薄毛治療の代表的な方法

薄毛治療の代表的な方法みんなの抜け毛がヤバい
Google広告

薄毛が目立つようになって焦って治療したいと思っても何が正しいのかわからないっという人もいると思う。

妻ちゃん
妻ちゃん

実際に効果の出る薄毛の治療方法は何かを明確にしてみよう。

薄毛とは何を指すか

まずは薄毛とはどのような状態かの説明。

まず、初期段階では髪の毛の抜ける量が多くなったと感じる時期がある。
この段階ではまだ薄毛症状は表れていないので、抜け毛を予防する方法をとるだけで済む。

主な方法は、生活リズムを整える、バランスの良い食事を摂る、育毛剤を使うなど。

抜け毛症状を放置してしまうと次の段階まで進んでしまう。
この段階になると抜ける髪の毛が細くなっているのが確認できるのと、髪の毛のボリュームが減り、地肌が覗くようになる段階。

今回薄毛治療を調べたいと思った人はこの段階だとおもう。

この段階になると育毛剤だけでは効果が出ない(出にくい)という事になりかねない。

次の段階になるとハゲの部分が目に見てわかる状態、ハゲは進行が進めば進むほど治療が難しくなっていくので、できるだけ早い段階で治療する事がポイントとなる。

基本的に育毛剤は髪の毛を育てる環境を作るという事焦点を当てていて、丈夫な髪の毛にしたいという願いは叶える事ができるが、髪の毛を増やしたいという願いまでは叶える事が難しい。

 

妻ちゃん
妻ちゃん

では、どうしたらいいのだろうか?

薄毛の症状は男性と女性とではその対処の仕方が変わってくる。

男性の場合は男性ホルモンと5αリダクターゼの結びつきによって発症する脱毛症が主な原因となる。いわゆるAGAというやつ。

AGAは男性型脱毛症という意味。今では病院での治療が最も効果的な治療法となっているよ。

女性の場合はホルモンバランスの崩れによる髪の毛の成長阻害が主な原因となっている。

男性の薄毛対策

シャンプー抜け毛予防

男性の場合、脱毛の原因となる男性ホルモンと5αリダクターゼの結び付きを阻害する薬があるのでそれを使うと、脱毛を抑えることができる。

このAGA治療薬であるフィナステリド製剤が薄毛治療の基本となる。

薄毛症状が現れてなく、単純に抜け毛だけが気になるって段階だとこのフィナステリド製剤を使うだけで症状は改善する。

しかし、薄毛が目立つような段階になると、髪の毛を増やす効果のある薬を使う必要がでてくる。

髪の毛を増やす事ができて、実際に効果が医学的に認定されているのはミノキシジルだけ、情報の中ではミノキシジルの〇倍の効果のある成分キャピキシルとか色々出てきているけど、ミノキシジルで十分な効果があるのだから、他の成分に目移りする必要はない。

もし、試してみたいのならミノキシジルが効かなかった時に試す方が良い。確実と安定性をとるならミノキシジルで間違いがないよ。

ミノキシジルはRiUPなどの一部の育毛剤に含まれているので、購入しようと思ったらドラッグストアで購入することができる。また、ミノキシジル配合の特許が解禁されたので、これからはRiUP以外でもミノキシジル配合された商品が増えてくるようになる。

男性の薄毛症を治療したいと願った場合、一番最初に試してほしい確実な方法は
フィナステリド製剤 と ミノキシジル の塗布薬を使うことである。

早い人で使用1月目で脱毛症状が目に見えて減り、3ヶ月目には髪の毛の増量を実感することができる。

女性の薄毛対策

抜け毛予防サプリメント

女性の薄毛症状の改善の為には、男性とは違ったアプローチで治療しなくてはいけない。

男性脱毛症の治療薬、フィナステリド製剤は女性にとっては禁忌薬なので、使用することができない。

そもそも使う必要がないともいえる。女性の脱毛症は男性ホルモンが悪さをしているというより、女性ホルモンが働いていないという事が原因となるためである。

女性の脱毛症を抑えるためには、女性ホルモンを増やさなければならない、それで取り上げ有られるのが、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする成分、イソフラボンを取る事である。

しかし、イソフラボンは吸収できる人とできない人がいるため、イソフラボンを摂っても効果が出ないという場合は、エクオールというイソフラボンを誰でも吸収できるまで分解した成分を摂る必要がある。

それから、女性の場合、血液量を増やす必要がある人も多い、鉄分をはじめとしたバランスの良い栄養を摂る事によって、脱毛症状を抑えることができる。

エクオールとバランスの良い栄養を摂る事で抜け毛を減らす事。

次に髪の毛の量を増やしたいという場合は、女性でもミノキシジルが有効である。ミノキシジルは育毛剤によって配合率〇%と違いがあるけど、女性の場合ミノキシジルはミノキシジル含有量1%が良いとされている。

女性の薄毛症を治療したいと願う場合、一番最初に試してほしい確実な方法は
エクオール、マルチサプリ、ミノキシジル の塗布薬を使う事である。

治療薬の入手方法

フィナステリド製剤の薬品名はフィンペシアで日本で入手するには二つの方法がある。
病院で処方してもらう方法と、個人輸入で購入する方法。

病院で処方してもらう方法が安全面で優れており、
個人輸入で購入する方法は費用面で優れているが、安全面で難がある。

ミノキシジルはRiUPを代表とした、ミノキシジル配合と書かれている商品をドラッグストアなどで購入することで手に入れることができる。

エクオールは小林製薬からサプリメントとして販売されている。

マルチサプリは色々な種類がある、ディアナチュラなどのサプリでもよいし、育毛専門のサプリメントでも良い。

フィナステリド製剤やミノキシジルは薬なので、長期の使用は体に負担がかかるので、薄毛が改善しだい、通常の育毛剤に変更するか、使用を中止することをおすすめする。

休養期間を設けて、また薄毛症状が出てきたときに使用を再開すると良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました