最新の薄毛治療はどんな感じ?

薄毛治療みんなの抜け毛がヤバい
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

薄毛治療の対処は薬、植毛、増毛、再生医療とってなってるよ。

薄毛治療

再生医療はラットを使った実験中なので、実用化されるまでまだまだ時間がかかるのでこれからに期待ということで、いまのところは薬・植毛・増毛の3つで対処することとなる。

この3つのなかで薄毛治療のメインとなるのは薬での治療。プロペシアとミノキシジルはよく聞く単語じゃないかな?男性脱毛症の治療に最も効果がある方法がコレ。

植毛は薬での治療で効果が出なかった人が次にする治療法で、今生えてる毛から毛根を取り出し、ハゲている箇所に移植していく方法。

植毛は病院側もあまり積極的にやろうとはしてない感じだよ。
植毛については ROCKETNEWS24 で体験記事がある。

【閲覧注意】植毛手術でハゲを治療したら「地獄」を見たでござる
風吹けば透ける前髪、汗かけばぺたんこになる頭頂部。夏ほどハゲかけ者にとって憂鬱な季節はない。そして、何を隠そう…

見てみると分かるように、治療内容は結構衝撃的だよね。「うわぁ」って感じ、痛々しいというかこんなになると事前に知ってやる人って限られてくるだろうなって思った。

しかも、生えてくる髪の毛が反り返ってるとか笑わせに来とるとしか思えないんだけどw

増毛はアデランスとかがやってる薄毛の対処方法だね。
これは髪の毛を増やすのではなくて、今生えてる髪の毛に人工毛を結びつける方法で薄毛を隠す方法。

髪の毛に人工毛を結びつける方法なので、結びつける髪の毛が抜けると人工毛も一緒に抜ける事となるし、

髪の毛が成長すると「結び目」が上の方へあがって行って不自然になるので、結び目を地肌まで下げるというメンテナンスも必要になってくる。

髪の毛に結びつけるだけなので施術したその日から髪の毛のボリュームを増やす事ができるので即効性は一番だけど、抜け毛がなくなるわけでも、髪の毛が生えてくるわけでもないし、施術で増やした髪の毛も抜け毛と共に失われるのでコスパはものすごく悪い。

だけど、増毛もひとつの選択肢としてあるのは心強いので、方法としては考慮に入れても良いと思う。実際に増毛施術する人もいるもんね。

ハゲを隠すという意味ならカツラという手もあるよ。最近ではウィッグって言い方の方がしっくりくるかな?

実は一番市場が成長してるのがウィッグなんだよ。ウィッグは男性より女性の使用者が多い。装着も簡単で結構気軽に扱えるのも特徴だよね。

薄毛が改善するまでのつなぎにウィッグを使うっていうのも全然あり。医療用ウィッグなんてものもあるぐらい。

最新の薄毛治療でもメインは薬

AGA治療が病院で行われるようになってその認知度が高まってからは薬での治療が最も効果が出やすいし、毎月7000円程度の出費で治療できるようになった。

病院以外の育毛サロンは独自の発毛技術といった薬を使わないヘッドスパやオリジナルの育毛剤を用いた方法でアプローチするわけだけど、薬ほどの効果はやっぱりでないし、費用もウン十万と高額なコース契約を持ちかけられたりするので、評判は落ちる一方。

発毛を考えるなら病院で薬の治療を受けた方が確実だと言える。中には薬が使えないって人もいるだろうから、その人たちがそのほかの発毛サロンを活用する感じかな。

病院での治療も長く続くと出費もかさむし、毎月病院に行くのも面倒だなって考える人もだんだんと出てくる。

その中に一部分の人は、処方される薬がミノキシジルとプロペシアっていうことがわかっているもんだから、薬だけ手に入れようと考えて海外から薬の個人輸入をする人もちらほら。

AGA治療は保険治療外なので費用が全額負担になるので、病院で処方されるより、薬だけ購入した方が安くついてしまうのがその理由となってるよ。

でも、海外の薬の購入は信頼性に難があって、輸入薬の3割は偽薬とも言われてるのでそこらへんは注意しなければいけないよ。

プロペシアなどのAGA治療薬は多くのい人たちが購入して実際に効果がでてるので、割と信頼度は高いけど、ダイエット薬などは特に気を付けた方が良い。

薬以外の対処は育毛剤

個人で行う薄毛改善方法で真っ先に思い付くのが育毛剤だと思う。

ひと昔前だと育毛剤は気休め程度のものというイメージが強かったけど、今は効くようになったのか気になるところだよね。

育毛剤の研究も進んで、医薬部外品の中から育毛に効果のある成分も多数発見されていて、どんどん導入されていっている。

前までの育毛剤は血行促進がメインだったけど、現在は頭皮を保湿したり、炎症を抑えたりと環境を整える成分と、脱毛因子を抑制する成分、発毛因子を活性化する成分なども含まれるようになった。

ミノキシジルの〇倍の効果とか、そういう成分も入ってたりするけど、じゃぁミノキシジルより発毛するのか?といったらそういう事はなくて、確実性をとるならミノキシジルの方が良い。

広告の方法もインパクトが強くて、これは効きそうだ!と思うもの合って期待がしてしまうけど、進行してしまった薄毛に、育毛剤はあまり効果がない。

育毛剤はハゲを予防するという点に優れており、ハゲを治療するという点では力不足が目立ってしまう。

育毛剤と発毛剤と区分分けされているのだけど、ここの違いはミノキシジルが配合されてるかされていないかというところなんだよね。

ミノキシジルが含まれているかどうかだけで、育毛剤=抜け毛を予防、発毛剤=発毛を促す。という風になってしまう。ミノキシジルは強い味方なんだ。

育毛剤を使うとしたら、抜け毛が気になってきた頃か、薄毛治療によって増えた髪の毛を根付かせるという目的で使う事をおすすめする。

薬によって改善したのだから、そのまま継続して薬を使い続ければいいのではないかとも思うが、薬は体に負担をかけてしまうものなので、あまり使い続けると副作用が現れてしまったり、薬の効果が弱まって効かなくなったり、薬なしでは髪の毛を維持することができなくなってしまったりする。

なので、薄毛の治療が改善しだい、薬の治療をやめ、薬に頼らない育毛をする必要がある。

プロペシアもミノキシジルも1年ぐらいで使用を中止したいところ。

薄毛治療のアドバイス

抜け毛を改善するためには、育毛シャンプーを使うと良いとか、育毛剤を使うと良いとか、亜鉛などのサプリメントを摂るのが良いだとか色々とある。

結局どれが正解かというのがわかりにくいと思う。

育毛シャンプーがおすすめされる人は、頭に皮脂が多く分泌される、もしくは頭が乾燥してフケが出るという場合、シャンプーを変えることで、頭皮を正常に保つ、また水分を保ち頭皮の傷つきを抑えることができる。
育毛シャンプーは髪の毛を育てる下地を整えたいときに特に有効。

育毛剤がおすすめされる人は、頭皮に炎症や痒みが生じやすい人、頭が赤味がかってる人。頭皮が健康であるのなら、頭皮の色は青白くなっているもの。

血行不良やその他の異常が起きている場合頭皮は赤味がかかる。赤味がかった頭皮は髪の毛を育成する環境が崩れてしまっているので注意が必要。

育毛剤は頭皮の不調を改善したいときに特に有効。ヘアサイクルが正常になると、髪の毛が太く丈夫に育つようになる。

サプリメントが必要な人は、頭皮に異常が見られないのに抜け毛の症状が出てきてしまう場合。髪の毛を作るのにも栄養が必要。亜鉛とアミノ酸を摂ると髪の毛の主成分ケラチンの生成がスムーズになる。育毛専用のサプリがあるのでそれで補うと良い。

まとめ

抜け毛が酷い=プロペシア(AGA薬)
薄毛が目立つ=ミノキシジル(発毛薬)
頭皮がべたつく・乾燥=育毛シャンプー
頭皮が不調(痒み・頭皮の荒れ)=育毛剤
治療の効果が悪い=サプリメント(栄養補充)

それぞれ気になるところに合わせた対処が必要となる。人によって組み合わせは異なる。

ミノキシジルや育毛剤などを使用は、お風呂上りの頭皮が湿った状態の時に使用する事。
乾燥した頭皮に使用する時に比べて、湿った頭皮に使用する方が3倍以上効果が高くなることがわかっている。

人によってミノキシジルの効果が表れにくい場合がある。その時はカッコンエキスが含まれたシャンプーを使用することで、ミノキシジルの薬効を高めることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました