リグロースラボは使い分けができる高品質低価格の育毛剤

リグロースラボ個人輸入
Google広告

リグロースラボとは

プロペシア

リグロースラボはサファイアヘルスケア社製造のミノキシジル配合の育毛剤。

サファイアヘルスケア社はフォリックスを製造している事で有名な会社

フォリックスは最強の育毛剤と言われるほど様々な成分とミノキシジルを掛け合わせた育毛剤で、

リグロースラボは価格を抑えたミノキシジルのシンプル処方となっている。

リグロースはフォリックスの約半額で購入することができる。

リグロースラボは低品質なのか?

リグロースラボは

・痒み成分の プロピレングリコール 不使用
・成分浸透力を高める リポソーム 採用
・最大でフォリックスの半額の値段で買える低価格

といった特徴があり、品質と低価格の両方を実現している。

リグロースラボの種類

リグラースラボは発毛促進成分のミノキシジル育毛剤(M5・M7α・M15)の3種と、

馬プラセンタ配合ミノキシジル(5HP・7HP)の2種。

リグロースラボ ミノキシジル

脱毛抑制のデュタステリドローション(D5a)・フィナステリドローション(FIN25)・スピロノラクトンローション(SP2)の計8種類が発売されている。

リグロースラボ 抑制成分

発毛促進と脱毛抑制から選ぶことができ、それぞれを同時に使用することもできる。

デュタステリドとは

デュタステリドは男性が脱毛症の治療薬で、男性ホルモンに作用する成分。脱毛を防ぐことができる。
デュタステリドは女性には使用することができない。

フィナステリドとは

フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬で、男性ホルモンに作用する成分。脱毛を防ぐことができる。
フィナステリドは女性には使用することができない。

スピロノラクトンとは

女性ホルモン作用を併せ持つ成分で、男性型の脱毛症治療薬としてしばしば利用されている。
女性ホルモン作用なので男女兼用で使用することができる。

デュタステリド・フィナステリドとは違った方向性で治療することができる。

リグロースラボとフォリックスどちらを使う方が良いのか?

リグロースは品質と低価格を実現するためにシンプル処方となっている。

その為、発毛促進用と脱毛抑制用の2タイプがある。

一方フォリックスは発毛促進と脱毛抑制が1本にまとまっている為扱いが簡単である。

発毛と脱毛抑制を使い分けたいときはリグロースラボを、

リグロースラボ使い分け

1本で効率よく使いたいときはフォリックスをを選ぶと良い。

6種類のフォリックス

発毛成分

リグロースラボ5%オオサカ堂

脱毛抑制成分

リグロースラボフィナステリドオオサカ堂

コメント

タイトルとURLをコピーしました