シャンプー時に抜け毛の本数が気になる男性の対策

シャンプー抜け毛予防みんなの抜け毛がヤバい
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

男性は夏から秋にかけて特に抜け毛が酷くなるよ。抜け毛が多くなると分かっているならちゃんと対策した方がいいよね

若ハゲを病院に行かずに治療して髪の毛をフサフサにする方法

シャンプー時に気になる抜け毛

抜け毛の症状が一番確認できるのがシャンプー時、手に張り付いた髪の毛をみて不安を覚える人も多い。

一般的には髪の毛は1日に50~100本抜けていると言われているけど、シャンプー時に確認できる抜け毛本数が10本程度が正常の範囲内。

シャンプー時に抜け毛本数がなんだか多いと感じた時は、やっぱり以前に比べて抜け毛症状が進行していると思って良い。

中には1日に50~100本抜けているのだから、シャンプー時に多少髪の毛が抜けても問題ないという意見もあるが、本人が危機感を感じた時は抜け毛予防をする良い時期である。

これを楽観視して進行させてしまうと、正面から見た髪型は以前と変わりないが普段目につかない頭頂部は地肌が見えてしまっているという状況になりかねない。

シャンプー時に抜け毛が気になる場合いちど、男性が禿げやすい頭頂部を確認してみること。もしかしたら気付かないうちに薄毛症状が進行してしまっている場合もある。

抜け毛が生じやすい時期

季節によっても抜け毛の本数に違いがある。男女共に言える事だけど、秋が一番抜け毛が多く、抜け毛の本数は約2倍となる。これは動物にみられる換毛期と同じ原理で、実際には髪の毛だけでなく体毛全体が抜けやすくなっている。

秋はただでさえ抜け毛が目立つ時期であるが、男性の場合6月の梅雨の時期から秋にかけての長い期間で抜け毛症状が発症することがある。

男性は体質上女性に比べて皮脂の分泌が多い。皮脂は汗と混ざり合う事で毛穴の中に入り込み、汗が蒸発した時に皮脂が毛穴に詰まった状態になる。

毛穴に詰まった汚れは毛根への栄養を阻害して、髪の毛を弱らせてしまう。また毛穴に詰まった汚れには雑菌が繁殖している場合もあり、頭皮を傷つけて炎症を起こしてしまう。

炎症を起こした頭皮は髪の毛を支えることができず、抜け毛の症状が出てしまう。

6月の梅雨の時期は湿気と相まって頭皮で雑菌や真菌(カビ)が発生しやすい。頭から不快なニオイが発せられる場合雑菌が繁殖してしまっている状態。

男性は体質上、皮脂汚れによって頭皮が不潔になりやすいので、毎日丁寧にシャンプーで洗い清潔に保つことが重要。そのため男性にとって肌に合ったシャンプー選びは抜け毛予防に直結しやすい。

夏から秋にかけて抜け毛が増えてしまうものに紫外線によるダメージの蓄積も無視することができない。

男性は女性のように日傘をさす事が少なく、強い日差しの紫外線をモロに浴びてしまい頭皮にダメージを蓄積して髪の毛が弱らせてしまう。頭皮が日焼けしてしまうような状況は毛母細胞(髪の毛の素)を傷つけるとても危険な状態、帽子を被るなどをして頭皮を守る対策が必須である。

夏から秋にかけて、頭皮トラブルが一番起きやすい時期なので、普段ヘアケアをしない人でもこの時期だけ育毛剤を使って抜け毛予防すると効率的に髪の毛を守る事ができる。

育毛剤には頭皮環境を正常に保つ効果があるが、頭皮が荒れてしまってからでは傷口に沁みて使えなくなってしまうので、抜け毛予防というように、症状が現てしまう前から使うのがベスト。

夏から秋にかけて抜け毛が増えるというのはデータとしてはっきりしているので抜け毛の進行するまえに育毛剤を使って抜け毛を抑えるようにしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました