ザガーロとプロペシアの違いってなに?

ザガーロ個人輸入
Google広告

ザガーロとプロペシアって何が違うの?

ザガーロとプロペシアは両方ともAGA治療薬として使われている医薬品。

AGAにはⅠ型とⅡ型のタイプがあり、

プロペシアはⅡ型にのみ効果を発揮するのに対して、

ザガーロはⅠ型とⅡ型の両方に効果を発揮する。

臨床実験でもプロペシアとザガーロを比較した場合両方に効果を発揮するザガーロの方が薄毛治療において有効であるとされている。

なぜザガーロよりプロペシアの方が使われているのか?

ザガーロの方が治療効果は高いのに、実際にはプロペシアの方がよく使われている。

それは、価格によるところが大きい。

プロペシアが1ヶ月あたり6,000円ほどに対して、ザガーロは1ヶ月あたり10,000円となっている。

短期で薄毛治療が終了するのなら良いけど、薄毛治療は最低でも6ヶ月かかると言われている。長引けば数年単位で飲み続けなければならない。

薬代のみで毎月10,000円の支出を続けられる人は限られてくる。

 

なので、AGA治療始める当たって最初にプロペシアを使ってみて、効果が出ない場合にデュタステリド製剤であるザガーロを使って治療をする。

実はザガーロで治療を始める人が増えてきているわけ

大抵の人はプロペシアで治療できてしまうため、ザガーロを使って治療しているというブロガーは少なく、情報発信元がないため認知度も低くなってしまっていた。

しかし、プロペシアを長年使っているという人も多くなってきて、ひとつの問題が浮上してきた。

それは、プロペシア耐性というもので、プロペシアを使い続けている事によって、プロペシアの効きが悪くなって再度、脱毛症が進行するというもの。

プロペシア耐性になってしまった人は、次にザガーロに移行し始めている。

そのことにより、ザガーロが注目されるようになってきた。

 

ザガーロは個人輸入手に入れることができるのか?

残念ながら、ザガーロを個人輸入で手に入れる事はできない。日本で手に入れるためには病院で処方してもらう方法しかない。

しかし、ザガーロと同成分の別名の薬なら購入することができる。

アボダート、デュタス、ベルトリド、デュプロスト、デュタプロス、デュタボルブ

と複数存在する。

それぞれ製造している国が違う為、金額差に開きがあるが、どれも有効成分であるデュタステリドは同一で効果に差はないと言える。

 

デュタステリドの価格比較表

上の表からもわかるように、病院で処方されるザガーロと以下の薬は有効成分は同じなのにも関わらず、ザガーロだけ極端に値段が高い。

1箱当たりの錠数に違いがあるので、1錠あたりの値段を見て欲しい。

ザガーロが1錠あたり300円に対して、その他の薬は100円以下の物しかない。

 

この中でも特に人気が高いのが、デュプロスト、デュタス、ベルトリドの3つ

デュプロストとは

デュプロスト

デュプロストとは、インドのシプラ社が製造しているデュタステリド製剤。

シプラ社はフィナステリド製剤のフィンペシアも作っている会社で、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として日本でも人気のある薬のひとつ。

多くの日本人が個人輸入でフィンペシアを使用して効果を実感したと報告がある。

シプラ社が作っている薬なだけに、デュプロストもデュタステリド製剤の中で最も人気の高い薬のひとつといえる。

 

デュプロストオオサカ堂

デュタスとは

デュタス

デュタスはアボダート(海外のザガーロ)のジェネリック医薬品で、インドのドクターレディーズ ラボラトリーズ社が製造しているデュタステリド製剤。

ジェネリック医薬品の世界的な大手企業として有名な会社。

デュタスオオサカ堂

ベルトリドとは

デュタス

ベルトリドとはインドのインタス製薬会社が製造しているデュタステリド製剤。

インタス製薬会社はプロペシアのジェネリック医薬品フィナロを作っている会社で、フィナロはその値段の安さから日本でも人気のある商品。

ベルトリドもフィナロ同様に価格の安さからコストパフォーマンスに優れた薬。

デュタステリド製剤は液状カプセルタイプが主流なのに対して、ベルトリドは錠剤タイプとなっている。

薬をカットして服用量を調節したい人はベルトリド一択となる。

ベルトリドオオサカ堂

コメント

タイトルとURLをコピーしました