STEP2 抜け毛を減らす良い生活習慣

良い生活習慣抜け毛予防対策
Google広告

 

STEP1 STEP2 STEP3
STEP4 STEP5 STEP6

STEP1 抜け毛対策の基本ー抜け毛を減らすシャンプーの仕方はこれ一つで良いー
妻ちゃん シャンプーの時どんな洗い方をしてる? 旦那ちゃん 普通にシャンプーをニュッとつけて頭全体を包み込むようにワシャワシャしてる。自分で言うのもなんだけど泡立て名人だ...
妻ちゃん
妻ちゃん

普段の生活の中で、育毛に良い生活習慣とはなんだろう?

  • 睡眠
  • 運動
  • バランスの良い食事
  • ストレス対策
  • ヘアケア

睡眠と育毛の関係

妻ちゃん
妻ちゃん

睡眠には細胞に栄養を与えたり、ホルモンの分泌を促したりと、

体の休息以外にも重要な役割があるんだよ。

睡眠をしっかりとる事は育毛と心身の健康を保つ上で重要なことです。

睡眠時間をしっかり確保することも大事ですが、決まった時間に寝るという規則正しい生活リズムが特に重要です。

睡眠時間は8時間が良いとされていますが、6時間しか寝る時間がないという人もいるかと思います。

それなら、その貴重な6時間の睡眠を大切に決まった時間に就寝するように心がけましょう。

睡眠時に細胞に栄養が届けられる

睡眠時間は体の疲れを取る為のものと思われがちですが、実はそれだけではありません。

睡眠時の休まる時に、細胞に栄養が届けられます。

睡眠時間というのは細胞にとって、食事の時間となるわけです。とても重要です。

また、睡眠をとらなければ、育毛を促す成長ホルモン・泌乳刺激ホルモン・甲状腺刺激ホルモン・黄体形成ホルモンなど、重要なホルモンの分泌に異常が出てしまいます。

ホルモンが正常に分泌されないと、髪の毛の成長がとまり、抜け毛が増えたり、様々な体の不調が出てきてしまいます。

睡眠不足がストレスとなる

睡眠不足が続くと、体にはストレスが溜まってしまいます。

ストレスがたまると自律神経が乱れてしまい、血行不良がおこりやすくなります。

自律神経の乱れと血行不良が合わさるとヘアサイクルが崩れる原因となり、抜け毛に直結してしまいます。

質の良い睡眠は体を休めストレスを軽減に、逆に睡眠不足はストレスをためる事になるので、睡眠をとるのと、とらないの間には大きな差ができてしまいます。

運動すると育毛につながる

妻ちゃん
妻ちゃん

運動によって血行が促進されることが重要だよ。

運動は育毛にも効果があると言われています。

それは、運動によって血行が促進されるためです。

一般的には有酸素運動が育毛に良いとされています。しかし、有酸素運動はウォーキングや水泳など時間をかけて行うもので、時間の確保が難しく多くの人が挫折してしまう運動でもあります。

有酸素運動でおすすめなのはホットヨガ。自宅で行えて、代謝を高める効果がある事が理由です。

では、無酸素運動ではどうでしょうか。

無酸素運動は筋肉トレーニングなど短時間で集中して行えるのがメリットです。10分程度の運動でも十分な効果があります。

しかし、腕立て伏せや腹筋を鍛えても血行促進にはあまり効果がありません。

血行を促すために鍛える場所は、「ふくらはぎ」です。

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。

足先というのは心臓から離れていて、更に体の一番下ということで、血行不良になりやすい箇所です。

足先が冷えやすいのは血流が悪くなってしまっているためです。

ふくらはぎは、筋肉の収縮により、心臓のように血流を押し出す役割をもっています。

ふくらはぎを鍛えれば体全体の血行不良が改善されます。

旦那ちゃん
旦那ちゃん

オシャレは足元から。

育毛はふくらはぎから。

バランスの良い食事は髪を育てる

妻ちゃん
妻ちゃん

育毛に良い食事で摂りたい栄養は大きく分けて3つ。

髪の毛の材料となる「たんぱく質」と「亜鉛」を含む食事と、

育毛を促進する「ビタミン」を含む食事。

髪の毛を太く丈夫に育てるためには、髪の毛の材料となる栄養と、育毛を促進する栄養の両方が必要になってきます。

髪の毛の材料となる栄養はアミノ酸と亜鉛です。

アミノ酸とはたんぱく質を分解したもので、アミノ酸と亜鉛をパズルのように組み立てて、ケラチンというたんぱく質に作り変えます。

このケラチンが髪の毛となります。

ビタミンは直接髪の毛の材料となるわけではありませんが、髪の毛を作るための環境を整える役割があります。

たんぱく質を含む食品

赤身肉・鶏肉・青魚・卵・大豆製品・卵・乳製品(チーズなど)

亜鉛を含む食品

豚レバー・牛赤身肉・イワシ・うなぎ・卵黄・貝類・アーモンド

ビタミンA(血行促進)

人参・卵・にら・ほうれん草・鳥レバー

ビタミンB(頭皮の新陳代謝の活性化)

大豆製品・いわし・バナナ・チーズ・マグロ

ビタミンE(血行促進)

ナッツ類・ごま・玄米

旦那ちゃん
旦那ちゃん

大豆製品と卵なら毎日食べれそうな予感

納豆・豆腐・豆乳

卵焼き・目玉焼き・オムレツ

いける。これはいける!!!

 

 

ストレス対策

妻ちゃん
妻ちゃん

ストレスを感じると体の中では様々な変化が起きているよ。

自律神経が乱れたり、血管が収縮したりと体の中は軽いパニック状態。

体の機能が正しく働かないので、段々と不調がでてきてしまうの。

 

ストレスは抜け毛の原因の一つとして考えられています。

ストレスを受けると、ストレスに対抗しようと様々な変化が体の中で起きます。

これは危険から我が身を守ろうとする防衛反応で悪い事ではありません。

しかし、現代のストレスというのは一時的なものではなく、長期間継続するものも少なくありません。

ストレスを受けると、血管が収縮する現象が起きます。

血管が収縮すると血流が制限されて、血行不良になります。

血行不良が起きると髪の毛への栄養が届かなくなります。すると、髪が弱り脱毛がはじまります。

ストレスとを蓄積させないための、ストレス対策やストレス解消の仕方を見つけておくと良いでしょう。

 

ヘアケア

妻ちゃん
妻ちゃん

1番身近なヘアケアはシャンプーだけど、

育毛剤や頭皮マッサージも大切なヘアケアのひとつなんだよ

ヘアケアはやる人とやらない人で分かれると思います。

ヘアケアの一番の目的は頭皮の健康を保ち、丈夫な髪が作られる環境を整える事です。

育毛剤と聞くとハゲている人が使うようなイメージがありますが、育毛剤の使用目的は抜け毛の予防です。

ハゲが進行してから、育毛剤を使っても髪の毛が増えるほどの効果を発揮するのは稀です。

育毛剤は、化粧水のようなもので、

肌が乾燥して、ひび割れて、肌がボロボロになってから化粧水を使ってもあまり効果はありませんが、

肌が乾燥したときに、化粧水で保湿し、肌を保護することで未然に防ぐことができます。

育毛剤も頭皮の環境を保ち、抜け毛を予防することで、ハゲを未然に防ぐことができます。

STEP3 髪の毛に悪い習慣とは
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5 STEP6 妻ちゃん 髪の毛に良い栄養・育毛剤を使っても思うような結果がでないのは、 もしかしたら、髪の毛にとって「悪い習慣」が...

コメント

タイトルとURLをコピーしました