる。

美容室でもカラーリング後のヘアケアについてのアドバイスは受けるので、多くの人が認識しており、正しくヘアケアをすることによって髪の毛のダメージは抑えることができる。

その一方で、カラーリング後の頭皮のケアに関しては無関心であることが多い。

薬剤によって頭皮は傷ついてしまっている。頭皮なので時間と共に修復されるので、たまにのカラーリングなら特に問題が発生することはない。

しかし、頻繁にカラーリングをする場合は、頭皮が傷ついた状態が頻繁に繰り返す事となるので、抜け毛の原因となってしまう。

なぜ抜け毛が発生してしまうのか?
・カラーリング剤が毛根まで侵入して、ダメージを与えてしまうため。
・薬剤によって頭皮の育毛環境が劣化し、ヘアサイクルの乱れを引き起こす原因となるため。
・薬剤によって頭皮が傷つく(乾燥する)と、傷から雑菌が入り込み炎症を引き起こしたり、雑菌によって毛根が攻撃されるため。

コメント

タイトルとURLをコピーしました