市販の育毛剤は安くておすすめ!でもこれだけは気をつけよう

市販の育毛剤おすすめ
Google広告

市販で効果のある育毛剤

髪の毛のボリュームが減ってきて、育毛剤を考える時期は遅かれ、早かれ必ずくるもの。

だけど、育毛剤を特別なものと考えている人は多いんじゃないかな?

育毛剤は抜け毛予防を目的として作らている。

それは、髪の毛を増やす事を目的として作られているわけではないので、勘違いしてしまっている場合はがっかりしてしまうよ。

育毛剤を化粧水に置き換えると、
化粧水は肌の乾燥を防ぐ事を目的として作られている、
それは、若返りを目的として作られているわけではない。
もちろん、肌の乾燥を防ぐ事によって、本来の健康的な肌を取り戻すことができる。

育毛剤も頭皮の健康を保つことで、抜け毛の予防することができる。

その結果抜け毛が減り、髪の毛が自然に生えてくる分髪の毛のボリュームを取り戻す事ができる。

育毛剤を使えば毛根が刺激され、いきなり髪の毛が増えるというわけじゃないので、過度の期待は禁物。

今求めているのは育毛剤(抜け毛予防)なのか発毛剤(発毛促進)なのか

まず、育毛剤を欲しいと思ったなら髪の毛について悩んでいると思う。

ここで重要なのは、「薄毛の進行具合はどんな感じ?」というところ。

・髪の毛のボリュームはある。けど最近抜け毛が増えたと危機感を感じているのか
・髪の毛のボリュームが減ってしまって地肌が見えてしまい危機感を感じているのか

 

まだ髪の毛のボリュームがある状態なら、抜け毛を予防するだけでいいので「育毛剤」を使う事が望ましい。

もし、髪の毛のボリュームが減り地肌が見えてしまっているなら「発毛剤」でないと望むような結果が得られないかもしれない。

どうして育毛剤選びに迷っている?

育毛剤選びに悩んでいるのは、育毛剤が高価でなので失敗したくないという思いがあるんじゃないかな?

育毛剤って安いものなら1000円以下のものもあれば、高いものは1万円以上するものだってあるもんね。

希望としては安く済ませたいと考えているけど、安いのは効かないじゃないか?それだと意味がない。

だからと言って高い育毛剤はずっとは続けられない、と悩んでしまうよね。

 

どうして、価格でここまで悩んでしまうのか?

サクセスなどの市販されている育毛剤は安価なのにたいして、インターネット広告で出てくる育毛剤は良く効きそうだけど高価。

そもそも、なんで同じ育毛剤なのにここまで価格に差があるのか?まずは考えてみて。

 

育毛剤(医薬部外品)は抜け毛を予防が目的。

発毛剤(医薬品)は発毛促進が目的。

 

普通はこの「育毛剤」と「発毛剤(薬)」から目的にあったものを選んで使えばよい。

でも、中には医薬品(発毛剤)が使えない人がいる。

 

体質的に発毛剤は使えない。でも発毛促進がしたい、その時に

医薬部外品の物を使ってできるだけ発毛効果を高めた育毛剤なら使う事ができるわけ。

 

でもそうやって、効果を高めたい為に素材にこだわる。その結果、高価になってしまう。

 

普通に抜け毛予防を目的とするならあまり考え過ぎずに、まずは市販されている一般的な育毛剤を使ってみると良い。

安くて使い心地の良い育毛剤を探しているなら、サクセスをまずはおすすめする。

頭皮が乾燥してフケがでたり、痒みがあったりそういった症状も育毛剤で改善できるよ。

 

よく考えてみると欲しいのは発毛剤だ

爆毛根価格

抜け毛予防と発毛促進の両方を望んでいるなら「発毛剤」を選ばなければならないよね。

 

発毛剤とは、有効成分である「ミノキシジル」が配合されているものを指している。

 

「ミノキシジル」は血管を拡張して血の巡りを促進する効果のある「薬」なんだ。

頭皮の血流を良くすることによって、普段より多くの栄養と酸素が髪の毛に供給されることによって、毛根が活性化。それによって発毛が起きる。

その効果の反面、血管が拡張されることによる血圧の低下、これにより倦怠感を感じたり、血管の拡張に伴い神経を圧迫して頭痛がおきたり、体内に入った「薬の成分」を分解するために肝臓に負担がかかったりする。こういった副作用が強く表れてしまったり、持病を抱えていて「ミノキシジル」が使えない人がいる。

そういった人は体質的に「発毛剤」が使えない。

 

その時にちょっとお値段の高い素材にこだわった育毛剤が登場してくる。

高価な育毛剤は漢方薬に近い。植物系のいろんな抽出成分を組み合わせる事によって脱毛抑制・発毛促進効果を引き出す。

この育毛剤の効果は「発毛剤」の半分くらいだといわれている。

医薬部外品の育毛剤の最大のメリットは

・体への負担が少ない事。

・長期間の使用でも大丈夫なことがあげられるよ。

発毛剤を使えるなら、発毛剤の方がお得?

日本で一番有名な発毛剤は「リアップ5X」値段は6,600円ほど。

リアップ5Xにはミノキシジルが5%配合されており、5%は高濃度とされていて、その効果も高い。

大体3ヶ月目ぐらいから効果を実感できて、6ヶ月目ぐらいに目に見えて増毛を実感できる。

なので、まずは6ヶ月使用することを前提に考えなければいけないよ。

効果がでるまでに3ヶ月以上の日数が必要になるのは、ヘアサイクルの正常化に時間がかかるためなんだ。

ヘアサイクルが整い、ちゃんと髪の毛が生えて、維持する環境ができるまでに3ヶ月。それから実際に髪の毛が生えて成長するのに3ヶ月。

ここにきてやっと増毛が目視で確認できるようになるよ。6ヶ月も使用すると考えるとちょっと大変だよね。

効果を実感する前に使用を中止すると全部台無しになる可能性もあるから注意が必要だよ。

そう考えると、リアップ5Xを使用した場合、

6,600円×6ヶ月=39,600円がかかる事になる。

半年、4万円で髪の毛が生えてくると考えるのを安いと思うか高いと思うのか。

リアップ5Xと高価な育毛剤の価格を比べると、ほぼ同額か安い分類にはいるので、リアップ5Xが特別に高い値段設定というわけではない。

ドラッグストアで「ミノキシジル」配合の商品を探しても極端に安い商品というものもないんだよね。

それは、「ミノキシジル」自体が高価な薬という一面もある。

発毛剤を安く手に入れることはできないの?

抜け毛の原因まとめ

海外の商品を選択肢に入れるなら、安くミノキシジル配合の発毛剤を購入することができる。

リアップ5Xの元となっている海外の商品で「ロゲイン」というものがある。

ロゲインは世界で初めてミノキシジル配合の発毛剤ということで有名な商品。以前まではミノキシジル商品はロゲインの独占販売だったんだけど、その規制が取れて日本でも売られるようになったのね。

それで、日本での販売名が「ロゲイン」⇒「リアップ」に変更となってる。

この「ロゲイン」は日本では販売されていないのだけど、海外ではロゲインで販売されていて、個人輸入という形で手に入れる事ができる。

気になる値段はと言うとリアップの約半額で買えてしまうのね。日本でも同成分なんだからリアップよりロゲインを愛用している人も多い。

更にもっと安いミノキシジル商品もある。

ロゲインのジェネリック医薬品として販売されている「カークランドロゲイン」は、本当に安くて、2000円以下の値段で買えてしまう。

こうなると、市販の育毛剤と同等の値段になってくる。

興味がある人は

個人輸入の目次
個人輸入を詳しく教えて 妻ちゃん 「旦那の抜け毛がヤバい」では、個人輸入は薄毛治療関連に絞って解説しているよ。 個人輸入とは、海外で販売されている商品。ここでは薄毛治療に関する商品。 薄毛...

の記事ものぞいてみてね。

 

市販している育毛剤でおすすめなのはサクセス。

市販している発毛剤でおすすめなのはリアップ5Xだよ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました