ストレスが原因の抜け毛

ストレスが原因の抜け毛Letters2手紙
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

ストレスと抜け毛について考えよう

髪の毛の悩みの原因としてよく上げられるのがストレス。

 

ストレスをなくしましょうといろんなところでアドバイスがあるけど、実際ストレスをなくすためにどうしたらいいかわからないものだよね。

そもそも「ストレスをなくしましょう」と言われて「わかりました!」って解決できるのなら、ストレスの悩みの種にもならないよって話なわけで、いつも無責任なアドバイスだなぁと思う。

ストレスは難しい問題だから、私は普段ストレスについては語らない。繊細な問題もあるもんね。

 

でもね、このストレスが原因で髪の毛の問題が発生してしまうのも事実なんだ。

ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れたり、血流が悪くなったり、消化が悪くなったり、本当に厄介で様々な角度から髪の毛が抜ける状態を作り出してしまう。
だから、ストレスの問題を解決できないまでも軽減する方法をみつけてみよう。

今回は髪の毛どうこうよりも、ストレスに関する話になるよ。

なぜストレスがいけないのか。

妻ちゃん
妻ちゃん

ストレスをちゃんと意識したことはあるかな?

ストレスを受けている状態というのは、体や心に負荷がかかっている状態の事を言うよ。そういうのはあまり意識したことはないかな?

 

中には緊張感をもってパフォーマンスを向上させる良いストレス。物事を悪い方向へ導く悪いストレス。なんて分類分けする人もいるけど今回ストレスの良し悪しについては考えないこととするよ。

ストレスの要因は色々とある。仕事の対応、人間関係、経済的困窮、なんでも負担に感じたらそれがストレス

ストレスの種類は大きく分けて6つ

精神的ストレス

病気、死、不幸、健康、将来の不安、失恋、失敗、挫折、責任、怒りなど

肉体的ストレス

病気による苦痛、ケガ、過労、睡眠不足、不規則な生活など

物理的ストレス

気圧の変化、暑い、寒い、など外からの刺激など

人間関係のストレス

他人との付き合い上のトラブルなど

社会的ストレス

退職、転職、昇進、入学、卒業、転校、退学、など社会的な立場が変わる時の負担など

環境的ストレス

災害、公害、騒音、照明、空気汚染など

人によってどのストレスが大きな負担になるかは違いがあるでも大小の違いはあれど誰でもストレスを感じてしまっている。こういうのもストレスになるんだなってストレスとしてまずは認識してほしいよ。

強いストレスと感じると体に反応が起きる。イライラ、不安、動悸、手足のふるえ、腹痛や下痢、心拍の乱れ。気分の落ち込み。など。

弱いストレスは気付きにくい。呼吸が浅くなる、からだに力が入る、頭がまわらない、血流が悪くなるなど。

ストレスの強弱に関わらず、反応として身体機能の不調がでてくる。こんなのが日常的に頻発すると、体は正常の状態を見失い次第に自律神経が乱れてエラーを起こすようになってしまう。なんだか気分が落ち込む、体が思うように動かない。ちょと動くと心臓が苦しくなる。集中できない、ぼーとして意識が飛ぶとかね。

エラーを頻発するようになると、ちょっとした刺激で大きなストレス反応が起きるようになる。

これらの症状が日常生活に支障をきたした時、自律神経失調症というと診断されるようになるよ。

いつも怒鳴りつけてくる上司の顔を見るだけで手足が震えて動悸が激しくなるとかね。仕事に行こうと考えるとお腹が痛くなって下痢になるとか。以前なら嫌だな~で終わっていた事なのに身体的な症状が出てしまうそんな状態。

こんなんじゃ辛くてまともに生活できないよね。でも騙しだましでなんとか生活できてしまうから無理をする人も多い。

ストレスによって引き起こされる様々な症状は自律神経のエラーによる割合が大きい。

自律神経失調症になるといろんなところに体の不調が出てくる。人によっては病的な髪の毛の抜け方をしてしまったり、髪の毛一本一本が細くなって全体的にボリュームが落ちたようになる薄毛症状に悩まされることになるよ。

それほどストレスっていうのは髪の毛の天敵なんだ。

自律神経はその時の状況に合わせてベストなコンディションへ体を調整する。それが崩れるというのは危険な状態で、体の不調というのは危険のシグナルでもある。

自律神経失調症というのは正確に言うと病気一歩手前の状態で病気ではない。

どういうことかというと。
なんだか熱っぽい、体がだるい、頭痛がする、手足がふるえる・しびれる。でも原因がわからないというような。
症状が出てるのに、原因となる病原菌の存在がない、原因が不明。そんなときに使われる。

風邪と症状が似てることからよく間違われたりもするよ。風邪と同じように我慢しようとすれば辛いが我慢できてしまうので、体の悲鳴を無視して無理をしてしまうこともできる。

日本では風邪ぐらいでとか、風邪ぐらいの症状の場合軽視される傾向があるよね。

でも、一歩でも症状が悪化したらうつ病、メニエール病、パニック障害、適応障害、強迫性障害など、自律神経失調「症」が⇒病・障害のような名称にかわる。この時により強くでた症状の病名になる。

これらの病気・障害は体のシステムが破壊されたことを意味しており、完治には少なくても数年の治療が必要になる。しかし多くの人は症状の改善と悪化を繰り返すので、完治することなく、生涯を終えるまで症状と向き合わなければならない。

自律神経失調症と次の段階ではあきらかな境界がある。ポイント・オブ・ノーリターン。ここから先、進んでしまえば戻れませんよ。そういうもの。目に見えないストレスだけど決して軽視していいものではないのよ。壊すのと元に戻すのと、その難しさの違いは誰にでもわかるよね。

だからこそ「ストレスをなくしましょう」という言葉が出てくるのだけど、この表現の仕方には問題があると思う。

例えば、上司との人間関係がストレスになっている人が、ストレスをなくすためにどうしたらいいか?を考えると、上司と関わらないようにする他ない。

この手の問題は厄介なことに解決自体が難しい。上司が転勤することを願うか、自分が仕事を辞めるかどちらかだろう。だけど多くの人はこの問題を見送ると思う。

なぜ見送ってしまうのか?重度のストレスを受けている時、正常の判断ができなくなってしまうから決断できないのだ。解決できない場合、まずこのストレスとはうまく付き合っていかないといけない。

ストレスをなくしましょう⇒ストレスはなくせませんでした。

こうなると。

妻ちゃん
妻ちゃん

私が我慢さえすればそれでうまく回る。

妻ちゃん
妻ちゃん

我慢の限界もう無理。

妻ちゃん
妻ちゃん

もう死にたい。

そんなのは辛すぎる。

そうならない為に。「ストレス状態から、意図的にリラックス状態を作る」ということから始めるのがいいと思う。

今、この文章を読んでるときに一度自分の体に意識を向けてみてほしい。無意識に肩に力が入っていないか?呼吸が浅くなっていないか?まばたきの回数が減って目が乾燥してないか?もし一つでも当てはまれば無意識にストレス状態になっていたという事になる。

ストレスを感じることにより、副腎皮質ホルモンとアドレナリンが分泌される、このふたつは交感神経優位の状態にする働きがあるよ。

ストレスに体が慣れてしまうと、無意識に弱いストレスを常に体にかけるようになってしまう。例え弱いストレスでも呼吸が浅くなり、体に力が入り、血流が悪く、交感神経と副交感神経の切り替えを妨げる。その結果自律神経は乱れる原因となる。これが長時間つづけば、体が不調になるのも納得がいくよね。

緊張状態が続いたら。ふっと気付いた時に深呼吸して体の力を抜くことを意図的に行うことを試してみよう。それによって体はちょっとだけリセットできる。例えば、コーヒーを飲んでほっと一息を実践しよう。体の力を抜いて、ふぅと深く長い息を吐いてみる。小さなリラックスでもずっと緊張してるよりかは全然良いと思わない?

1週間頑張ったんだから。休みの日は美味しい飲み物を飲んでさ。体から力をぬいて。ゆっくり呼吸をして。いつのまにかうたた寝してました。という時間を1時間でも確保できたら上出来じゃないかな?

それで体が休息を欲しているならそのまま休めばいいし、活力がでてきたら好きなことに打ち込めばいい。

乱れた体の調子を整える時に大事なのはちゃんと活動する状態とリラックスした状態を認識すること。

やる時はやる、やらない時は休むその切り替えが大切。そしたら交感神経と副交感神経の切り替えが機能するようになってくる。そしたら体はちゃんとバランスを保っていられる。

ストレスの発散の方法の例として遊びに出かける、趣味に没頭する事が良く取り上げられるけど、疲れてそれどころじゃない人も中にはいると思う。その時は意図的にリラックスの状態を作って休むようにしようね。

ストレスの発散方法は人それぞれだし、その時の状態によっても変わるものだよね。

ストレスの発散でおすすめは2つ

運動する

ストレスを受けている状態というのは交感神経が優位に働いている状態。実は運動する時も交感神経が優位に働いている状態。ストレス状態と運動時の状態はよく似ている。
違うのはぶつける存在の有無。

単純にストレスを受けることによって、交感神経が優位になった場合、体は興奮状態になりエネルギーが蓄えられるけど、そのエネルギーが発散できないのでくすぶった状態が長く続いてしまう。発散できないので興奮状態のイライラがとれない。

このストレスエネルギーを運動という方向で消費することによって発散させる事ができる。体は運動すれば疲れが溜まり休憩が必要になる。休憩を欲した時に自律神経は交感神経から副交感神経に切り替わり体がリラックスした状態になっていく。そうすると、一息つきストレスが発散できたと感じることができる。

泣く

泣く行為には副交感神経に働きかけるので、ストレスによって交感神経優位の状態から強制的に副交感神経に移行する。ストレス過多になると涙が自然と出てきてしまうのは興奮した神経を鎮めるための体の緊急措置だともいわれてるよ。泣き疲れるともあるように、泣く行為自体にもたくさんのエネルギーを消費するのでストレスエネルギーの消費にもなる。泣けるのであれば涙が枯れるまで我慢せずに泣くのもいいよ。体がそれを欲しているのだから。
ただ、意図的に泣こうと思っても泣けるものではないので、泣ける映画をみるなど工夫が必要になっちゃうね。

体が元気に機能しだしたら、今度は問題解決できるかもしれないし、嫌なことからバイバイする決断ができるようになるかもしれない。

交感神経と副交感神経の働きから気付くこと

妻ちゃん
妻ちゃん

そもそも自律神経ってなに?

ここまで自律神経失調症とか難しい響きの言葉をたくさん使っちゃったけど、そもそも自律神経ってなに?って思う人もいると思うので、自律神経の説明をするね。

 

自律神経というのは、血管の収縮とか、胃や内臓などを動かすなど、生命の維持に必要な活動を行う神経だよ。わかりにくいかな?暑いときに勝手に汗がでてくるでしょう。体が熱くなりすぎてるから冷やそう!そういう体のメンテナンスを勝手にやってくれる存在。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分かれる。

交感神経は興奮・緊張、副交感神経は睡眠・リラックスを担当してる。

これから活動しようという時、交感神経が働いて体全体に指令をだす。すると目が冴えて、心拍数があがり、心臓の動きが大きくなり血液をタップリ送りだす。血圧が上がる。トイレに行かないように胃や腸の動きを弱める。かるい興奮状態を維持する。

そういう変化が体の中で起き、心と体を「さぁやるぞ!」という状態に導く。

自律神経の主な機能と体の反応

 

山口内科病院からの引用)

交感神経と副交感神経の働きにより、体に起こる反応は無視することができないほど大きい。

どちらに傾きすぎても不調が起きてしまうので、なによりもバランスが大事。

人間の体は規則的な生体リズムのもと、機能している。夜は寝て、朝になると起きる、日中は行動する、そのリズム通りに生活することが一番健康的で人間に適した生活になる。

一方、不規則な生活をするというのはこのリズムを意図的に乱すことになる。そうすると自律神経のバランスも同じように乱れることとなる。

本来寝る時間に起きて行動する事を繰り返していると、いざ夜に寝ようと思ったときに目が冴えて眠れなくなってしまう。これも自律神経の乱れが原因。この症状が悪化すれば、寝ようと考えた時に交感神経が働き覚醒してしまう状態になり不眠症になってしまう。

逆に日中の活動する時、本来なら交感神経が優位に働き覚醒した状態を維持するのだけど、副交感神経が優位に働いてしまうと、活動しているのに血圧が下がり、片頭痛がするようになる。やる気が沸かず、軽度の鬱症状の状態になってしまう。

うつ病というのは根暗で気の弱い人がなるもの、明るく元気な人はうつ病にはならないなんて思う人もいると思うけどそれは大きな間違い。最近はそのことも認識されるようになってきたよね。

このようにテレビで元気を与える存在の芸人さん達ですら、うつ病になってしまう。鬱になる環境が整ってしまえば誰でもうつ病になってしまう。気持ちの持ち方ひとつではどうこうすることができない。うつ病というのは体のシステムが壊れた状態なのよ。

心理カウンセラーの人が言うには「うつ病を治すのは大変難しいが、うつ病にすること自体は比較的簡単にできてしまう」そうで。

十分な食事を摂らせず、十分な睡眠を与えず、ストレスを与え続ける。これだけでうつ病の環境は整う。

これはブラック企業と呼ばれる仕事環境はこれらの要因を満たしてしまう場合もある。あなたがこの条件に当てはまらない事を願うよ。もし、辛い時は自分をいちばんに考えてあげてね。

ストレスが原因で栄養不足になる

妻ちゃん
妻ちゃん

これは知らない人も多いんじゃないか?

体がストレスを受けると体の中で様々な反応が起きる。この反応は何もないところから発生する物ではなく。体の中のたんぱく質をはじめ、ビタミン、ミネラルといった栄養素が消費される。

ストレスによって栄養不足に陥るという事はあまり知られていない事実なんだよ。

逆に栄養を十分に蓄えているとストレスに強いからだになると言ってもよい。

神経伝達物質である抗ストレスホルモンを作る時、ビタミンB1・B12・Cが消費される。

ストレスの緩和・免疫機能低下予防の為に良質なたんぱく質、βーカロテン、ビタミンEが消費される。

精神を正常に維持するのを助ける為に、カルシウム、マグネシウム、鉄分が役に立つ。

食生活の乱れが心身の不調を招くというのは嘘ではないんだよね。

栄養素が消費されてしまう理由は様々、神経伝達物質を作るために消費される場合もあれば、体がストレスを受けて体内に発生する活性酸素(細胞を傷つける酸素)を除去するために栄養が消費されたり
と、体を正常に戻すためにどうしても栄養が必要。

これはタバコを吸った後の状態にも当てはまる。タバコを吸った状態ってストレスを受けている状態と酷似していて、タバコを吸ったらビタミンCが破壊されるなんて言葉を聞いたことないかな?

どうしてかというと。タバコを吸うと体内に細胞を傷つける活性酸素が増加する。活性酸素は細胞を攻撃してガン細胞にしてしまったり、細胞を劣化させたりする。ビタミンCはこれらの攻撃を肩代わりする。だからタバコを吸うとビタミンCが破壊されるなんて言い方がされるのよ。もしビタミンCがない状態でタバコを吸うと細胞が傷ついてすごい勢いで細胞が老いていくから気を付けてね。タバコを吸うと老けるって嘘じゃないんだよ。

それにタバコは髪の毛にも悪いから、抜け毛の症状がある場合は1日1本だけでも減らせるなら、我慢してみよう。

このように体の中で変化が起きるときって栄養を使ってる。食事で十分に栄養を摂る事は考えるまでもなく大切な事なのよね。

ストレスに関する栄養をとりあげてみよう

たんぱく質

セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質を作成するには、たんぱく質が必須。

ビタミンB群

たんぱく質をアミノ酸に変えるために必要。アミノ酸に変えないと神経伝達物質の材料にすることができない。

鉄分

鉄分は酸素を運ぶヘモグロビンの材料。鉄分が不足すると栄養自体をスムーズに運ぶことができなくなる。女性の場合は鉄分の不足が深刻で積極的に摂る必要がある。鉄分の不足で情緒が不安定になるともいわれている。

食物繊維

セロトニンなどの一部神経伝達物質は腸でも作られていると言われている。食物繊維は腸の働きを活発にする効果があり、栄養素の吸収と脳にも影響があると言われている。

ビタミンCとカルシウム

ストレスと感じるとビタミンCとカルシウムが大量に消費される。イライラしている人にカルシウムが不足してるというのはこの理由から。もし、ビタミンCとカルシウムが不足してしまうと脳にストレスの影響を強く与えることになる。

脂肪酸

脳の60%は脂肪酸でできており、脂肪酸が不足すると脳機能の低下がみられるようになる。

体に必要な栄養を取るにはやっぱり朝、昼、晩の3食を食べることが推奨される。
もし、朝は食べない、昼はガッツリ食べて、夜はカップラーメンで簡単に済ます。なんてことを繰り返していると、徐々にストレスに対応することができなくなって、ゆっくりうつ状態になってしまう事もあるよ。

妻ちゃん
妻ちゃん

最近無気力が目立つなって思う人いる?

ちゃんと栄養あるもの食べなきゃだめだぞ。

ストレスと自律神経と栄養で大事な事

妻ちゃん
妻ちゃん

今回の事まとめるよ

まず、ストレスって体に与える影響ってすごく大きい。目に見えないからと言ってストレスを軽視してはダメ。気づかないところで心身ともに悲鳴をあげているよ。

ストレスを発生させる問題というのは、解決が難しいよね。問題解決するまでの間、ストレスをどう対処していくか考えることも大事。ストレスにやられていっぱいいっぱいにならないように余裕を確保しよう。

ストレスを感じた時は意図的にリラックスする状態を意識しよう。コーヒーを飲んだ時ほっと一息を実際にやってみる。体から力を抜いて、ふぅと長い息を吐く。それだけで体を少しだけリセットすることができる。緊張した状態に少しでもいいから弛緩した状態を取り入れ休憩すること。

ストレス発散するために効果的な方法は2つ。
運動すること。泣くこと。この2つの方法は交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態へ移行するきっかけになる。

自律神経には交感神経と副交感死刑の二つがある。この二つがバランスよく切り替わることによって体は正常な状態を保つことができる。

自律神経はストレス、不規則な生活、栄養不足などが原因で乱れてしまう。

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こす。原因不明の体の不調が現れた場合、自律神経失調症になってる可能性があり、早期の改善をする必要がある。症状を無視して無理を通してしまうと心身の障害が出てしまう危険がある。もしうつ病やその他障害が出た場合日常生活ですら困難になってしまう。

ストレスを受けると、ストレスから体を守るためにたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養を消費する。ストレスが強いほど多く消費してしまう為、ストレスが原因で栄養失調になることもある。

毎日の食事で栄養をちゃんと蓄えよう。毎日消費されるマルチビタミンは就寝前にサプリメントで補給することもおすすめ。女性の場合はビタミンに加えて鉄分の補給もしよう。

タバコは髪の毛に悪いので抜け毛がある場合は1日1本でもいいから我慢しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました