個人輸入薬の注意点と危険性と最低限知っておくべきこと

個人輸入薬の注意点説明
Google広告
妻ちゃん
妻ちゃん

個人輸入薬も手段のひとつとして取り上げいるのだけど、最低限の知識として知っておいてほしいの。

まず危険性については下記の記事を読んでほしい。短い記事なのでサクッと読めるよ。

未承認薬の個人輸入、麻薬取締官に捜査権限 規制へ法整備
インターネットの普及で急増している未承認の医薬品などの個人輸入について、厚生労働省が近年目立つ偽造薬の流通や健康被害を防ぐため、法規制を整備する方針を固めたこと…

個人輸入で最低限知っておきたいところ

それで本題。

まず、個人輸入で薬を手に入れる場合、「個人で使用する」以外の使用は認められていないので、他人に販売や無料で譲渡する事もできない。

そのため、個人で使う分と明らかにわかる数量以上の購入をする場合は、転売や譲渡しないことを確認した上で、通関時に必要な薬監証明を取得しなければならないとされている。

明らかに個人で使用すると分かる数量(薬1箱)などの場合はや薬監証明は不要である。

 

つまり、一応薬の個人輸入は認めてるけど、管理はしっかりしなさいって事。それが無償の譲渡であっても他人に渡す行為はダメという事。

 

その背景には、偽薬の存在があり、全体の3割程度、偽薬が紛れ込んでいる危険性があることが発表されているのね。

 

効果がないだけならまだマシなんだけど、その中でごく少数とはいえ死亡するケースが含まれているという事には恐怖するしかないよね。

 

輸入薬の取引は年々増加の傾向にあり、利用してる人も多い。個人輸入薬を使って費用削減したいというのもわかる。

 

物によっては病院で処方されるより3分の1の費用で抑えることもできるし、金銭的に病院での継続した治療が困難な場合など、本来なら治療をあきらめなければならないところを、治療できるという選択肢ができるというところが最大のメリットだと思う。

薄毛治療って病院で治療すると毎月7000円程度かかるから、長期の治療になると、それなりの金額になる。それ以上のオプションを追加すると倍々に費用は膨らんでいくしね。

薄毛治療が月々7000円でできると考えたら、まぁ払う人は大勢いると思うし妥当なのかなとは思う。医師の診断のもと、正規の薬が処方されるわけだし、信頼度で言えば一番だよね。

薬には副作用もあるし、輸入薬を検討しているとしても、一番最初は医師の看視のもと服用するのが良いとは思ってる。

そのうえで、個人の責任を理解して、同成分の輸入薬に切り替える。輸入薬に切り替えた時に思わぬ異常がでないか確認するために、薬を半分にカットして服用して経過をみるなどの慎重さも必要なんじゃないかな。

 

男性型脱毛症の場合、男性ホルモンが脱毛の原因となるので、薬での治療が一番効果があるのは間違いないよ。

切実にAGAを治療したい場合は、薬に頼る他ない。費用削減をとるか、安全性をとるかそこは個人の判断に委ねるしかない。

輸入薬の使用する時に気を付けたい点

薬の個人輸入のメリットは
値段が安い。
薬の個人輸入のデメリットは
3割程度の偽薬がまぎれてる。

 

薬の個人輸入の注意点は
個人で使用する分だけ購入すること
いかなる理由でも他人に譲渡・販売する事は違反行為となる。

 

個人輸入薬の使用する上でのリスク回避方法は
薬を半分(もしくは4分の1)に割って服用して経過をみる。薬の効果以外の副作用が現れないかどうか、もし異常がみられる場合は直ちに服用を中止する。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました